彩の国インフォメーション

Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 企画展「埼玉の古墳2-秩父・児玉・大里-」を開催します

ここから本文です。

 

掲載日:2017年9月14日

企画展「埼玉の古墳2-秩父・児玉・大里-」を開催します

画像:埼玉の古墳

 県立さきたま史跡の博物館では、企画展「埼玉の古墳2-秩父・児玉・大里-」を開催します。

 今から1,700年以上前、3世紀の終わり頃に近畿地方で造られ始めた古墳は、その後各地に伝わり7世紀の終わり頃まで造られました。埼玉県における古墳の築造は、4世紀前半に始まり、現在4,700基あまりの古墳が確認されています。地域を治めた豪族の墓と考えられる古墳は、地域によって造られた時期や墳丘の形態・埋葬施設などにさまざまな違いが認められます。

 今回は秩父・児玉・大里の3郡の古墳を取り上げ、初期古墳や後期古墳の特徴的な様相を、埋葬施設の副葬品や、墳丘・周堀から出土した埴輪・土器類から紹介いたします。

 皆様の来館をお待ちしております。

【日時】
平成29年9月16日(土曜日)~平成29年11月14日(火曜日)
9時00分~16時30分

【場所】
県立さきたま史跡の博物館
所在地:行田市埼玉4834

【費用】
観覧料:大人200円 高校生・学生100円
※中学生以下・障害者手帳をお持ちの方(付添1名含む)は無料。