ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 学事課 > 私立学校の父母負担軽減事業について

私立学校の父母負担軽減事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月12日更新

私立学校の父母負担軽減事業について

埼玉県私立高等学校等父母負担軽減事業補助制度とは

  埼玉県では、県内の私立高等学校等に通学する生徒の経済的負担を軽減するため、授業料等軽減補助を行っています。対象は県内にある私立の小・中学校、高等学校、特別支援学校及び高等専修学校(3年制)に通学する生徒です。  

1 私立高等学校・特別支援学校(高等部)・高等専修学校(3年制)

     平成22年度から私立高等学校生等を対象として、国から就学支援金が支給されるようになりました。また、一定の要件を満たす方に対し、上乗せする形で埼玉県から補助を行います。いずれも学校を通じて、申請の受付や補助を行います。

       申請受付や補助金の支給方法等につきましては、学校によって異なりますので、詳しくは学校にお問い合わせください。

 (1) 国の就学支援金制度

          私立高等学校生等を対象として、国から就学支援金が支給されます。

   (平成25年度以前入学者の場合)

  •  私立高等学校等に在籍する生徒に、118,800円(年額)を補助します。  
  •  年収約250~350万円の世帯には、1.5倍額(178,200円)を補助します。
  •  年収約250万円未満の世帯には、2倍額(237,600円)を補助します。

   (平成26年度以降入学者の場合)

  •  年収約590万円~910万円の世帯には、118,800円(年額)を補助します。
  •  年収約350~590万円の世帯には、1.5倍額(178,200円)を補助します。
  •  年収約250~350万円の世帯には、2倍額(237,600円)を補助します。
  •  年収約250万円未満の世帯には、2.5倍額(297,000円)を補助します。

   ※ 詳細につきましては、下記ホームページを御参照ください。

      文部科学省初等中等教育局財務課高校修学支援室のホームページ 

   (2) 県の授業料等軽減補助について

     埼玉県では県の単独補助として、授業料軽減補助及び入学金軽減補助(全日制高校、特別支援学校高等部のみ)、及び平成26年度に新設した施設費等その他納付金に対する補助(全日制高校1年生のみ)を行っています。  

  •  授業料軽減補助は、生徒・保護者ともに県内に居住しており、県内の私立高等学校等に通っている方のうち、一定の所得以下の方が対象となります。
  •  全日制高校の場合、全国トップクラス(第4位)の補助を行っております。具体的には、年収が約500万円未満の世帯については、国の就学支援金と合わせて、県内私立高等学校(全日制)の平均授業料375,000円(年額)、年収が約500~609万円の世帯については250,000円(年額)までを補助します。また、生活保護世帯及び家計が急変(生徒の保護者が失職した場合など)した世帯については授業料全額を補助します。
  •  入学金軽減補助については、授業料軽減補助に該当する方に対し、一律100,000円を補助します(全日制高校及び特別支援学校(高等部)のみ)。
  •  施設費等その他納付金に対する補助は、平成26年度に1年生の方が対象になります。年収が約250万円未満の世帯については県内私立高等学校(全日制)の平均額である200,000円(年額)、年収が約250~350万円の世帯については100,000円(年額)までを補助します。また、生活保護世帯及び家計が急変した世帯については全額を補助します。

 父母負担グラフ

  ※平成26年度から授業料の補助単価を増額しました。

   25年度 369,000円 → 26年度 375,000円(6,000円増)
   25年度 246,000円 → 26年度 250,000円(4,000円増) 
  •  上記補助額は全日制高校の場合です。学種によって支給額の上限が異なります。また、 就学支援金受給額と県の補助額との合計額が、授業料を超える場合は授業料が上限となります。世帯年収は、モデル世帯(夫婦、子供2人(うち高校生1人))の場合を想定しています。
 制度のQ&Aへ 

     (全日制高校)

     ○ パンフレット(県内全日制高等学校2・3年生用)[その他のファイル/778KB]

     (全日制高校1年生、通信制高校、特別支援学校、高等専修学校)

     ※平成26年度のパンフレットは準備中です。大変申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。

2 私立小・中学校

    県内に在住で県内の私立小・中学校で学ぶ児童・生徒の世帯のうち、家計が急変(児童・生徒の保護者が失職した場合など)し、修学の継続が困難となった世帯に対して、授業料負担を軽減するための補助を行っています。

    申請等につきましては、学校にお問い合わせください。

 ※平成26年度のパンフレットは準備中です。大変申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。

埼玉県私立高等学校等奨学のための給付金事業について

埼玉県私立高等学校等奨学のための給付金事業

 本事業の申請は、9月上旬から受け付けます。大変申し訳ございませんが、詳細については今しばらくお待ちください。