彩の国インフォメーション

Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 【防災】土砂災害特別警戒区域を追加指定しました

ここから本文です。

掲載日:2018年4月18日

【防災】土砂災害特別警戒区域を追加指定しました

安全

埼玉県

防災の準備をするコバトンの画像

 埼玉県では、土砂災害から県民の生命を守ることを目的として、土砂災害防止法に基づき、土砂災害特別警戒区域の指定を進めています。

 今回、平成30年4月13日(金曜日)付けで、新たに秩父市の117箇所、小鹿野町の25箇所を土砂災害特別警戒区域に指定しました。

 また、土砂災害を防止する工事の実施等により、指定の事由が無くなった吉見町の1箇所の一部について土砂災害特別警戒区域の指定を解除しました。

 これにより、土砂災害特別警戒区域は県内の38市町村で合計4,370箇所となりました。

 土砂災害特別警戒区域においては、特定の開発行為に対する制限、建築物の構造規制等が課されます。

 土砂災害防止法の概要及び区域指定箇所の概要図については、埼玉県ホームページでご覧いただけますので、詳細はリンク先をご確認ください。

【土砂災害特別警戒区域とは】
 土砂災害警戒区域のうち、急傾斜地の崩壊等が発生した場合に建築物に損壊が生じ、住民に著しい危害が生じるおそれのある区域で、一定の開発行為の制限や居室を有する建築物の構造を規制すべき区域のことを指します。