ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 建築安全課 > 床面積の算定方法について

床面積の算定方法について

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年4月1日更新

床面積の算定について

1.建築物の床面積の算定
 建築物の床面積は、建築物の各階又はその一部で、壁、扉、シャッター、手摺、柱等の区画の中心線で囲まれた部分の水平投影面積によるものであるが、ピロティ、ポーチ等で壁、扉、柱等を有しない場合には、床面積に算入するかどうかは、当該部分が居室、執務、作業、集会、娯楽、物品の保管又は格納その他の屋内的用途に供する部分であるかどうかにより判断するものとする。
 例えば、次の各号に掲げる建築物の部分の床面積の算定は、それぞれ当該各号に定めるところによるものとする。
(1)ピロティ
   十分に外気に開放され、かつ、屋内的用途に供しない部分は、床面積に算入しない。
(2)ポーチ
   原則として床面積に算入しない。ただし、屋内的用途に供する部分は、床面積に算入する。
(3)公共用歩廊、傘型又は壁を有しない門型の建築物
   ピロティに準じる。
(4)吹きさらしの廊下
   外気に有効に開放されている部分の高さが、1.1m以上であり、かつ、天井の高さの1/2以上である廊下については、幅2mまでの部分を床面積に算入しない。
   なお、「外気に有効に開放されている部分」の取扱いについては、次の要件を満たす場合は、外気に有効に開放されているものとする。
  一 隣地境界線からの距離が、50cm以上であること。
  二 当該部分が面する同一の敷地内の他の建築物又は当該建築物の部分からの距離が2m以上であること。
(5)バルコニー・ベランダ
   吹きさらしの廊下に準じる。
(6)屋外階段
   次の各号に該当する外気に有効に開放されている部分を有する階段については、床面積に算入しない。
  イ 長さが、当該階段の周長の1/2以上であること。
  ロ 高さが、1.1m以上、かつ、当該階段の天井の高さの1/2以上であること。
(7)エレベータシャフト
   原則として、各階において床面積に算入する。ただし、着床できない階であることが明らかである階については、床面  
積に算入しない。
(8)パイプシャフト等
   各階において床面積に算入する。
(9)給水タンク又は貯水タンクを設置する地下ピット
   タンクの周囲に保守点検用の専用の空間のみを有するものについては、床面積に算入しない。
(10)出窓
   次の各号に定める構造の出窓については、床面積に算入しない。
   イ 下端の床面からの高さが、30cm以上であること。
   ロ 周囲の外壁面から水平距離50cm以上突き出ていないこと。
   ハ 見付け面積の1/2以上が窓であること。
(11)機械式駐車場
   吊上式自動車車庫、機械式立体自動車車庫等で、床として認識することが困難な形状の部分については、1台につき15平方メートルを、床面積として算定する。なお、床としての認識が可能な形状の部分については、通常の算定方法による。
(12)機械式駐輪場
   床として認識することが困難な形状の部分については、1台につき1.2平方メートルを、床面積として算定する。
   なお、床としての認識が可能な形状の部分については、通常の算定方法による。
(13)体育館等のギャラリー等
   原則として、床面積に算入する。ただし、保守点検等一時的な使用を目的としている場合には、床面積に算入しない。
2.区画の中心線の設定方法
 次の各号に掲げる建築物の壁その他の区画の中心線は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
(1)木造の建築物
   イ 軸組工法の場合
     柱の中心線
   ロ 枠組壁工法の場合
     壁を校正する枠組材の中心線
   ハ 丸太組構法の場合
     丸太材等の中心線
(2)鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造等の建築物
   鉄筋コンクリートの躯体、PC版(プレキャストコンクリート板)等の中心線
(3)鉄骨造の建築物
   イ 金属板、石綿スレート、石膏ボード等の薄い材料を張った壁の場合
     胴縁等の中心線
   ロ イ以外の場合
     PC板、ALC板(高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート板)等の中心線
(4)組積造又は補強コンクリートブロック造の建築物
   コンクリートブロック、石、れんが等の主要な構造部材の中心線