• SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ
  • WORLD of SAITAMA じてんしゃ王国「埼玉」特集
  • POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG
  • CYCLE NEWS サイクルニュース
  • ABOUT US ポタ日和とは

トップページ > SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ > 「ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」ルートブログ(県南東エリア) > ペコっ!と輪行して農業用水路を走ろう!【ルート4 走行時期:5月下旬 50代男性  自転車歴:37年】

ここから本文です。

SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

ペコっ!と輪行して農業用水路を走ろう!【ルート4 走行時期:5月下旬 50代男性  自転車歴:37年】

更新日:2019年6月10日(月曜日)

【プロフィール】
ロード・ピスト・MTB・クロス・ミニベロと何でも乗りますが、ミニベロが大好きです。

 

 

#ぐるさいルート4(走行距離:58km) は水と緑のふれあいロード・緑のヘルシーロードなど幾つかの農業用水路脇を走りますが、まずは下調べをします。

このルートは以前も走ったことがあるけれど、一部用水路の脇を外れて市街地に迂回する部分があったり、高速道路の下を通ったりして一部区間で迷いがちなのです。

パソコンであらかじめルートマップを作っておき、GPSサイクルコンピューターに入れておきます。

右画面でルートを描いていく。

  

ぐるさい4が描いたデータ。

 

 

 

自宅から最寄り駅まで自走し、駅の端で自転車を「ペコっと」折り畳みます。
着脱式のペダルを外しサドルバッグへ入れ、輪行袋を上から被せれば、ホームコンコースまで押し歩きが可能。

今回のライドは、競技用の車椅子テニス・バスケットボールなど、しょうがい者スポーツを支えるブランドでもあるOX BikesのPECO(ペコ)で。12インチの小径車です。

走行時の姿から、ペコッ!と折り畳み。

 

電車内に持ち込む前に、下の袋に入れます。

これで完全に袋に自転車を収納したので、電車内へ持ち込む事が出来ます。

電車内では、最前列か最後尾の車両端へ立てかけてベルトで固定しておきます。盗難防止にもなりますね。

 

自分が輪行する場合は、ほとんどが下り方面なので混雑はしていませんが、混雑する電車内への持込みは極力避けます。混雑する時間帯を避けた方が良いですね。

また、輪行では兎に角ゆっくり行動します。電車を降りた後も、そこで他の乗客が先に行くのを待って行動します。

 

 

北春日部駅に到着、またペコっ!と展開して自転車を組み立てます。

さあスタート!
内牧(うちまき)公園を背にして、内牧サイクリングロードから水と緑のふれあいロード起点に。

内牧公園看板に「農耕車も通ります」と書いてあります。

このコースは、農業用水脇を整備した自転車・歩行者・農耕車の専用道路です。走ったこの日は、折しも田植えシーズンの真っただ中。多くの農家の方々が田植えをしていました。軽トラックも数台停まっていましたが、仕事の邪魔にならないよう走ります。

 

しらおか味彩センター(白岡市)に到着。地場の特産品を販売しているそうですが、この日は開店前の訪問でしたので、店内に入ることは出来ませんでした。開店前ですが、農産物が店内に並んでいました。また改めて訪問したいと思います。

手打ちそばが自慢の茶屋もあります。

 

このコースが農業用水路であることを再認識させる記念碑や景色に足を止めます。ふだんであれば通り過ぎてしまうところですが、今日ばかりは農作業を見ながらゆっくりと走ります。

  

緑のヘルシーロードに合流し、久喜市菖蒲町に入ると、しょうぶ会館近くでポピーまつりをやっていたので立ち寄ります。

畑一面に満開のポピーが咲き乱れて壮観!

会場では、新元号令和記念でお餅と甘酒を振舞っていましたので、お餅を頂きました。
ありがとうございます。ご馳走さまでした^^

ポピーの手摘みもできるようで、小さなお子さんらは楽しげにポピー摘みしていました。

久喜市の職員の方々?は、皆さんフレンドリーで、このイベントを盛り上げようという配慮が見えて素敵でした。

 

緑のヘルシーロードから少し外れて、加須の住宅街に入ると、聖明王院弥勒大仏(せいみょうおういんみろくだいぶつ)が突如として現れます。布袋様やビリケンさんではなく、弥勒大仏様だそうで、建物の上に祀られています。ニッカリされてるのかな?(写真右)
他に4体の仏像があり、それぞれ近くで見られて迫力がありました。

      15                                 

 

 

緑のヘルシーロードへ戻り、鴻巣市の『花と音楽の里かわさと 「花久(かきゅう)の里」』へ。新しく綺麗な建物です。


こちらは薔薇が満開でまさに見頃!手の行き届いた素晴らしい薔薇の庭園。様々な種類の薔薇が来場者を楽しませていました。一眼レフカメラが欲しくなりますね。

当初の予定では、こちらでうどんのランチをと思っていましたが、先ほどの振る舞い餅のおかげで満腹(笑)

更にうどん店は満員御礼長蛇の列。残念ですが先に進みます。

 

さて、ようやく折り返し地点の水と緑のふれあいロード起点まで来ましたが2019年5月18日現在、起点部分が工事のために立ち入り禁止になっていました。 (写真の左手奥が起点になります。)訪れる皆さま、ご注意ください。

直進すると利根川へ。

 

12インチの小さなタイヤでここまで走ってきて、ようやくお腹が空いてきました(笑)
近隣でランチ営業中の店から、加須市にある「Non Billly’s Café(ノンビリーズカフェ)」を選びました。

店内は名前どおりまったりした居心地の良い空間でした。右手には小さな畑がありました。

頂いたのはホットサンドブランチのセット。野菜が美味しい^^

 

スープとコーヒー・ケーキも付いて、補給完了!

また来たいと思わせるカフェでした。
ありがとうございます。ご馳走様でした^^

 

写真を撮りながら走っているせいかペースが上がらず、先を急ぎます。

この58kmに及ぶコースは、基本的に農業用水路の側道を走っていれば迷うこともないのですが、一部高速道路のアンダーパス・国道を越える部分があります。用水路の方角を確認すれば問題ないので、用水路の方角に注意しながら進みます。

水と緑のふれあいロードのみ一般道路利用区間があり、街中を走ることになりますので注意が必要です。
案内看板が要所にあるので、見つけたら写真を撮っておくといいと思います。

 

 北側案内図(写真左)と 南側案内図(写真右)。

  

一般道を走り、また水と緑のふれあいロードに戻り用水路脇を走る 。しばらく走ると観覧車が見えてきて。東武動物公園の裏手に出ました。動物らの鳴き声や入園者の歓声が遠くに聞こえます。なかなかシュールな感じです(笑)

    

 

コースも終盤、甘いものが食べたくなり、最後の休憩地点である「新しい村」へ急ぎます。ここは、宮代町の農業生産者と我々消費者を結ぶ施設で、売店では様々な農作物やパンなどが売られていました。早速アイスクリームをと思ったら、「本日の営業は終了しました」と。。。(16時30分くらいだったかな?)

泣く泣く諦めて牧内公園を経由して北春日部駅へ向かいます。

  

 

 

ようやくゴールの北春日部駅へ戻ってきました。

距離69.07km(ぐるさいのコース4は58km)
移動時間4時間58分41秒

 

<感想>
12インチの小径車、OX Bikes Peco(ペコ)。ええ遅いです。この車体で70キロ走れば、ロードバイクで換算すると倍近い消耗度かもしれません。でも、遅いから気が付く風景や、街の様子があります。

この自転車に乗ってから、江戸川や荒川サイクリングロードのような基本一直線なコースはほとんど走らなくなりました。

GPSサイクルコンピュータでルートを探して、埼玉県内の通ったことのない道を走ったり、パン屋さんでカレーパンやうどんを食べ歩いたり、素敵なカフェを探す街ポタリングが楽しい^^

  

このコースは、田んぼの中を通り自然を満喫することができて、少しコースを外れると街中へも寄り道できるコースなので、サイクリングロードを走る爽快感と街ポタりんぐが同時に楽しめる良いコースだと感じました。

まだまだ埼玉県を知らない埼玉県民!#ぐるさい で皆さんの投稿を見てポタります(笑)