トップ > キャンプ誘致・ホストタウン > ホストタウンの取組 > 「KARATE1プレミアリーグ」に向け、各国空手チームが埼玉県で事前合宿を行いました

ここから本文です。

更新日:2020年6月3日

「KARATE1プレミアリーグ」に向け、各国空手チームが埼玉県で事前合宿を行いました

2019年(令和元年)9月6日(金曜日)から同月8日(日曜日)に日本武道館で開催された「KARATE1プレミアリーグ」の事前調整のため、タイ、ブラジル、オランダの空手チームが県内で合宿を行いました。

タイは川越市で合宿。市主催の歓迎会では、タイ人選手が演舞を披露しました。キレのある演舞が終わると会場は大きな拍手に包まれました。

また、練習の合間には市内空手教室の児童に稽古をつけてくれました。オリンピック候補選手の胸を借りての練習は、児童にとって一生の思い出となったことでしょう。

歓迎会で演武を披露するタイ代表選手

児童に空手を教えるタイチーム選手

ブラジルは新座市、オランダはさいたま市でそれぞれ合宿。両国の選手は合同練習も行いました。

ブラジルチームの練習に加わったオランダ選手のため、ブラジル人選手が練習の内容を身振り手振りで説明する風景も。大会を目前に控え、練習中はピンと張り詰めた空気が漂っていましたが、練習後は楽しそうに談笑している姿が印象的でした。

オランダと一緒に練習するブラジルチーム

ブラジル・オランダチームの記念写真

市民向け応援ツアー

新座市と川越市は「KARATE1プレミアリーグ」に出場するホストタウン相手国のブラジルとタイを応援するため、それぞれ市民応援ツアーを実施しました。

両市は近くに陣取り、応援合戦を展開。

異国の地で戦う選手にとって、ホストタウンの皆さんの声援が大きな力になりました。

ブラジルチームを応援する新座市市民

川越市・新座市民応援団チームの集合写真

KARATE1プレミアリーグについて

年間7回開催されている世界空手連盟(WKF)が主催する空手の国際大会。世界シニアランキング100位以内の選手のみに参加権があり、各種目64名まで出場可能となっています。今大会は第5戦であり、東京2020大会で空手の競技会場となっている「日本武道館」で開催されるため、東京2020テストイベントに位置付けられています。

事前合宿の概要

期間

【タイ】

2019年(令和元年)8月14日(水曜日)から8月18日(日曜日)までの5日間

【ブラジル】

2019年(令和元年)8月26日(月曜日)から9月4日(水曜日)までの10日間

【オランダ】

2019年(令和元年)9月1日(日曜日)から9月5日(木曜日)までの5日間

目的

「KARATE1プレミアリーグ」に向けたコンディション調整のため

参加者

【タイ】

  • ウォラカーン・ソダ
  • プリット・サイヤソンパット
  • スパ・ニャームプンピット
  • ソンウット・ムンテェーン
  • ティラワット・クラントーン
  • ピカネート・スックイック
  • パウィナー・ラックサチャート
  • ティッパワン・ダムシー
  • アーム・スックキアウ
  • ガノックワン・クワンウォン
  • モンシシャ・サクンラタナタラー

【ブラジル】

  • アダム・ロサ・ラモス
  • ブレノ・マテウス・デ・ソウザ・テイシェイラ
  • ダグラス・サントス・ブローゼ
  • ジェシカ・リニャレス・デ・パウラ
  • ラファエル・カマルゴス・ナシメント
  • ステファニー・トレヴァサン・デ・リマ
  • ヴァレリア・クミザキ
  • ヴィニシウス・レゼンデ・フィゲイラ

【オランダ】

  • シスカ・ファンデルフォールト