彩の国インフォメーション

Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 「行田在来えだまめ」が旬を迎えます!

ここから本文です。

 

掲載日:2017年10月5日

「行田在来えだまめ」が旬を迎えます!

画像:えだまめ

 「行田在来えだまめ」は、他県にはない在来種の大豆の「えだまめ」であり、コクと甘みが特徴です。行田市、熊谷市を中心に栽培されています。

 9月末から1か月程度の期間限定販売です。旬の味を召し上がってください。

【埼玉県のえだまめ生産について】
 消費地の中に産地があるという強みを活かし、時間をかけずに消費者にお届けできる埼玉県の野菜は、農業産出額が全国第7位となっています。
 また、本県の農業産出額のうち野菜が占める割合は50%にのぼる主力品目です。
 「えだまめ」の農業産出額は38億円で全国第3位。北足立地域や入間地域、北埼玉地域などで生産が拡大しています。

【行田在来えだまめについて】
 行田地域で古くから作られてきた在来種の大豆の「えだまめ」で、県農業技術研究センターが種子を収集・保存してきました。
 非常に甘く食味がよい品種です。また、独特の香りと風味が特徴です。
 なお、この大豆は食味や加工適性が高いことから、豆腐やもやし、アイスなど次々に商品化されています。

【行田在来えだまめ」の販売について】
・イオン 県内19店舗(販売中)
・ヤオコー 県内11店舗(販売中)
・サイボクハム 日高本店(平成29年10月9日(月曜日)から販売予定)
※いずれも販売終了時期は未定です。詳しくはリンク先ページをご確認ください。