トップページ > 第65回秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会

ここから本文です。

自転車

取組

2019年3月29日(金曜日)

第65回秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会

65logo

昭和28年に秩父宮家から「秩父宮杯」を下賜し、平成29年で65回目を迎えた自転車道路競走大会です。
国内トップレベルの選手がエントリーするエリートの部から中学生の部まで9の種別があり、約700名の選手が緑豊かな秩父を舞台に、スピード感あふれる迫力のあるレースを展開します。

大会結果

エントリー数:691名

出走者数:409名

完走者数:327名

団体上位入賞チーム

エリート:【1位】LinkTOHOKU(半澤雄高・菅野正明・草野辰也)

              【2位】コムリン(奥秋篤・植田春樹・佐藤正敏)

              【3位】サイタマサイクルプロジェクト(藤田涼平・加藤健悟・福原大)

高校生上級:【1位】栄北高校(湯浅博貴・斉藤哲也・川崎三織)

                 【2位】川越工業高校(川田真也・太田龍希・鈴木翔太)

                 【3位】八王子桑志高校(渡邉翔悟・岡田亮太・澤田侑児)

結果一覧(団体)

エリート(PDF:46KB)

高校生上級(PDF:43KB)

個人上位入賞者

エリート:【1位】池西拓海(明治大学自転車部)【2位】半澤雄高(LinkTOHOKU)【3位】渡邉正光(LinkTOHOKU)

高校生上級:【1位】湯浅博貴(栄北高校)【2位】渡邉翔悟(八王子桑志高校)【3位】鳥倉必勝(チーム・ウォークライド)

一般上級:【1位】加藤光雄【2位】浜島章浩(かねこれーしんぐ)【3位】井上善裕(INOUE RACING CYCLE)

一般中級:【1位】吉岡大志(ノースウエスト)【2位】白鳥興寛(ARCCレーシングチーム)【3位】太田元輝

一般初級:【1位】川村怜(Racing Cube)【2位】高橋力(みさかレーシング)【3位】川崎晃弘(Team Mu61)

高校生初級:【1位】若月隆真【2位】池田悠里(栄北高校)【3位】北林大地(八王子桑子高校)

マスターズ:【1位】吉田勝彦(彩北ツブラーゼ)【2位】酒井宏幸(TRC Pnamanareds)【3位】松村悟(パインヒルズ”90)

女子:【 1位】中川由理(川越工業高校)【2位】村松早苗(かねこれーしんぐ)【3位】植竹海貴

中学生:【1位】西本健三郎(Piacere YAMA)【2位】堀江一葉(Flecha)【3位】茂呂佳名人(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)

結果一覧(個人)

エリート(PDF:73KB)

高校生上級(PDF:23KB)

一般上級(PDF:72KB)

一般中級(PDF:18KB)

一般初級(PDF:19KB)

高校生初級(PDF:17KB)

マスターズ(PDF:19KB)

女子(PDF:14KB)

中学生(PDF:15KB)

※大会当日、一般上級部門のリザルトの記録において、ゴールスプリント賞(残り5周回(当日は周回数変更のため残り4周回)の1位通過選手に3秒をあたえる)が反映されていないことが判明いたしました。結果を訂正し、お詫び申し上げます。

大会情報

大会当日(9月17日)の実施可否等の問合せについて

【問合せ先】0180-99-3939(自動音声案内)

   ※9月17日(日曜日)6時~12時の間、ご利用いただけます。

大会前日(9月16日)の問合せ先について

【問合せ先】080-2018-1892

  ※9月16日(土曜日)の11時~16時の間にお問合せください。

出展ブースを展開します!

【参加予定ブース】

(1)秩父地域地場産業振興センター(軽食)

(2)八幡屋本店(和菓子)

(3)みやのかわ商店街振興組合(ホルモン焼きそば等)

(4)武島屋(いなり寿司)

(5)条里の里(まんじゅう)

(6)さいたま市(2017さいたまクリテリウムの広報)

大会当日の交通規制のお知らせ

【道路交通規制時間】8時30分~12時30分(秩父駅前から東都秩父CC入口までのパレード走行区間については10時~10時30分)

【規制区間】秩父駅前→秩父公園橋→尾田蒔交差点→東都秩父CC入口(ここまでパレード区間)→大田小・中学校→小柱西→諏訪橋→和銅大橋入口→東都秩父CC入口→富田農園前→県道久長秩父線→大田小・中学校の周回

交通規制チラシ(PDF:588KB)

大会観戦・エントリー情報 

【期日】9月17日(日曜日)

【スタート時間・場所】

   初・中級者部門  9時スタート/大田小・中学校前発

   上級者部門  10時スタート/秩父駅前発

【エントリー】691名(昨年より39名増加)

【各種別参加人数(団体チーム名)】

(1)エリート:100名(LinkTOHOKU、サイタマサイクルプロジェクト、EXTENDED VAX SAYAMA、多摩ポタ、Team FITTE、湾岸サイクリングユナイテッド、竹芝サイクルレーシング、コムリン、Team CUORE、Unity、Roppongi Express)

(2)高校生上級:72名(浦和工業高校、浦和北高校、栄北高校、真岡工業高校、川越工業高校、八王子桑子高校、大宮工業高校、立教新座高校)

(3)一般上級:100名

(4)一般中級:110名

(5)一般初級:110名

(6)高校生初級:55名

(7)マスターズ:100名

(8)女子:26名

(9)中学生:18名

大会ポスター(PDF:1,292KB)

大会チラシ(表面)(PDF:616KB)

大会チラシ(裏面)(PDF:512KB)

   ※お車または電車で会場にお越しになる方は、大会チラシ(裏面)をご覧ください。

第65回秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会の参加者を募集します!

種別・距離・募集人数

競技種別 距離 募集人数
エリート 75.3km(パレード+6週半) 100名
高校生上級 75.3km(パレード+6週半) 100名
一般上級 75.3km(パレード+6週半) 100名
一般中級 32.4km(3週) 110名
一般初級 32.4km(3週) 110名
高校生初級 32.4km(3週) 70名
マスターズ 32.4km(3週) 100名
女子 10.8km(1週) 40名
中学生 10.8km(1週) 20名

実施要項

第65回秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会実施要項(PDF:58KB)

コース

コース図(予定)(PDF:174KB)

募集期間

平成29年6月26日(月曜日)21時~7月28日(金曜日)

申込方法

JTBスポーツステーションのホームページよりお申し込みください。(6月26日21時より申込受付ページ開設)

※申込は先着順です。

※団体に参加を希望される場合は、参加メンバー全員がJTBスポーツステーションでの申込を完了した上で、監督(代表者)が所定の「団体申し込み用紙」をa6940-04@pref.saitama.lg.jpへ提出してください。

※「団体申し込み用紙」はJTBスポーツステーションのホームページからダウンロードできます。

第65回秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会の日程及び選手募集期間等が決定しました。

平成29年5月10日水曜日に、第65回秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会実行委員会・第1回運営委員会が開催され、大会日程及び選手募集期間等が決定しました。

 

【期日】平成29年9月17日(日曜日)

【募集期間】平成29年6月26日(月曜日)~7月28日(金曜日)

【コース】秩父市大田地区の1周10.8キロメートルを時計回りに、種別ごとに規程回数周回

【種別】エリート、高校生上級、一般上級、一般中級、一般初級、高校生初級、

            マスターズ、女子、中学生 

実行委員会  実行委  

                                                【実行委員会の様子】

 

岩﨑議員  新井豪議員

                        【挨拶する岩﨑宏県議会議員(左)と新井豪県議会議員(右)】

 秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会とは

昭和28年に秩父宮家から「秩父宮杯」を下賜し、平成29年で65回目を迎える自転車道路競走大会です。
国内トップレベルの選手がエントリーするエリートの部から中学生の部まで9の種別があり、約650名の選手が参加します。

埼玉県は自転車保有率第1位を誇っており、県内の自転車利用の拡大を図っています。そうした中、本大会は県民に身近で国内トップレベルの競技を観戦する絶好の機会であり、自転車利用の促進にも大いに貢献しています。

 64-5 64-4

64-2

 

全国的にも珍しい公道を使ったコース

中・上級コースでは街の中心部である秩父鉄道秩父駅から白バイの先導で一団となって移動するパレード走行があり、その後1周10.8kmの周回コースでスピードを競います。(最長でパレード走行+6周の75.3km)

64-6

地元からのご協力

大会の運営にあたっては地元秩父市の体育協会、交通指導員、交通安全協会、スポーツ推進委員、地域スポーツ推進員連絡協議会の皆さまにご協力いただいています。また、地元高校生も立哨員や補助役員として活躍し、大会を盛り上げています。

 

過去の大会の様子