ホーム > 会場 > 陸上自衛隊朝霞訓練場

埼玉県発 オリンピック パラリンピックの会場 陸上自衛隊朝霞訓練場

陸上自衛隊朝霞訓練場

ライフル射撃とクレー射撃の舞台となる陸上自衛隊朝霞訓練場は陸上自衛隊朝霞駐屯地(東京都練馬区、朝霞市、和光市、新座市にまたがって存在)の西側に位置しています。1964年(昭和39年)の東京オリンピックではライフル射撃競技が行われました。現在でも、日本ライフル射撃協会や駐屯地内にある自衛隊体育学校によって使用され国体予選会など多くの大会が開催されています。
2020年までに、オリンピックの高い基準に適合した仮設施設が整備される予定です。
なお、駐屯地内には陸上自衛隊をより身近に感じてもらえる施設として陸上自衛隊広報センターがあり、多くの来場者に親しまれています。

【アクセス】
東武東上線の「朝霞駅」か「和光市駅」下車

  • 射撃場。オリンピック・パラリンピック開催時には仮設設備が整備予定(詳細は未定)
  • 射撃レーン。国体予選会の様子。
  • 隣接する自衛隊体育学校。
  • 自衛隊体育学校は数々のメダリストを輩出している。

施設概要

特徴 仮設施設として整備予定(規模等は未定)