• SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ
  • WORLD of SAITAMA じてんしゃ王国「埼玉」特集
  • POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG
  • CYCLE NEWS サイクルニュース
  • ABOUT US ポタ日和とは

トップページ > SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ > 「ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」 ルートブログ(県南西エリア) > 晩秋の新座・志木 自然や歴史を巡るルート 【ルート17 走行時期:12月中旬 50代男性】

ここから本文です。

SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

晩秋の新座・志木 自然や歴史を巡るルート 【ルート17 走行時期:12月中旬 50代男性】

更新日:2019年12月25日(水曜日)

【プロフィール】
ロードバイク歴半年、運動不足解消のためランニングとサイクリングを始めました。予想以上にはまってしまい、健康オタク化現在進行形!


20歳になる長男と一緒に、新座・志木 自然や歴史を巡るルートを走ってきました。東京都民ですが、ふだんは戸田橋から荒サイをライドして楽しんでいます。

 

 
12月中旬ですが、お天気もよくほっこりとした日でサイクリングには絶好でした。


自宅からスタート地点の富士見運動公園へと荒サイを北上。
羽根倉橋のコース起点へ。

 起点 コース案内看板

大きな看板に今回のイベント「ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」のルートマップがあって、やる気を掻き立ててくれます。

まずは国道463号線を下り、目的地の平林寺を目指します。
先頭をゆく長男の自転車が落ち葉を踏んでいくのを見ると、秋の終わりを感じさせます。

 

 柳瀬川 落ち葉

今回のコースは何度も川を渡ります。途中、柳瀬川にかかる英橋という橋があるのですが、この読み方ってなんだろう?と気になり調べてみました。

「はなぶさばし」と言うそうです。こんな発見があるのもサイクリングのいい所ですね。柳瀬川もそうですが、ライドの後半に渡る黒目川も、春は桜がとても美しい河川で地域の方々に愛されています。

秋の終わり

平林寺に到着すると、駐輪場を探します。
平林寺看板


見事な紅葉がお出迎え。
紅葉

 入場券(500円)を購入して平林寺の門をくぐると、境内右手の紅葉は終わっていましたが、左手の紅葉は黄色や朱色に色づいており、堪能できました。

入場券

平林寺紅葉1 平林寺紅葉2

 

 

平林寺のすぐ裏手にまわり野火止用水を見学。江戸時代には飲み水として、また、水田を潤す水として無くてはならない重要な用水路だったそうです。

野火止用水

紅葉と自転車1 紅葉と自転車2

次に妙音沢の湧き水へと向かいます。関越自動車道横を曲がるつもりが、1本行きすぎて左折してしまったため、コースから外れますが、お腹が空いてきたのでランチタイムです。

富士山がトレードマークの富士力食堂さんで、マウンテンチキンカツカレーを頂きました。

富士力食堂 メニュー

マウンテンチキンカツカレー 
撮影許可をいただきました。

満腹!!
元気になってコースに戻り、黒目川沿いの妙音沢へ!
ところが湧き水のありかが、なかなか見当たりません。

湧き水 コスモス

湧き水3

 

あきらめて終着点へとペダルをこぎこぎ。
城山公園で少し休憩、ここで晩秋らしい1枚。

 

わたしの住む都内では見かけない「落ち葉、ご自由にお待ち帰りください」の掲示。
心が癒やされた気がしました。

落ち葉 

終点に向かう途中、幾重にも連なる鳥居を発見。

鳥居 

今後のサイクリング安全祈願をしました。

【総括】
ほほ平坦なコースなので走りやすいです。最大斜度は関越自動車道沿いあたりで5%弱。ゆっくりとしたペースで半日あれば十分回れます。

今回は晩秋でしたが、春に再度サイクリングしてみたい魅力あるコースでした。
長男と一緒に回れたことも、いい思い出になりました。

 

TABIRIN【サイクリングファンのための情報サイト】コース紹介
https://tabi-rin.com/archives/course/25290