• トップページ
  • 外来入院のご案内
  • 各部門の紹介
  • センターのご紹介
  • 採用案内
  • 医療関係者の皆様へ

小児医療センター > 各部門の紹介 > 内科系診療部門 > 遺伝科 > インプリンティング検査法

ここから本文です。

 

掲載日:2019年7月25日

インプリンティング検査(MS-MLPA法)

 MS-MLPA法

遺伝子は父由来・母由来がペアで存在し、通常は両方とも働いているのですが、時に遺伝子の働きを決めるスイッチが父由来、母由来で異なることがあり、これらのスイッチのON/OFFが変化することにより起こる先天性疾患をインプリンティング疾患と呼びます。
メチル化特異的MLPA法(MS-MLPA法)は、これらのスイッチのON/OFFを決めるメチル化状態を調べられるだけでなく、コピー数の有無も合わせて調べられる方法です。プラダ―・ウィリー症候群やアンジェルマン症候群などの代表的なインプリンティング疾患については、MS-MLPA法が極めて有用であり、確定診断に積極的に利用しています。

 

【MS-MLPA法原理】

 

MS-MLPA法原理

 

【MS-MLPA法:過去5年間の代表的インプリンティング疾患の診断】
 
過去5年間の代表的インプリンティング疾患の診断

 

お問い合わせ

病院局 小児医療センター  

郵便番号330-8777 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地2

ファックス:048-601-2201

検査や治療又は診療の内容に関する個別のご相談には応じかねます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?