トップ > ボランティア・おもてなし > 埼玉県版ホームステイ(Homestays in Saitama 2020) > 埼玉県版ホームステイトピックス > 埼玉県版ホームステイを実施しました。(2019年(令和元年)5月25日、26日)

ここから本文です。

更新日:2019年9月9日

埼玉県版ホームステイを実施しました。(2019年(令和元年)5月25日、26日)

2019年(令和元年)5月25日(土曜日)と26日(日曜日)の1泊2日の日程で「埼玉県版ホームステイ」を実施しました。

ホームステイには大使館やメディアの関係者など17名が参加し、埼玉の様々な魅力を体験しました。

埼玉県版ホームステイ

1日目(5月25日(土曜日))

さいたま市岩槻区観光

最初に一行が向かったのは、さいたま市民会館いわつき内にある「レストラン大手門」。

埼玉B級グルメで2度優勝した「豆腐ラーメン」で知られるお店で昼食です。ゲストの皆さんは予想以上のボリュームに驚きながらも、ピリ辛な味に食欲を刺激され、箸を持つ手を止めることなく食べ進めていました。

「お店の気楽な雰囲気がいい」、「1人ではこのようなお店に入る機会もないので、連れてきてもらえてよかった」となかなかの好感触でした。。

昼食を終えた一行は、岩槻城址公園を散策。蓮の花が咲く菖蒲池に架かる朱塗りの「八ツ橋」前で記念撮影をしました。

  豆腐ラーメンを食す 桟橋で撮影

人形の東玉

その後一行は、人形のまち岩槻で1852年創業の「人形の東玉」へ。

スタッフの説明を受けながら博物館を見学。工房では職人さんが実際に節句人形を作っている様子を目にして、繊細で高度な技術に目を奪われていました。

 人形博物館を見学 人形技師 

見学を終えた後はストラップ作りを体験。ゲストはスタッフにアドバイスをもらいながら作業に集中し、約1時間かけて完成させました。「思いのほか難しくて、職人に感謝の気持ちを抱いた」と語り、最後にお土産をたくさん購入する参加者もいました。

人形を作るゲスト 作った人形と記念撮影

鈴木酒造

最後に訪れたのは明治4年創業の老舗酒蔵「鈴木酒造」。

鈴木社長による日本酒の作り方の説明を受けながら、酒蔵資料館に展示された創業当時の酒造りを描写した浮世絵や、当時使われていた桶などの道具を見学しました。

その後、社長の特別の計らいで3種類の日本酒を試飲。感想を述べあいながら思い思いに飲み比べをし、お気に入りのお酒を勧めていくうちに自然とお酌スタイルに。

酒蔵資料館見学 試飲

以前から日本酒に興味があったという参加者の1人は、「今まで試飲はもちろん、日本酒の作り方の説明を受けることもなかったので本当に良い機会だった」と語っていました。

一行は満足した表情でお店を後にし、ホストファミリーの待つ岩槻駅へ向かいました。

ホームステイ体験

岩槻駅に到着した一行をたくさんのホストファミリーがお出迎え。

県の担当者が、ホストファミリーとゲストの名前を呼んで引き合わせていきます。自分の名前が呼ばれるのを少し緊張しながら待つ一同。対面したホストファミリーとゲストは握手を交わし、それぞれの家に向かいました。

 ファミリー一同集合 握手

この後、ホストファミリーは、ゲストをそれぞれの方法でおもてなし。

近所の神社でお参り方法をレクチャーしたり、せんべいの手焼き体験に連れて行った方もいたそうです。

また、食事にもおもてなしの心が。日本食を振るまったホストファミリーが多く、ゲストは「てんぷらや魚が美味しかった」、「おもてなしが素晴らしかった」と話していました。

 手焼きせんべい 一家集合

2日目(5月26日(日曜日))

ホームステイを終えたゲストたちは、ホストファミリーとともに浦和美園駅に集合。すっかり打ち解けた様子で談笑していました。

ゲストたちは、「子供たちと同じ部屋で楽しかった」、「ホストファミリーと過ごした時間はかけがえのないものになった。また是非参加したい」と感想を述べていました。

別れ際にはホストファミリーと連絡先を交換するゲストも。1泊という短い時間の中でも、強い繋がりができたことがうかがえました。

 浦和美園駅集合

埼玉スタジアム2○○2 バックヤードツアー&試合観戦

一行は東京2020大会でサッカーの競技会場となる「埼玉スタジアム2○○2」のバックヤードツアーに参加。

選手入口、ミーティングルーム、ロッカールーム、トレーニングルーム、VIPルームを見学。

フラッシュインタビューゾーン(選手が試合前に整列する場所)からピッチへと続く階段を上ってフィールドに着いた瞬間、一同からは歓声が上がり、テンションは最高潮に。「まるで選手みたいだ」と言いながら、フィールドからの眺めを写真に収めていました。

ミーティングルーム ピッチで集合

ツアーの後、「浦和レッズVSサンフレッチェ広島」の試合を観戦。両チームのサポーターが旗を振りながら応援コールを始めると、その熱狂ぶりに驚くゲストたち。

試合観戦を終え、「施設の中が見られて貴重な体験だった」、「サポーターの熱気を感じ、浦和レッズの人気の高さがわかった」と興奮気味に語ってくれました。

 旗を振るサポーター 観戦中

今回の埼玉県版ホームステイの概要

期間

2019年(令和元年)5月25日(土曜日)から26日(日曜日)の2日間

参加国 ※アルファベット順

【大使館関係者】

ギリシャ、ハイチ、イラク、リトアニア、オランダ、スリランカ

【メディア関係者】

ブラジル

【JETプログラム(語学指導等を行う外国青年招致事業)参加者、留学生】

オーストラリア、カナダ、スペイン、イギリス、アメリカ

大宮駅で記念撮影

見学場所

  • レストラン大手門
  • 岩槻城址公園
  • 人形の東玉
  • 鈴木酒造
  • 埼玉スタジアム2〇〇2