• トップページ
  • 外来入院のご案内
  • 各部門の紹介
  • センターのご紹介
  • 採用案内
  • 医療関係者の皆様へ

小児医療センター > 採用案内 > 非常勤医師 > 医師・職員募集/非常勤医師/総合診療科

ここから本文です。

 

掲載日:2018年4月9日

医師・職員募集/非常勤医師(フェロー)/総合診療科

私たちと一緒に小児診療を広く経験したい方(若干名)を募集します。新しい病院で小児医療を広く経験したい方、次のキャリアに向けた経験を積みたい方、あるいは小児ホスピタリスト(病院総合医)を実践したい方、私達とともに頑張ってみませんか。ホスピタリストとしての経験は、今後のサブスペシャリティや開業などのキャリア形成をすすめる上での軸となります。

総合診療科のヴィジョン~小児ホスピタリストの育成と実践~

  • 複数領域の診療を必要とされる子どもとご家族への支援を、他診療科・他部門・他職種と連携して進める中核となります。
  • 救急/集中治療科とのシームレスな患者管理体制を構築し維持します。
  • 急性期症状への介入および慢性期合併症状の管理・予防的介入をおこないます。
  • 臨床研修委員会の指導・監修を受けた専攻医教育の体制を担う主軸となります。 

総合診療科の特徴~多方面での活発な議論とコミュニケーション~

  • 常勤スタッフ3名(小児科医2名、小児外科医1名)によるサポート体制
  • 後期研修医のローテションが1~2名在籍 
  • 毎日、HCUおよびPICUにおける回診に参加し、議論や患者の引き継ぎを行っています。
  • 程よい規模の施設(総病床数316、うちPICU14・HCU20・NICU+GCU78)であり、一人一人の研修医およびフェローが多数の患者、疾患を経験しています。

総合診療科フェローの業務

  • 平日日中は病棟で入院患者管理を主とする業務と救急対応
  • 退院後の外来フォロー 
  • 月あたり数回の救急医指導下でのER当直 
  • 勉強会、抄読会、ケースカンファレンス 

このような方は有意義な経験を積めると思います。

  • ケース1:小児ホスピタリストを実践したい方
  • ケース2:小児科専門医を取得している、あるいは取得の準備中くらいのキャリアの方
  • ケース3:これからサブスペシャリティを決めようとする方(在籍中の他科ローテーションの相談にお乗りします)
  • ケース4:地域医療や在宅医療の中核を担う立場をお考えの方

 

1.採用人数

若干名

2.応募資格

卒後3年目以上の方

3.待遇

1.身分

非常勤職員

2.報酬

月額429,500円(平成30年度)

3.その他

公舎入居可、社会保険(健康保険・厚生年金)有、労働保険(労災保険・雇用保険)有

4.応募方法

まずは、メールでお問い合わせください。随時、見学を受け付けております。

連絡先:総合診療科 科長・副部長 田中学

メールアドレス: tanaka.manabu@scmc.pref.saitama.jp

 

お問い合わせ

病院局 小児医療センター  

郵便番号330-8777 埼玉県さいたま市中央区新都心1番地2

ファックス:048-601-2201

検査や治療又は診療の内容に関する個別のご相談には応じかねます。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?