• SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ
  • WORLD of SAITAMA じてんしゃ王国「埼玉」特集
  • POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG
  • CYCLE NEWS サイクルニュース
  • ABOUT US ポタ日和とは

トップページ > POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG > 2017年 > 2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム開催!

ここから本文です。

POTAGIRL'S BLOG ポタガールBLOG

オープニング走行中

2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム開催!

更新日:2017年12月1日(金曜日)

ポタガールの小林玲香です。
11月4日(土曜日)に今年で5 回目となる「2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が開催されました。
現地で観戦された方、TV で生放送を堪能された方、各メディアの記事をチェックされた方、皆さんはどんなふうにイベントを楽しみましたか?

 

私は、イベント当日はもちろんですが、開催前からさいたまクリテリウムを楽しみました。

というのも、さいたま市内のカフェを中心とした12店舗でコラボメニューを提供する「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムカフェ」が期間限定でオープンしていたからです。(10月3日~11月5日まで開催。店舗により開催期間は異なります。)

「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムカフェ」でコラボメニューを注文すると、4賞ジャージカラーの大会オリジナルコースターとオリジナルステッカーがもらえます。

私が伺ったのは、武蔵浦和にある「Café&Bar pocorit(カフェ&バー ポコリット)」。
甘酸っぱいマンゴーとプルプルほんのり甘いフレンチトーストがマッチしてとても美味しかったです。

 

ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムカフェ

 

それでは2日間楽しんだ「2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」をレポートします。

オープニング

 

 

【11月3日(土曜日)】
レース前日にはサイクルフェスタ会場内のステージで「チームプレゼンテーション」が行われ、出場するチーム・選手が登場し紹介されました。

 

今年はチームプレゼンテーションが一般公開されるとあって、たくさんの観客が選手を見に会場を訪れていました。

ステージ(プレゼンテーション)

 
続いて選手の皆さんをおもてなしする「さいたま市内交流会」。
地元の小中学生が「浦和名物のうなぎ」について、英語でプレゼンテーションを行います。選手の皆さんには、その場で調理されたうなぎの蒲焼きが振舞われました。
うなぎの焼き上がりを待っている間に、選手たちは「忍者」と「サムライ」に扮して手裏剣投げや殺陣(たて)を体験。
「忍者」になったフルーム選手の手裏剣投げは、見事的の真ん中に的中!
選手の素顔が垣間見られた気がして、楽しいステージでした。

ステージ(忍者)

 

同じサイクルフェスタ会場では、小学2年生までを対象とした「キッズロア」も開催。

特製おもしろダートコースが設置され、たくさんの子供たちが自転車で自由に走り回っていました。

11月3日(金曜日)はコースが無料開放され、11月4日(土曜日)は自転車レースやおやこラン&ライドが実施されました。

キッズロア

 

 

【11月4日(土曜日)】
そして晴天に恵まれたレース当日!
ポタガールを代表して6 名がオープニング走行に参加させて頂きました。

 

ホダカ前記念撮影
埼玉県越谷市に本社がある自転車メーカー「ホダカ」さんにご協力いただき、「NESTO(ネスト)」のロードバイクで走行します。

私は、「ALTERNA PRO-K」で走行します。そのほかにも、「ALTERNA-K」や「FALAD-K」などのバイクを用意していただきました。
とても軽いバイクで、みんなビックリしていました。
事前に身⾧とサドル高しかお伝えしていなかったのですが、とても乗りやすくセッティングしてくださっていて、さらに乗る直前にサドルの高さを微調整してくださいました。
おかげで快適に走行することが出来ました。

サドル調整

 

 

ポタガールリーダー絹代さんも一緒に集合場所で記念撮影。

集合写真 

 さあ、オープニング走行です。

オープニング走行は、出場チームと一緒にコースを1周走行します。

私たちポタガールと一緒に走行するチームはなんと、
「QUICK-STEP  FLOORS(クイックステップフロアーズ)」です。
クイックステップフロアーズといえば、キッテル選手が所属するチームです。


そうこうしている間に、キッテル選手が目の前に登場です!

オープニング走行直前

レース前にもかかわらず、選手の皆さんは和やかな雰囲気。

沿道のファンの皆さんの応援にハイタッチで応えていました。
選手の名前のボードを掲げるなど熱烈なファンの前では停車して、サインをする姿も。

オープニング走行中

コース内では、観客の歓声がとてもよく聞こえ、まるで歓声のトンネルの中を走っているような気がしました。
皆さんひとりひとりの熱い想い、声援がきっと選手の力になっているのだなと、選手の背中を追いながら思いました。


今回初めてオープニング走行に参加したEIKO さんは、
「ずっと憧れだった選手達と一緒に走ったなんて、今でも信じられません。超強烈な歓声の中、レース前なのにファンサービスを欠かさない選手の優しさに感動した3 キロでした。」と、大満足でした。

 

オープニング走行後に行われたメインレースの結果はというと、マーク・カヴェンディッシュ選手(チーム:ディメンションデータ)が優勝しました。

周回を重ねるたびに選手が入れ替わり、白熱したレース展開にドキドキ、ワクワク…最後まで夢中で観戦しました!
やっぱり生の臨場感は最高ですね。

大会の結果はこちら

http://saitama-criterium.jp/

クリテリウム本レース


一方で、サイクルフェスタ会場内の「埼玉サイクルエキスポ2018」ブースもオープニング走行などと同時平行で運営しました。

「埼玉サイクルエキスポ2018」ブースでは、埼玉サイクルエキスポクイズに正解した方にLOVE bicycle SAITAMAオリジナルサコッシュをプレゼントしました。

クイズでは埼玉サイクルエキスポ2018の開催日、開催場所と当日来てくれるかどうかの意気込み(笑)を宣言していただきます。

ブース前集合写真

「クイズ?分かるかな?」と神妙な面持ちで参加される方も、配布していた「埼玉サイクルエキスポ2018」のチラシに記載されている重大なヒント(笑)に気づくと、とびきりの笑顔になって全問正解し、サコッシュを受け取ってくれました。
そんなやりとりが、とても楽しかったです。

 

そして、プレゼントしたサコッシュを会場で早速使ってくれている方をたくさんお見かけし、嬉しくなりました。来年も行くね!と声を掛けて下さる方、歴代のサコッシュ持参で来場して下さる方もいて、とても励みになりました(現在のデザインは3 代目なのです)。

 

オープニング走行やブース手伝いの後は、他のブースで買い物したり、けやき広場で開催されていた「さいたまるしぇ」でご当地グルメやフレンチを味わったり、レース観戦をしたりして、「2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」をたっぷり楽しみました。

さいたまるしぇ


ところで、「2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」の主催であるさいたま市では「自転車のまちづくり」を進めるために「たのしむ」、「まもる」、「はしる」、「とめる」という視点から自転車に関する様々な取組「自転車まちづくりプラン~さいたまはーと~」を策定しています。

さいたまはーと

サイクルフェスタ会場のスタンプラリー景品(サコッシュ)にプリントされていた「Beautiful Ride」というロゴは、“まわりの人を思いやりながら、自らも楽しみ、成⾧してゆく”という心を表現するために、歩行者の足あと、自転車のタイヤ、クルマのタイヤにハートマークをあしらってデザインされたそうです。
かわいいロゴにこのような深いメッセージが込められていたのですね。

さいたま市サコッシュ
これからも、さいたま市の「自転車のまちづくり」に注目したいと思います。
さいたま市をはじめ、埼玉県内には自転車を活用したまちづくりを進める自治体や団体がたくさんあります。
これからも、ポタガールとして協力できることがあれば、嬉しいなと思っています。

 

これから、自転車のイベントが続きます。

12月2日(土曜日)には彩湖道満グリーンパークで「Y'sRoad ス第15回ポーツバイクデモ」が、12月2日(土曜日)、3日(日曜日)には秋ヶ瀬公園で「秋ヶ瀬の森バイクロア7」が開催されます。

埼玉県では両方のイベントで「埼玉サイクルエキスポ2018」のPRブースを出展し、今回大好評だった「サコッシュプレゼントクイズ」を実施します。

また、各イベントのレースにはポタガールが参加する予定です。

是非遊びに来てくださいね。

 

【Café&Bar pocorit(カフェ&バー ポコリット)】

住所:埼玉県さいたま市南区別所7-9-9 VINES TERRACE #D

営業時間:CAFE 11時30分~17時(ラストオーダーは16時まで)、BAR 17時~24時(日曜日と祝日は23時まで)

定休日:月曜日

電話:048-789-7703

URL:http://www.poco-rit.jp/index.php