彩の国インフォメーション

Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 【登山の基本】秋山の山岳遭難に遭わないために!

ここから本文です。

 

掲載日:2017年10月6日

【登山の基本】秋山の山岳遭難に遭わないために!

画像:登山の基本

 気候が穏やかになるこの季節は、山岳遭難が多発する季節です。秋の登山は、落葉等により登山道が不明瞭となり、道に迷う遭難が多く発生する傾向にあります。
 単独での登山を避け、不測の事態に対応できる万全の装備(地図、コンパス、防寒着、十分な食料、ヘッドライト等)を準備するとともに、事前に登山届を確実に提出し、事故のない楽しい登山にしましょう。

【秋山の山岳遭難の防止】
(1)日没時刻が早まります。早い時間に下山或いは目的地に到着できるようにゆとりある登山計画を立てましょう。
(2)麓は紅葉でも、山頂付近は積雪といったこともあります。事前に天候情報を収集しましょう。
(3)落ち葉が積もり、登山道を見失いやすくなります。
(4)蜂の活動が活発になります。黒い服装や、香りがする整髪料や香水は蜂に狙われますので気を付けましょう。
(5)クマ除けの鈴や、ラジオを使用して人の存在をクマに知らせるように登山しましょう。
(6)キノコ採りや紅葉狩りに夢中になり、周りばかりを見ているうちに気が付いたら道が分からないということが起こり得ます。
(7)低山のハイキングや山中を散策するキノコ採り等であっても登山届を提出しましょう。