Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県公安委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2019年4月17日

平成31年2月20日定例会議の会議録

1.開催日

平成31年2月20日(水曜日)

2.出席者     

(1)公安委員会

  • 知久委員長
  • 野瀬委員  
  • 木村委員
  • 松本委員     
  • 利根川委員  

(2)警察本部 

  • 警察本部長
  • 総務部長    
  • 警務部長
  • 生活安全部長
  • 地域部長
  • 刑事部長
  • 交通部長
  • 警備部長
  • 警察学校長
  • 関東管区警察局埼玉県情報通信部長   
  • 総務課長  
  • 公安委員会室長
  • 監察官室長
  • 訟務官 
  • 捜査第四課長 
  • 交通捜査課長   
  • 運転管理課長

3.議事の概要

(1)決裁事項

ア 行政訴訟事件の発生及び応訴方針について

監察官室から、行政訴訟事件の発生及び応訴方針について説明があり、決裁した。

イ 埼玉県暴力団排除条例違反を適用した勧告の実施について

捜査第四課から、暴力団主催の親睦会に加入した事業者による利益供与事案について、埼玉県暴力団排除条例を適用した勧告を実施する旨について説明があり、決裁した。

ウ 運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等及び行政処分について

運転管理課から、運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等及び行政処分について説明があり、決裁した。 

(2)報告事項

ア 警察署長会議の開催について

総務部長から、平成31年3月20日、警察本部において、警察署長会議を開催することについて報告があった。

イ 被疑者取調べ監督の実施状況(平成30年中)について

総務部長から、平成30年中における被疑者取調べ監督の実施状況について報告があった。委員長から、「教養資料として、DVDを作成したとのことであるが、有効活用して、監督対象行為の絶無を期してもらいたい。」旨の発言があった。

ウ 大宮南銀座地区の違法風俗店に対する一斉立入りの実施について

生活安全部長から、県下最大の繁華街、歓楽街である大宮南銀座地区において、より効果的な取締りを行うべく、悪質店舗との風評のある風俗店に対する一斉立入りを実施したことについて報告があった。委員長から、「違法風俗店に対する一斉立入りは、継続的に実施していく必要がある。」旨の発言があった。

エ 平成30年度サイバーセキュリティコンテスト(決勝)の結果について

生活安全部長から、平成31年2月13日に警察大学校で開催された、平成30年度サイバーセキュリティコンテスト(決勝)において、本県代表のサイバー犯罪対策課チームが2位となり、警察庁長官から表彰を受けたことについて報告があった。委員長から、「埼玉県警のサイバー犯罪への対応能力の高さを示せた。一層の対応能力向上のため、優秀なサイバー犯罪捜査に携わる者の採用についても尽力してもらいたい。」旨の発言があった。

オ 殺人事件の検挙について

刑事部長から、捜査第一課と浦和警察署は、平成31年2月14日に、1月1日にさいたま市内の自宅において、被害者の首を絞め、殺害した被疑者を、殺人で通常逮捕した旨の報告があった。

カ 重過失致死事件の検挙について

刑事部長から、捜査第一課と蕨警察署は、平成31年2月15日に、平成29年1月28日に戸田市内の自宅において、被害者を長時間入浴させて放置し、脱水によるショック状態に陥らせ、死亡させた被疑者らを、重過失致死で検察庁に送致した旨の報告があった。

キ 警衛・警護等の実施結果と予定について

警備部長から、警衛・警護等に関し、平成31年2月13日から同月19日までの間における実施結果及び同月20日から同月26日までの間における実施予定について報告があった。

ク 県機動隊の活動状況(平成30年)について

警備部長から、平成30年中における県機動隊の活動状況について報告があった。委員長から、「機動隊の活動も多くなってきている。今年、来年と大規模なイベントが控え、今後も活動が増加することが予想されるが、引き続き、機動隊の練度を高め、各種警備等に備えてもらいたい。」旨の発言があった。

ケ 人事案件について

警務部長等から、人事案件について報告があった。 

コ 監察の取扱い事案について

監察官室から、監察の取扱い事案について報告があった。

サ 平成30年部門別成績優秀警察署表彰受賞所属の決定について

監察官室から、平成30年における部門別成績優秀警察署表彰受賞所属の決定について報告があった。 

シ 警察宛ての苦情について

監察官室から、平成31年1月中における警察宛ての苦情の取扱状況について報告があった。

ス 交通捜査課の取扱い事案について

交通捜査課から、交通捜査課の取扱い事案について報告があった。 

 

 

 

委員長から、「2月15日、『警察署協議会代表者会議』を開催した。今回は新たな試みとして『2部制』とし、第2部では、委員を座長として各班に別れ、『警察協議会の活性化』をテーマとして意見交換を行った。私は、浦和東、浦和西など、いわゆる中規模警察署のグループの座長を務めたが、予想以上に活発な意見が交わされた。その他の班についても、各委員から聞くと活発な意見が交わされたとのことであり、有意義な会議になったのではないかと思う。警察署協議会は、平成13年6月に『警察改革』の大きな柱の一つとして、地域住民の方々の意見を警察行政に生かすことを目的に設置された。その目的を忘れず、また、警察の良き理解者として、引き続き、警察署協議会の適切な運営に配意していただきたい。」旨の発言があった。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

警察本部総務部 総務課 公安委員会室

郵便番号330-8533 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?