• トップページ
  • 診療のご案内
  • センターのご紹介
  • 当施設について
  • 診療関連部門診療科のご案内
  • 採用案内

ここから本文です。

 

掲載日:2018年7月24日

看護部

看護部長からのメッセージ

 「その人らしさ」を尊重し、気持ちに寄り添う看護を実践しています。

   埼玉県立がんセンターは、昭和50年11月に開設され、高度先進がん医療とがん研究の実践を通して、がん医療水準の向上に貢献してきました。平成2年にがん疼痛治療とQOLに関するWHO研究協力センターに指定され、平成20年には、都道府県がん診療連携拠点病院として、埼玉県内のがん医療専門医療機関の役割を担ってきました。平成25年12月、「森の中にある人にやさしい高度医療機関」をめざし新築移転し503床の病院になりました。

   埼玉県立がんセンターの看護部は、「患者さんの権利を尊重し個々のニーズに応じた患者中心の質の高い看護を提供する」を理念に掲げ、患者さんとご家族の思いに寄り沿い、患者さん一人ひとりのその人らしさと患者さんの生きることを支えた看護の実践をしています。
「がんで苦しむことのない世界を目指す」を実現するため、それぞれの職種が専門性を発揮し、患者さんにとっての最善な医療を提供しています。

   看護部の教育理念は、看護の基礎知識と技術を用いてがん看護実践に活用できる看護師の育成です。その特徴として、がん看護専門研修を統合したクリニカルラダーを構築しています。また、平成28年度からe-ラーニングを導入し、新たな知識の習得の支援を行っています。
「認め合い、支え合い、成長する看護部」のスリーワードを合言葉に、多くの仲間とともに学び、ともに笑い、ともに歩み続けていく看護部を目指しています。一緒にがん看護を実践してみませんか。

                                                                                                                                                     看護部長 伊藤美佐子

 

看護部の関連ページ

お問い合わせ

病院局 がんセンター  

郵便番号362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室780番地 埼玉県立がんセンター

電話:048-722-1111

ファックス:048-722-1129

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?