• SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ
  • WORLD of SAITAMA じてんしゃ王国「埼玉」特集
  • POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG
  • CYCLE NEWS サイクルニュース
  • ABOUT US ポタ日和とは

トップページ > SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ > 「ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」ルートブログ(県南東エリア) > 農業用水路を走るルート【ルート4 走行時期:9月上旬 20代男性  ロードバイク歴:5年】

ここから本文です。

SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

農業用水路を走るルート【ルート4 走行時期:9月上旬 20代男性  ロードバイク歴:5年】

更新日:2019年12月2日(月曜日)

【プロフィール】
ロードバイク歴5年。荒川CR以西を中心に走っています。年間の走行距離は2,000km前後です。


 

 

ほぼワンシーズンロードバイクに乗らない日々が続いているのですが、やっと暑さも落ち着きを見せ始めた雰囲気があったので、リハビリを兼ねてぐるさいに挑戦してみました。


夜明け前の東の空。この日は台風の翌日、つまり台風一過でとても空気が澄んでいました。当日の天気予報では最高気温が35℃近くまで上る見込みだったため、朝早くから走り始めます。
夜明け前の空

朝6時前。花久の里からスタート。
広い駐車場があるため、車で自転車を運んで来ても良いと思います。

スタート準備 
この日の装備はこんな感じ。9月とはいえまだまだ夏場のためボトルは2本。サドルバッグにはパンク等トラブル対応キット一式と、事前に買った菓子パンを詰め込んでいます。

 水と緑のふれあいロード

さて、今回のメインロードとなる「水と緑のふれあいロード」に到着です。ここを起点としてぐるっと約60kmのライドとなります。台風の翌日ということもあり、路面の荒れ具合を心配しましたが、思いの外ゴミなどが散乱している様子はなく快適に走れそうです。

見沼代用水

「水と緑のふれあいロード」は見沼代用水とその支線用水路に沿うように敷かれた道路です。台風の翌日ということで増水していましたが、風もないので静かですね。

日が昇ってきました。日の出の太陽光が思いの外暑いです。

日の出

 

しばらく自転車に乗らなかった身としてはやや長めなサイクリングが始まります。

 稲穂 

道はご覧の通り見通しがよく余裕のある幅があり、走りやすいです。水田が広がり、稲穂にはたくさんのお米が実っていて、秋の到来が間近であることを知らせてくれました。

サイクリング日和の朝

台風一過の快晴。サイクリング日和な朝です。

道中にはかわいいコバトンの標識がぽつぽつと立っています。道路上の注意を促すものだけでなく、道案内や走行距離を示したものもありました。

看板

私は事前に用意したコースマップをサイクルコンピューターにインストールさせてナビしているのですが、そういったガジェットを持たない方々も水路に沿って標識に注意しながら走っていれば道に迷ってしまうことはなさそうです。

走りやすいのでスピードを飛ばしがちですが、犬の散歩やランニングする方もいるので、走行する上では注意しましょうね。

水と緑のサイクリングロード

早朝独特の空気感に気持ちよさを感じながらペダルを回しているとあっという間に距離を稼げてしまいます。

 

途中、庭先や畑で特徴的な葉っぱと香りを放つ木々を見かけました。

これはイチジク。手のひらよりも大きい葉と、独特の甘みある果実を食べられる昔からある果物ですね。最近は美容効果が注目されて人気があります。

イチジク イチジクファーム

イチジクといえば関西が生産の主流なのですが、ここ埼玉県もいくつかイチジクの栽培に力を入れているところがあるようです。加須市もその一つで、道中でイチジク畑をいくつも見かけました。イチジク特有の甘い香りだけでなく、一文字仕立てという特徴的な仕立て方をしているので、是非探してみてください。

この他にも、梨やぶどうなどの果樹畑をいくつも見られました。一年中走っていれば微妙な季節の移ろいを感じることができるサイクリングロードですね。

 

随所にロードマップが設置されていて、自分が今どのへんにいて、周辺にどんな見所があるのか示してくれています。

ロードマップ 

 

幅員工事中の圏央道です。水田地帯と都市間をつなぐ高速道路が共存する景色って、案外貴重なのかな。

幅員工事中の圏央道 

 

実ったお米の重みでうつむいている稲穂たち。台風にも負けず元気に育って収穫の日を迎えてほしいですね。

お米

林の向こうに観覧車が見えてきました。折り返し地点の東武動物公園まで来たようです。

東武動物公園入口

 

東武動物公園入り口で記念撮影。ここまででだいたい25km強です。
太陽が登って日差しがキツイ。気温も25℃を超えてきました。少し急がないと先が思いやられますが、そろそろ補給しないと。

 

はらっパーク宮代。名前の通り広大な原っぱが広がっています。

はらっパーク宮代 

夏場は暑さで大変でしょうが、過ごしやすい季節なら自転車で訪れてピクニックとか、気持ちよさそうですね。こちらの東屋でサドルバッグに詰め込んだ菓子パンを補給することにしました。気温が30℃近くで湿度も高くいよいよ辛くなってきました!

休憩 

エネルギーの補給を終えて、後半もがんばります。

走行中

基本的に視界の開けた平野部を走るコースなので、日差しがキツイです。夏以外ならポカポカ気持ち良いと思うんですが、走っている本人はペダルを漕ぐ疲労よりも暑さにやられてしまっています。

メインロードは走りやすいですが、ちょくちょく十字路に差し掛かるので、交通には十分注意しましょう。

星川まで戻ってきました。まだ午前なのですが、気温は体感で30℃超えです。灼熱のアスファルトを進む真夏サイクリング。

アスファルト 

走り始めて3時間半。無事起点まで帰って来ることができました。
平均時速は21.5km。走行距離は59km、獲得標高は25mとなりました。

起点 

花久の里に戻ってきました。

ゴール

お昼ごはんをここで食べて締めるつもりだったのですが、火曜日は閉館日でした。リサーチ不足を反省です。鴻巣産小麦粉を100%使用したうどんが美味しいので、訪れた際には是非食べてってくださいね。

 

さて、見沼代用水を中心とする「農業用水路を走るルート」は、十字路が多いためサイクリングロード程の快走路とは言えませんが、信号や車が少なく、また平坦なため走りやすいコースだと思います。

また道中は稲作や果樹栽培が盛んで、埼玉県の農業や季節を知る楽しみがあると思います。自転車を始めて間もない方や、ポタリングが好きな方にはうってつけのコースだと思います。

 

私は坂が多い埼玉の西側を走ることが多いので、埼玉の東側を走るのは新鮮でしたし、注意深く景色を見ていたこともあってか、ふだんはそれほど関心を払わない農業の傾向を知ることもできて楽しむことができました。これからも埼玉県でのサイクリングを楽しんでいきます!

TABIRIN【サイクリングファンのための情報サイト】コース紹介
https://tabi-rin.com/archives/course/30651