Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県公安委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2020年11月12日

令和2年9月30日定例会議の会議録

1.開催日

令和2年9月30日(水曜日)

2.出席者     

(1)公安委員会 

  • 塩川委員長 
  • 加村委員          
  • 知久委員
  • 野瀬委員 
  • 桐澤委員

(2)警察本部 

  • 総務部長
  • 警務部長
  • 生活安全部長
  • 地域部長
  • 刑事部長  
  • 交通部長
  • 警備部長  
  • 警察学校長
  • 関東管区警察局埼玉県情報通信部長    
  • 公安委員会室長
  • 公安委員会補佐
  • 総務課次席
  • 監察官
  • 訟務官 
  • 人身安全対策課長 
  • 捜査第四課次席 
  • 運転管理課長      

3.議事の概要

(1)決裁事項

ア 青森県公安委員会からの援助要求について

警備部長から、重要防護施設の警戒警備等に万全を期するため、青森県公安委員会から埼玉県公安委員会に対してなされた警察官の援助要求について説明があり、審議の結果、これを決裁した。委員長から「新型コロナウイルスに限らず、インフルエンザの流行時期にもなることから、派遣される職員の感染防止対策等、しっかりと準備して送り出していただきたい。」旨の発言があった。 

イ 公安委員会宛ての苦情について

総務課から、公安委員会宛ての苦情の処理及び受理について説明があり、決裁した。 

ウ 埼玉県暴力団排除条例を適用した勧告の実施について

捜査第四課から、埼玉県暴力団排除条例を適用した勧告の実施について説明があり、決裁した。 

エ 運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等及び行政処分について

運転管理課から、運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等及び行政処分について説明があり、決裁した。 

(2)報告事項

ア ストーカー事案及び配偶者暴力事案の対応状況(令和2年上半期)について

生活安全部長から、令和2年上半期におけるストーカー事案及び配偶者暴力事案の対応状況について報告があった。委員長から、「様々な相談を多く受けると思うが、引き続き丁寧な対応をしていただき、不幸な結果が少なくなるようご尽力いただきたい。」旨の発言があった。

イ ツイッターにおけるSMS認証代行抑止対策の実施について

生活安全部長から、ツイッターにおいてSMS認証代行を請け負う旨の投稿が横行していることから、これらの投稿に対してSMS認証代行が違法行為である旨の注意喚起を行って、違法行為を抑止し、サイバー空間の安全確保を図ることについて報告があった。委員から、「良い取組だと思う。最近、こういった投稿がかなり見受けられ、中には利用する者もいると思われる。抑止に向け、引き続きよろしくお願いしたい。」旨の発言があった。

ウ 電動工具等を対象とした窃盗事件等の検挙について

刑事部長から、捜査第三課及び浦和西警察署は、令和2年9月16日までに、転売目的で新築工事現場や駐車車両から電動工具や温水洗浄便座等を窃取した車上ねらいや侵入窃盗事件について被疑者らを検察庁に送致したことについて報告があった。 

エ 警衛・警護等の実施結果と予定について

警備部長から、警衛・警護等に関し、令和2年9月16日から同月29日までの間における実施結果及び令和2年9月30日から同年10月6日までの間における実施予定について報告があった。

オ 監察の取扱い事案について

監察官室から、監察の取扱い事案について報告があった。

カ 職務執行苦情取扱状況(令和2年8月中)について

監察官室から、令和2年8月中における警察宛ての苦情の取扱状況について報告があった。 

キ ストーカー行為等の規制等に関する法律における対応状況(令和2年8月中)について

人身安全対策課から、令和2年8月中におけるストーカー行為等の規制等に関する法律における対応状況について報告があった。

 

 

 

委員長から、「今年は年初めから、国難とも言うべきコロナ禍という事態に直面してきた。その中で、現場の警察職員の方も、現場に出向いて新型コロナウイルスに感染した事例があった。そうした中、警察力のパワーダウンを心配したが、本部からの応援体制を図るなどして、しっかりと取り組んでいただいた。最近、社会経済活動が活発化しつつあり、その中での新型コロナウイルス抑止という二律背反な課題について取り組んでいるが、世間では緊張感が緩んでいるような場面も見受けられ、気になっているところである。新型コロナウイルス対応は大変であるが、引き続き緊張感を持って取り組んでいただきたい。また、先程、青森県への特別派遣の際にも申し上げたが、インフルエンザの時期になってきて、新型コロナウイルスとの見分けがつきにくくて大変であると思うが、現場の警察職員が健康をしっかりと維持し、適切に職務が遂行できるような環境を引き続き維持していただきたい。」旨の発言があった。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

警察本部総務部 総務課 公安委員会室

郵便番号330-8533 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?