• トップページ
  • 診療のご案内
  • センターのご紹介
  • 当施設について
  • 診療関連部門診療科のご案内
  • 採用案内

ここから本文です。

 

掲載日:2018年7月24日

看護部の概要

看護部の理念

がんセンターの理念に基づき患者さんの権利を尊重し、
個々のニーズに応じた患者さん中心の質の高い看護を提供します。

看護部の方針

  1. 患者さんとそのご家族のQOLを尊重し、専門的知識・技術に支えられた心のこもった看護を提供します。
  2. 患者さんとそのご家族が十分な情報提供のもと、自己決定できるように支援します。
  3. 経営的視点を持ち、効率的な看護業務の実践につとめます。
  4. 職務上知り得た情報は、その保護につとめ、他者との共有の時には、適切な判断で行います。
  5. 他職種の専門性を尊重し、協働してがん医療の向上に貢献します。
  6. がんセンター職員としての自覚を持ち、豊かな人間性の涵養と自己のキャリア開発に努めます。

看護部目標

患者中心、安心と安全を備えた看護の提供は、安心して働ける環境があってこそ

目指しましょう!
いつでも・どこでも・だれでも、言える・聞ける 環境

基本理念に基づく病院の運営

患者中心のがん医療の確立:「患者・家族に優しい病院」

  1. 外来部門、入院部門関わらず、各々に関係する待ち時間縮減と対策
  2. チーム医療の強化(院内外の多職種連携件数、患者参画型カンファレンス開催など)
  3. 各部署における病棟長、診療科長等との病棟運営方針についての明確化(文言化)
  4. 各自・各部署が考える「やさしい病院、やさしい看護とは」の文言化

質の高いがん看護の提供

  1. 病棟の特徴に準じた質の高い看護の提供
    1. 各領域の看護基準・看護手順の整備、根拠ある看護実践と評価
      • 各部署の特徴や実状に応じたナーシングインジケーター2項目の設置と評価
      • 看護の質評価(可視化)のためのナーシングインジケーターについての情報収集など
    2. KYTの更なる促進、6Rを徹底し「患者誤認0」の実現
    3. 看護診断の本格的導入と監査の実施
    4. 各領域分野における専門及び認定看護師との連携、活用
  2. 都道府県がん診療連携拠点病院の機能充実
    1. 緩和ケアリンクナースの設置と活動促進
    2. 緩和ケアセンター設立への準備(特に看護師に係る業務内容検討と取り組み)
    3. その他の改善項目に準じた整備(化学療法スクーリングシート活用)
  3. 近隣施設等のがん看護の均てん化、普及に向けた活動の促進(ボランティア活動も含む)
  4. 病院機能評価受審準備
    1. 評価項目の見直し、評価と課題の抽出(上半期)
    2. 各種マニュアル類の整備、再編(年度内)
    3. 新設及び既設委員会の円滑な運営かつ活動的な委員会運営
  5. 看護業務に集中できる環境確保への取り組み
    1. 医療スタッフの確保
      • 育代者の適切な補充、離職防止への取り組み、より良い実習環境整備、看護師確保対策参画等
      • 院内保育所設置による子育て支援の充実と常勤者への負担軽減
    2. 看護助手の直接ケア参画への実践力強化と人員確保
    3. 業務量調査の実施、分析・評価、課題の抽出
    4. 各部門との業務調整(特に業務量調査結果を踏まえて)薬剤部、検査部、栄養部等
    5. 中途採用者、育休等長期休暇者への教育的支援

病院健全経営の維持(診療報酬改定・DPCへの的確な対応)

医業収益の確保

  1. 病床利用率を低下させない(=期日指定なし入院待ち患者の減少)
    1. 上半期74%以上を目指した病棟間の連携、調整の強化
    2. 感染の慢延防止(特に季節性感染症の連鎖防止徹底)
  2. 退院調整看護師を中心とした退院に向けての早期対応と適切な連携
  3. DPC導入、診療報酬改定に準じた効果的な病院運営への協力と病床運営
    (医療・看護必要度、在院日数の維持、再入院日数、在宅復帰率、外来検査推進等)

医業費用の節減

  1. SPDを活かした材料費の節減(データ提示を参考とする)
  2. 各部署全員で目指す適切な定数・在庫管理

就労環境の確保(=働きやすい、選択してもらえる職場)

  1. 働きやすい職場環境づくり(チーム力の強化、暴言・パワハラ等への適切な対応、フィッシュの導入等)
  2. 院内保育所設置による子育て支援の充実と常勤者への負担軽減
  3. 「夜勤・交代制勤務に関するガイドライン」勤務編成基準11項目(関係項目選択)への取り組み
  4. メンタルヘルス(適宜適時の対処、精神看護専門看護師によるメンタルヘルス活動)
  5. 年休取得の促進と超過勤務削減への意識の向上と取り組み
  6. 職務満足度の向上(昨年より数値の向上)

発信と交流

学術成果・業績発信の推進

  1. 学会発表・論文投稿あわせて9演題発表目標
  2. 看護部HP内容の一新
  3. 看護研究集録の発刊

地域関係機関との人的交流の積極的な推進と協力

  1. 人材派遣・研修会講師・親睦会への参加などへの積極的な参加

看護部の関連ページ

お問い合わせ

病院局 がんセンター  

郵便番号362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室780番地 埼玉県立がんセンター

ファックス:048-722-1129

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?