彩の国インフォメーション

Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 「腸管出血性大腸菌O157等」による患者が急増しています

ここから本文です。

 

掲載日:2017年9月21日

「腸管出血性大腸菌O157等」による患者が急増しています

画像:腸管出血性大腸菌O157

 関東近県で、腸管出血性大腸菌による患者が急増し、県内でも熊谷市、所沢市、川越市で食中毒が発生しています。
 腸管出血性大腸菌はベロ(志賀)毒素を産生する大腸菌で、反芻獣(牛など)の腸内に一般的に存在します。
 重症化すると血便が出ることが特徴で、溶血性尿毒症症候群(溶血性貧血・血小板減少・急性腎不全)を発症することもあります。
 少数の菌で発症するほか、感染力が非常に強いため、食品への二次感染だけでなく、トイレなどを介して同居家族などに感染させることもあります。

【特徴】
〇感染力が強い
細菌による食中毒は通常100万個程度の菌数を摂取して発症しますが、腸管出血性大腸菌は10~50個程度の少数の菌数でも発症します。

〇強力な毒素を作り出す
強力な毒素、「ベロ毒素」を作り、出血を伴う腸炎や溶血性尿毒症症候群(HUS)を引き起こします。

〇合併症(HUS(溶血性尿毒症症候群))を引き起こして死に至る場合もある
溶血性貧血(赤血球が壊れて貧血がおこる)、血小板減少(血小板が多量に消費されて少なくなる)及び急性腎不全(腎臓の働きが急速に低下する)を主症状とし、重症化すると腎不全などの重篤な後遺症が残ったり、最悪の場合死に至ることがあります。
抵抗力の弱い乳児や高齢者では注意が必要です。

〇潜伏期間が長い
2~14日と長く、原因食品・感染源が特定されにくい。このため、汚染された食品とわからず流通したり、調理器具や水などを介して感染が広まったり、人から人への二次感染が起こります。

【主な症状】
下痢、血便、腹痛、発熱、おう吐

【主な原因食品】
牛肉及びその加工品、生野菜、漬物、井戸水など

【家庭の予防のポイント】
食中毒予防の基本は、菌を「つけない」、「増やさない」、「やっつける」の3原則です。特に手洗いが重要です。石けんと流水を使用し、丁寧に洗いましょう。
〇手洗いや消毒を徹底する。
〇生野菜などはよく洗い、食肉は中心部まで十分加熱してから食べる(加熱の目安は75℃で1分以上)。
〇加熱調理済の食品が二次汚染を受けないよう、調理器具の使い分けや十分な洗浄・消毒を行う。