Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県公安委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2019年11月18日

令和元年9月18日定例会議の会議録

1.開催日

令和元年9月18日(水曜日)

2.出席者     

(1)公安委員会

  • 知久委員長
  • 野瀬委員       
  • 松本委員  
  • 利根川委員
  • 塩川委員     

(2)警察本部   

  • 警察本部長
  • 総務部長   
  • 警務部長
  • 生活安全部長
  • 地域部長
  • 刑事部長
  • 交通部長
  • 警備部長
  • 警察学校長
  • 関東管区警察局埼玉県情報通信部長
  • 総務課長     
  • 公安委員会室長 
  • 警務課長   
  • 訟務官
  • 保安課長
  • 交通捜査課長 
  • 運転管理課長 

3.議事の概要

(1)決裁事項 

ア 青森県公安委員会からの援助要求について

警備部長から、重要防護施設の警戒警備等に万全を期するため、青森県公安委員会から埼玉県公安委員会に対してなされた警察官の援助要求について説明があり、審議の結果、これを決裁した 

イ 犯罪被害者等給付金の支給裁定について

警務課から、犯罪被害者等給付金の支給裁定について説明があり、決裁した。 

ウ 運転免許行政処分に対する審査請求について

監察官室から、運転免許行政処分に対する審査請求について説明があり、決裁した。

エ 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく行政処分について

保安課から、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に基づく行政処分について説明があり、決裁した。

運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等及び行政処分について

運転管理課から、運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等及び行政処分について説明があり、決裁した。

(2)報告事項

ア 少年非行と福祉犯の状況(令和元年上半期)について

生活安全部長から、令和元年上半期における少年非行と福祉犯の状況について報告があった。委員長から、「刑法犯少年は減少しているが、スクール・サポーター等の活動も減少要因の一つではないかと思う。他方でSNSに起因する被害児童数は増加しており、非行防止教室によりSNSの危険性を訴えていく必要がある。引き続き、少年の非行防止、健全育成に努めてもらいたい。」旨の発言があった。

イ 夏期における水難・山岳遭難発生状況について

地域部長から、令和元年7月1日から8月31日までにおける水難、山岳遭難発生状況について報告があった。委員長から、「今年は水難、山岳遭難の発生件数が昨年と比べて減少した。引き続き、関係機関と連携して防止対策を進めてもらいたい。」旨の発言があった。委員から、「県警のヘリコプタと消防のヘリコプタの活動のすみ分けはどうなっているのか。」旨の質問があり、地域部長から説明があった。

ウ 暴力団員らによる偽造有価証券行使、詐欺等事件の検挙について

刑事部長から、捜査第二課及び本庄警察署は、令和元年9月10日までに、平成31年4月2日、大阪市中央区内の金券等買取店において、偽造JCBギフトカード券を真正のもののように装って売却し、現金を詐取しようとした被疑者らを逮捕したことについて報告があった。

エ ベトナム人による広域にわたる大量万引き事件の検挙について

刑事部長から、国際捜査課、熊谷警察署及び秩父警察署は、令和元年9月13日までに、平成30年10月から令和元年5月までの間、10県下のドラッグストア等において、化粧品等を窃取した被疑者らを逮捕し、所要の捜査により余罪事件をさいたま地方検察庁に送致したことについて報告があった。

オ 運転免許の自主返納支援施策について~詩人「相田みつを」作品の反射材の配布~

交通部長から、運転免許証を自主返納した高齢者に対して長年の安全運転への感謝の意を込めて、詩人「相田みつを」氏の作品の反射材を配付するなど支援施策を実施することで、更なる運転免許の自主返納制度の周知を図ることについて報告があった。知久委員長から、「素晴らしい反射材が作成できた。『相田みつを』氏の作品は人気があるので、反射材を着用する方が増えることを期待している。」旨の発言があった。

カ 反射材デザインコンテストの実施結果について

交通部長から、年齢を問わず身に付けることができる反射材のデザインを公募し、自らデザインや選考に関わることで関心を高め、その利用を促進することにより、歩行者の交通事故防止を図ることを目的に実施した反射材デザインコンテストの実施結果について報告があった。委員長から、「これから日没時間が早くなるので、事故防止のため、反射材を配布して着用を促す必要がある。」旨の発言があり、交通部長から説明があった。

キ 警衛・警護等の実施結果と予定について

警備部長から、警衛・警護等に関し、令和元年9月11日から同月17日までの間における実施結果及び令和元年9月18日から同月24日までの間における実施予定について報告があった。

ク 初任科第284期生の卒業式について

警察学校長から、令和元年9月26日、警察学校において、初任科第284期生の卒業式を挙行することについて報告があった。 

ケ 熊谷警察署管内発生の死亡ひき逃げ事件捜査について

交通捜査課から、熊谷警察署管内発生の死亡ひき逃げ事件捜査について報告があった。

 

 

 

委員長から、「台風15号の影響により、千葉県では大規模な停電が発生し、復旧が大幅に遅れ、生活に支障をきたしている状況が続いている。仮に、今回の台風が埼玉県を縦断した場合、同じような状況になった可能性もあり、地震や水害以外の災害対応として教訓にすべきではないかと思う。日頃からあらゆる事案を想定して、県民の安全確保のため準備に遺漏のないようにお願いしたい。」旨の発言があった。

 ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

警察本部総務部 総務課 公安委員会室

郵便番号330-8533 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?