トップ > ボランティア・おもてなし > 埼玉県版ホームステイ(Homestays in Saitama 2020) > 埼玉県版ホームステイトピックス > 第3回埼玉県版ホームステイを実施しました。(2019年(令和元年)8月16日、17日)

ここから本文です。

更新日:2019年9月24日

第3回埼玉県版ホームステイを実施しました。(2019年(令和元年)8月16日、17日)

2019年(令和元年)8月16日(金曜日)と17日(土曜日)の1泊2日の日程で「埼玉県版ホームステイ」を実施しました。

大使館やメディアの関係者など16名が参加し、県内のホストファミリー宅でホームステイをしたほか、東京2020オリンピックの競技会場や秩父地域の観光地を訪れました。

埼玉県版ホームステイ

1日目(8月16日(金曜日))

霞ヶ関カンツリー倶楽部の視察

最初に一行が向かったのは、東京2020オリンピックのゴルフ競技会場となっている霞ヶ関カンツリー倶楽部。

1929年に創立された歴史ある名門ゴルフクラブの雰囲気に一行はすっかり魅了された様子。「手入れが行き届いていて、母国のゴルフ場と比べてもクオリティが高い」と感嘆する参加者もいました。当日はオリンピックのテストイベントとして開催された日本ジュニアゴルフ選手権の男子15~17歳の部の最終ラウンドが行われており、一行は白熱したゴルフマッチを楽しみました。「将来有望な選手のプロ並みのプレーを間近で観られてうれしかった」と語ってくれる参加者もいました。

霞ヶ関カンツリー倶楽部の視察 霞ヶ関カンツリー倶楽部の前での集合写真

   

東秩父村和紙の里

その後一行は、ユネスコ無形文化遺産に登録されている和紙「細川紙」の産地としても有名な東秩父村にある和紙の里へ。

まずは食事処で手打ちそばの昼食。打ちたてのそばの味は格別だったようです。

手打ちそばの昼食

昼食の後は和紙の手漉き作業を体験。参加者はスタッフに手伝ってもらいながら、和紙のはがきを作りました。はがきに季節の花などを思い思いにあしらって、オリジナルの作品を仕上げました。参加者は「伝統的な文化が受け継がれているのは素晴らしい」などと語っていました。

紙漉き体験 和紙のはがきづくり

ホームステイ体験

和紙の手漉き体験を終えた一行は、和紙の里でホストファミリーと対面。すぐに打ち解けた様子で会話をしていました。

ホストファミリーとの対面 ホストファミリーとの対面

和紙の里での集合写真

この後、参加者は各ホストファミリー宅へ向かいました。

浴衣の着付けを体験したり、公民館で地元の祭りで踊られる舞を鑑賞したり、夜遅くまで語り明かしたり…中にはホストファミリーの友人も交えたパーティーを楽しんだ参加者もいたそうです。

参加者からは「このホームステイで日本の家族ができた」、「みんながフレンドリーで感動した」という声が、ホストファミリーからは「英語のわからない私たちに優しく接してくれた。またお会いしたい」といった声が寄せられ、1泊という短い期間ながらも心が通い合う交流が行われました。

ホームステイの様子 ホームステイの様子

ホームステイの様子

2日目(8月17日(土曜日))

長瀞ライン下り

一行は最初に長瀞のライン下りを体験。目の前に広がる渓谷美に魅了されながら、急流では大きな水しぶきをあげて進んでいくスリル満点の川下りです。参加者はびしょ濡れになりながらも笑顔で楽しみました。

長瀞ライン下り 長瀞ライン下り

昼食(わらじかつ丼)

川下りを楽しんだ後はランチタイム。秩父地場産センター内にあるレストランで地元のB級グルメ「わらじかつ丼」を堪能しました。足の大きさほどもあるとんかつが二枚のっている姿に圧倒されながらも、皆「おいしい」と味にも量にも大満足の様子でした。

わらじかつ丼の昼食 わらじかつ丼の昼食

地酒の試飲

昼食後、秩父市内の創業270年の酒蔵、矢尾本店へ。酒蔵や資料館を見学した後は、試飲の時間。5、6種のお酒を参加者同士が酌み交わしながら、それぞれお気に入りの一本を見つけようとしていました。気に入ったお酒が見つかったかどうか尋ねると、「見つかったのですが、一番高いお酒なんですよね」と苦笑いする参加者も。試飲の後は各自気に入ったお酒を購入していました。

酒蔵の工場見学

地酒の試飲 地酒の試飲

秩父神社、秩父まつり会館

その後、2100年の歴史を誇る秩父神社を見学。一行は、鮮やかな色とりどりの木彫りの彫刻が施された社殿に見入っていました。「見ざる、聞かざる、言わざる」で有名な日光東照宮の三猿とは対照的に、「よく見て・よく聞いて・よく話す」お元気三猿として親しまれている彫刻があることを案内すると、参加者は興味深そうに見上げていました。

秩父神社 秩父神社

秩父神社にて集合写真

最後に、秩父神社ゆかりの祭りであり、ユネスコ無形文化遺産にも登録された秩父夜祭の資料を展示している秩父まつり会館を見学。プロジェクションマッピングを駆使して、迫力ある音と映像で再現された秩父夜祭に、参加者は「とても美しい」と感激していました。

秩父まつり会館

今回の埼玉県版ホームステイの概要

期間

2019年(令和元年)8月16日(金曜日)から17日(土曜日)の2日間

参加国 ※アルファベット順

【大使館関係者】

アフガニスタン、オーストラリア、EU駐日代表部、ドイツ、ホンジュラス、ヨルダン、モルジブ、ナイジェリア、南アフリカ、タイ、ベトナム

【メディア関係者】

バングラデシュ

見学場所

  • 霞ヶ関カンツリー倶楽部 
  • 東秩父村和紙の里
  • 長瀞ライン下り
  • 秩父地場産センター 秩父茶房レストラン「春夏秋冬」
  • 矢尾本店
  • 秩父神社
  • 秩父まつり会館