トップページ > 取組 > 埼玉県のラグビーに係る取組情報について

ここから本文です。

その他

その他

2020年10月13日(火曜日)

埼玉県のラグビーに係る取組情報について

2019年に日本で開催されたラグビーワールドカップ2019™。世界中の人々を熱狂させ、ラグビーの魅力が広く日本に知れ渡りました。
埼玉県・熊谷市は、全国で12ある開催都市・会場の一つとなり、多くの方々の支えのもと、「熊谷の神対応」と話題となるほどの成功を収めることができました。
大会は終了しましたが、ラグビーの魅力を引き続き発信すべく、ラグビーに関することを紹介していきます。

ラグビーってどういう競技?(クリックすると該当ページに移動します。)

ラグビーのルールをコバトンのイラスト付きで紹介しています。ルールのおさらいをしてみましょう。

また、ルールを簡素化した「タグラグビー」についても紹介しています。

埼玉県にはどのようなラグビートップチームがあるのだろう?

埼玉県内に拠点をおくラグビーのトップチームを紹介します!

パナソニックワイルドナイツ(クリックすると紹介ページに移動します。)

ジャパンラグビートップリーグに所属の強豪チーム。2021年には埼玉県に本拠地を移転、活動していきます。

アルカス熊谷(クリックすると紹介ページに移動します。)

女子7人制ラグビーのトップチームです。7人制ラグビー女子代表を多数輩出しています。

セコムラガッツ(クリックすると紹介ページに移動します。)

トップイーストリーグ所属のラグビーチームです。

※番外編  ラグビー応援軍団「ゆる玉フィフティ~ン」(クリックすると紹介ページに移動します。)

県内各地でラグビーのPRを文字通りゆる~く行う応援軍団です。 

 ラグビーワールドカップ2019™で使われた埼玉県の会場はどのようなところ?

熊谷ラグビー場の写真

埼玉県熊谷市にある「熊谷ラグビー場(熊谷スポーツ文化公園内)」で3試合行われました。

試合カード:ロシア対サモア(9月24日)、ジョージア対ウルグアイ(9月29日)、アルゼンチン対アメリカ(10月9日)

※試合結果等は本ページ下部にある関連サイトリンク集「熊谷へラグビーを見に行こう」をご参照ください。

熊谷ラグビー場は、「西の花園、東の熊谷」と称される日本有数のラグビー専用スタジアムです。

2018年10月にリニューアルオープンし、従前に比べタッチラインとスタンドが近づいたほか、メインスタンドはフィールドが見下ろせる客席勾配としているなど、臨場感溢れるスタジアムになっています。

選手と選手の激しいぶつかり合いをスタンドで“見て”“聞いて”楽しむことがラグビー観戦の一つの醍醐味です。

ぜひ、最高のスタジアムでラグビー観戦をしてみてください!

熊谷ラグビー場(熊谷スポーツ文化公園)(クリックすると外部ページに移動します。)

最近のトピック(after RWC2019)

埼玉フェアへの出展(2020年9月)

 9月18日(金曜日)から9月22日(火曜日・祝日)に越谷市のイオンレイクタウンにて催された「埼玉フェア」にブース出展しました。
ユニフォームやラグビーワールドカップ2019™で実際に使用されたゴールポストカバー等を展示したほか、PVを流させていただきました。

埼玉フェアゴールポストカバーの写真

写真中央にあるユニフォームは、同年9月6日(金曜日)に行われたリポビタンDチャレンジカップ2019の日本代表vs南アフリカ代表のユニフォーム。

埼玉フェア展示物

RWC2019大会時の様子やパナソニックワイルドナイツのPR動画を流しました。写真手前に置いてある熊は「スクマムマップ」という大会時に配布していたもので、団扇にもなる熊谷会場周辺の案内マップです。

パナソニックワイルドナイツ本拠地移転に係る表敬訪問(2020年7月)

 7月22日(水曜日)にパナソニックワイルドナイツが日本ラグビーフットボール協会会長とともに、埼玉県への本拠地移転に係る報告のため、知事及び県議会議長を表敬訪問しました。当日の様子はこちらからご覧ください。(クリックすると該当ページに移動します。)

 

関連サイトリンク集(下記をクリックすると外部ページに移動します。)

熊谷へラグビーを見に行こう!(熊谷市総合政策部ラグビータウン推進課ページ)

(一社)埼玉県ラグビーフットボール協会ホームページ