Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県公安委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2021年1月14日

令和2年11月25日定例会議の会議録

1.開催日

令和2年11月25日(水曜日)

2.出席者     

(1)公安委員会 

  • 塩川委員長 
  • 加村委員      
  • 知久委員
  • 野瀬委員 
  • 桐澤委員

(2)警察本部  

  • 警察本部長 
  • 総務部長
  • 警務部長
  • 生活安全部長
  • 地域部長
  • 刑事部長  
  • 交通部長
  • 警備部長  
  • 警察学校長
  • 関東管区警察局埼玉県情報通信部長
  • 総務課長
  • 公安委員会室長
  • 警務課長 
  • 人身安全対策課長
  • 保安課長
  • 捜査第四課長   
  • 運転管理課長  

3.議事の概要

(1)決裁事項 

ア 公安委員会宛ての苦情について

総務課から、公安委員会宛ての苦情の処理及び受理について説明があり、決裁した。 

イ 犯罪被害者等給付金の支給裁定について

警務課から、犯罪被害者等給付金の支給裁定について説明があり、決裁した。 

ウ 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく行政処分について

保安課から、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく行政処分について説明があり、決裁した。

エ 住吉会の暴力団員等に対する再発防止命令発出に係る意見聴取の実施及び再発防止命令の発出について

捜査第四課から、住吉会の暴力団員等に対する再発防止命令発出に係る意見聴取の実施及び再発防止命令の発出について説明があり、決裁した。 

オ 運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等及び行政処分について

運転管理課から、運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等及び行政処分について説明があり、決裁した。 

(2)報告事項

ア 埼玉県議会12月定例会の会期予定について

総務部長から、埼玉県議会12月定例会の会期予定について報告があった。 

イ 年末年始特別警戒取締りの実施について

生活安全部長から、年末年始に発生が懸念される強盗等の重要犯罪及び交通死亡事故の抑止並びに雑踏事故の絶無を図るため、令和2年12月15日から令和3年1月3日までの間、警察力を結集して警戒取締り活動を推進することについて報告があった。

ウ 電子書籍に係る著作権法違反事件の検挙について

生活安全部長から、生活経済課及び越谷警察署は、令和2年11月17日に、著作権を有する成人向け漫画である電子書籍の著作物をCD-ROMに記録して複製した上、販売して譲渡し、著作権者の著作権を侵害した被疑者を逮捕したことについて報告があった。

エ 強盗致傷事件等の検挙について

刑事部長から、捜査第一課及び大宮西警察署は、令和2年11月17日までに、強盗の目的で令和元年11月28日、さいたま市大宮区内の一般住宅に侵入して家人等に対して脅迫し、さらに鉄棒様の物で殴るなどの暴行を加えて現金を強取しようとしたが、被害者の家族に発見されたためその目的を遂げなかった被疑者らを逮捕したことについて報告があった。

オ トルコ人グループによる窃盗事件の検挙について

刑事部長から、国際捜査課、川口警察署及び秩父警察署は、令和2年11月13日までに、令和2年7月ころから同年9月17日までの間、秩父市内の空き家に窓ガラスを割って侵入し、財布を窃取した被疑者らを逮捕したことについて報告があった。

カ 令和2年度航空観閲式に伴う警備措置について

警備部長から、令和2年11月28日、航空自衛隊入間基地において実施される令和2年度航空観閲式に伴う警備措置について報告があった。 

キ 警衛・警護等の実施結果と予定について

警備部長から、警衛・警護等に関し、令和2年11月18日から同月25日までの間における実施結果及び令和2年11月25日から同年12月2日までの間における実施予定について報告があった。 

ストーカー行為等の規制等に関する法律における対応状況(令和2年10中)について

人身安全対策課から、令和2年10月中におけるストーカー行為等の規制等に関する法律における対応状況について報告があった。 

 

 

 

委員から、「11月20日に秩父警察署を視察し、署の概要や山岳救助隊の活動に関する説明を受けるとともに、今年の4月から山岳救助隊と大滝駐在所にそれぞれ配置された女性職員との意見交換を行った。山岳救助隊の説明では、非常に険しい中で滑落をした方の救助等、年間でかなりの対応をされていると伺って、改めて大変な活動であると思った。小枝が折れているという僅かな痕跡から滑落場所を見つけて遭難者を救助したというお話もあり、細部にもかなり気を留めて活動していると感じた。配置された女性隊員は、山岳救助技術についても、今年から始めたにしてはかなり上達していると伺った。装備品だけでもかなりの重量で、実際の救助現場では更に重い荷物を背負う必要があり、体力をつけなければというお話をしていた。また、大滝駐在所にご夫婦で勤務されている女性職員は、希望が叶って駐在所に勤務しているということであり、配置にはいろいろ調整が必要であったと思うが、女性が活躍できる場が広がっているものと感じた。職場の感想について、組織的にも様々なフォローがされており、安心して勤務ができるというお話をしていた。」、「11月18日に、航空隊視察を行った。航空隊長から活動概要の説明を受けたが、救助や巡回など様々な活動を行っているとのことであり、特殊な技術を持っている優秀な方々が、生き生きと勤務している状況を垣間見ることができて、非常に有意義であった。」旨の発言があった。 

委員長から、「今年は年当初から新型コロナウイルス感染症防止対策で大変であった。このコロナ禍において、現場の職員が公務遂行中に感染したということもあったが、応援体制がしっかりと構築され、治安が維持されていると感じている。これから年末年始に向けて事件事故の多発が予想されるので、引き続き気を引き締めて対応をお願いしたい。再三申し上げているが、ただでさえ緊張しなければならない仕事であるのに、感染拡大は未だ収束しておらず、警戒と緊張が継続され、ストレスも溜まっていくものと思われる。職員の皆様におかれては、心身ともにバランスのとれた形で、治安の維持に努めていただきたい。」旨の発言があった。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

警察本部総務部 総務課 公安委員会室

郵便番号330-8533 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?