ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 義務教育指導課 > 学校課題解決プランモデル集

学校課題解決プランモデル集

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年3月19日更新
県教育委員会は、平成20年度から「学力を伸ばす総合推進事業」を立ち上げ取り組んでいます。その事業の一つとして、平成20年9月に、この「学校課題解決プランモデル集」を作成しました。
 各学校は着実な学力向上のために自校の課題を把握し、その解決を図る全体計画や年間計画等のプランを作成し、検証改善サイクルを構築していくことが必要です。県としてその取組を支援するために、参考となるプランモデルを示したのが本モデル集です。
 本モデル集の構成の概要は、
  (1)「児童生徒の実態分析と課題把握」、
  (2)「学校課題解決プランモデルにおける視点と観点」、
  (3)「全体計画例・年間計画例」、
  (4)「指導改善プランモデル例」となっています。
 (1)の部分では、文部科学省が全国的に実施する「全国学力・学習状況調査」をはじめ、本県が独自に実施する「埼玉県小・中学校学習状況調査」、「教育に関する3つの達成目標」の取組に係る効果の検証等、調査結果や普段の授業等から明らかになった学習状況、課題、成果を具体的に把握をする仕方を掲載しています。
 (2)や(3)の部分では、児童生徒の実態分析と把握した課題を踏まえ、改善の取組の結果として目指す学校の目標設定に触れ、例を示しつつ目標達成のための全体計画や年間計画の立て方について示しました。
 (4)の部分では、全体計画や年間計画を踏まえ、重点的な取組を通して具体的な課題を解決するための指導改善プランの作成についてモデルを示しています。
 このモデル集が、子どもたち一人一人の確かな学力の向上を図るために役立つよう、ぜひ活用してください。
※以下のデータは、PDFファイルになります。

「学校課題解決プランモデル集」(PDF版) 目次


  はじめに  → データ1[PDFファイル/3.69MB]
  目次(PDF版再掲)  →  データ1[PDFファイル/3.69MB]
1 「学校課題解決プラン」の特徴 (p.1)
 (1)「学校課題解決プラン」とは  → データ1[PDFファイル/3.69MB]
 (2)「学校課題解決プラン」作成にあたっての5つのポイント  → データ1[PDFファイル/3.69MB]
2 課題把握と「学校課題解決プラン」作成の手順 (p.2)  → データ1[PDFファイル/3.69MB]
3 自分の学校の現状把握 ~チェックシートで自校診断~ (p.3)  → データ1[PDFファイル/3.69MB]
4 分析ツールを活用した課題把握(1) (p.4)
  ~国から提供されたツールの活用~  → データ1[PDFファイル/3.69MB]
5 分析ツールを活用した課題把握(2) (p.6)
  ~「学校用分析支援プログラム」の活用~  → データ1[PDFファイル/3.69MB]
6 検証改善サイクルからとらえた学校課題と「学校課題解決プラン」の視点・観点 (p.10)  → データ1[PDFファイル/3.69MB]
7 各指導改善プランモデルで取り上げた視点・観点の一覧 (p.12)  → データ1[PDFファイル/3.69MB]
8 モデルの紹介
 (1)全体計画作成にあたって・全体計画例 (p.14) 
    学校課題「資料から読み取ったことを書いたり説明したりする力」を育てる(小学校)  → データ2[PDFファイル/2.51MB]
 (2)年間計画作成にあたって・年間計画例 (p.20)
    学校課題「資料から読み取ったことを書いたり説明したりする力」を育てる(小学校)  → データ3[PDFファイル/1.26MB]
 (3)教科の指導改善プランモデル例 (p.22)
課題A「資料から読み取ったことを書いたり説明したりする力が不十分である」ケースへの対応 (p.22)  → データ4[PDFファイル/5.08MB]
課題B「学力(学習意欲)の差が大きい」ケースへの対応 (p.30)  → データ5[PDFファイル/28.38MB]
課題C「活用する力が身に付いていない」ケースへの対応 (p.38)  → データ6[PDFファイル/3.07MB]
課題D「思考過程を大切にしていないため、定着しない」ケースへの対応 (p.46)  → データ7[PDFファイル/5.97MB]
課題E「既習事項が生かされず学習成果があがっていない」ケースへの対応 (p.54)  → データ8[PDFファイル/5.64MB]
  終わりに (p.62)  → データ9[PDFファイル/265KB]