ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ポットの中の白い粉

印刷用ページを表示する 掲載日:2005年6月10日更新
 こんにちは!皆さん、私は彩子といいます。今日はこのあたりで一息入れませんか?コーヒーにしますか?それともお茶にします?こんな時、みなさんは手軽にポット(魔法瓶)を利用しますか?

 今日は、埼玉県消費生活支援センターに寄せられたポットに関する相談のお話を、商品テストの博士に聞いてきました。

相談その1

(博士) 一つ目は、5年くらい使用している保温専用のポットのお湯の出が悪くなったので、ポットの中を見ると揚水パイプの周囲に白い粉がついていた。そこで、この白い粉は何なのかを知りたいという相談じゃ。

ポットの中の白い粉


(彩子)
白い粉? あ~、もしかして水道の蛇口や加湿器の蒸気の吹き出し口についたりするのと同じかしら。

(博士)そのとおりじゃ。この白い粉を蛍光X線分析計という装置を使ってで分析したところ、カルシウムとカリウムが主な成分であった。つまり、水の中に溶けていた水のミネラル分であるカルシウムとカリウムが、長期間の使用で結晶化して白い粉のように付着したものだったのじゃ。

相談その2

(博士)次だが、ポットのお湯の中にキラキラ光るものが浮いていて、これが何かを知りたいという相談じゃよ。

(彩子)えー 。キラキラしてるの? 体に害はないんですか?

(博士)これは、「フレークス現象」と言われるものなんじゃ。これも水の成分であるマグネシウムとケイ酸が反応してケイ酸マグネシウムとなって浮遊したものなんじゃ。これは特に内部がガラス製のポットのときに、ガラスの成分と反応して、より発生しやすくなるといわれておる。

(彩子)どちらも水の成分なのね。もし飲んでしまっても大丈夫ってことよね。

(博士)そうじゃな。どちらの場合も 、水を継ぎ足して使用すると、白い粉がついたり、フレークス現象が発生したりするんじゃ。だから、こまめに洗って使用することが大切なんじゃぞ。

まとめ

(彩子)なるほどね。もし、白い粉がついたり、フレークス現象が発生してしまったら、どうしたらいいの?

(博士)白い粉がついた場合は、硬いたわしやクレンザーでこすったりせず、洗剤を使って柔らかいスポンジなどで洗うようにすることが大切じゃ。市販されている専用の洗剤を利用するのもひとつの方法だが、もし、このフレークスができた場合は、薄めた食酢をポットに入れてブラシなどで洗うのがよいぞ。

(彩子)みなさん、わかりましたか?みなさんのポットを長く清潔に使うためにも、日頃の手入れが肝心ね。みなさんも気をつけましょうね!