彩の国インフォメーション

Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 「第十回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金」の請求期限にご注意ください

ここから本文です。

 

掲載日:2017年9月29日

「第十回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金」の請求期限にご注意ください

画像:戦没者

【戦没者等の遺族に対する特別弔慰金】
 先の大戦で公務等のため国に殉じたもとの軍人、軍属及び準軍属の方に思いをいたし、その遺族に対して終戦20周年(昭和40年)、30周年(昭和50年)、40周年(昭和60年)、50周年(平成7年)、60周年(平成17年)という節目の機会をとらえ、国として改めて弔慰の意を表すため、基準日において恩給法による公務扶助料・特例扶助料、戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金・遺族給与金等の受給権を有する遺族がいない場合に、その他の遺族のうち代表者1名に対して支給されるものです。

 「第十回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金」の請求期間は、平成27年4月1日(水曜日)から平成30年4月2日(月曜日)までの3年間です。
※この間に請求を行わないと、時効により特別弔慰金を受ける権利が消滅しますので御注意ください。

 対象となる遺族は、戦没者の死亡当時生まれていた(胎児を含む)遺族で、主に戦没者の子、兄弟姉妹、戦没者と生計が1年以上あった3親等内親族です。それぞれ支給要件がありますので、お住まいの市区町村の窓口にお問い合わせください。また、請求受付も、お住まいの市区町村となります。

 詳しくは、リンク先をご確認ください。

※第十回特別弔慰金の請求から支給(国債交付)までのおおよその期間について
請求書の受付から国債の交付までは、概ね1年程度かかる場合がありますので、御承知おきください。