Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県公安委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2018年10月15日

平成30年9月5日定例会議の会議録

1.開催日

平成30年9月5日(水曜日)

2.出席者     

(1)公安委員会

  • 松本委員長
  • 知久委員  
  • 木村委員   
  • 野瀬委員
  • 利根川委員  

(2)警察本部 

  • 警察本部長 
  • 総務部長 
  • 警務部長
  • 生活安全部長
  • 地域部長
  • 刑事部長
  • 交通部長
  • 警備部長
  • 警察学校長
  • 関東管区警察局埼玉県情報通信部長 
  • 総務課長   
  • 公安委員会室長
  • 留置管理課長 
  • 訟務官
  • 交通規制課長 
  • 運転管理課長     

4.議事の概要

(1)決裁事項

ア 人事案件について

警務部長から、人事案件について説明があり、決裁した。 

イ 公安委員会宛ての苦情について

総務課から、公安委員会宛ての苦情の処理結果通知及び苦情の受理等について説明があり、決裁した。

ウ 運転免許行政処分に対する審査請求について

監察官室から、運転免許行政処分に対する審査請求について説明があり、決裁した。

エ 交通規制実施等概要について

交通規制課から、信号機の移設及び廃止について説明があり、決裁した。 

オ 運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等と行政処分について

運転管理課から、運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等と行政処分について説明があり、決裁した。

(2)報告事項

ア 埼玉県議会9月定例会の会期予定について

総務部長から、埼玉県議会9月定例会の会期予定について報告があった。委員長から、「警察危機管理防災委員会の付託議案になっている『IPR型警察移動無線通信システム』については、以前説明を受けたが、警察の装備資機材が進化してきていることを実感している。県議会に対しても丁寧に説明をしてもらいたい。」旨の発言があった。

イ 平成30年広報用写真コンクールの実施結果について

総務部長から、平成30年8月21日に警察本部において実施された平成30年広報用写真コンクールの実施結果について報告があった。委員から、「素晴らしい作品ばかりで審査は難しかったのではないかと思う。」旨の発言があった。委員から、「今年から開催日を2日間に延ばしたところ、職員からの投票が倍増したとのことであり、とても良いコンクールになったのではないかと思う。」旨の発言があった。

ウ 平成30年度埼玉県警察柔道剣道大会の開催について

警務部長から、平成30年10月18日、埼玉県立武道館において、平成30年度埼玉県警察柔道剣道大会を開催する旨の報告があった。

エ サイバーセキュリティキャリア研究セミナーの開催について

生活安全部長から、警察や企業等から学生にサイバーセキュリティの重要性、直面する課題への取組、その仕事のやりがい等を伝えることで、学生のセキュリティに対する関心を高めるため、平成30年11月4日、国立大学法人埼玉大学において、サイバーセキュリティキャリア研究セミナーを開催することについて報告があった。委員から、「このセミナーを受講すると資格を取得できるようなメリットはあるのか。」旨の発言があり、生活安全部長から説明があった。委員長から、「優秀な人材を確保する観点でもセミナーの開催は有益であると思う。」旨の発言があった。

オ 誤認逮捕事案の発生について

刑事部長から、深谷警察署において発生した、誤認逮捕事案の概要及び再発防止対策について報告があった。委員から、「誤認逮捕事案の発生について県民からの反響はあったのか。」旨の発言があり、総務部長から説明があった。委員から、「捜査も難しいと思うが、今回の件はもう少し注意すべきであった。」旨の発言があった。委員から、「防犯カメラや供述を鵜呑みにせず、もう一歩踏み込んだ捜査を進めるべきであった。」旨の発言があり、刑事部長から再発防止に努める旨の説明があった。

カ 業務上過失致死事件の検挙について

刑事部長から、捜査第一課と浦和東警察署は、平成30年8月27日に、平成29年8月24日、さいたま市緑区内の保育園において、プール遊びをしていた被害者を溺れさせ死亡させた被疑者を、業務上過失致死で検察庁に送致した旨の報告があった。委員から、「保育園に勤務する者は、救急法等の救命に関する講習を受講するなど、万が一、子供が溺れた場合の基本的な救命措置を学ぶべきだと思う。」旨の発言があった。

キ 日高市職員による詐欺事件の検挙について

刑事部長から、捜査第二課と飯能警察署は、平成30年8月30日に、平成29年8月2日に、日高市内のドラッグストアにおいて、職務上取り扱った他人名義のクレジットカードを不正に利用し、歯ブラシ等をだまし取った被疑者を、詐欺で通常逮捕した旨の報告があった。委員長から、「クレジットカードを不正に利用して現金を引き出した事実はあるのか。」旨の発言があり、刑事部長から説明があった。委員から、「市役所には引き渡された物品の保管管理を徹底してもらいたい。」旨の発言があった。

ク 交通事故発生状況(平成30年8月末・概数)について

交通部長から、平成30年8月末の交通事故発生状況及び過去5年間の9月の特徴と対策について報告があった。

ケ 平成30年秋の全国交通安全運動の実施について

交通部長から、広く県民に交通安全思想の普及及び浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに、県民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより、交通事故防止の徹底を図るため、平成30年9月21日から同月30日までの間、平成30年秋の全国交通安全運動を実施することと期間中における主な取組等について報告があった。委員から、「鞄に反射材を付けているが、その反射材を見て『欲しい』と言われることが多い。交通事故抑止対策の一環として反射材の配布を一層進めてもらいたい。」旨の発言があった。

コ 警衛・警護等の実施結果と予定について

警備部長から、警衛・警護等に関し、平成30年8月22日から同年9月4日までの間における実施結果及び同年9月5日から同月11日までの間における実施予定について報告があった。 

サ 新座・朝霞警察署合同テロ対処訓練の実施について

警備部長から、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を見据え、競技会場近くのソフトターゲットにおいて、テロ事案を想定した初動対処訓練を実施し、突発重大事案発生時における関係機関との連携を含めた初動措置の万全を期するため、平成30年9月11日、東武鉄道志木駅において、新座・朝霞警察署合同テロ対処訓練を実施することについて報告があった。委員から、「志木駅は乗降客が多いので、電車の遅延を発生させることなく訓練を実施してもらいたい。」旨の発言があり、警備部長から説明があった。

シ 西入間警察署留置施設における自殺企図事案の発生について

留置管理課から、西入間警察署留置施設において発生した自殺企図事案について報告があった。委員から、「亡くなった方に持病はあったのか。」旨の発言があり、留置管理課長から説明があった。委員長から、「今回の事案を踏まえて再発防止に努めていただきたい。」旨の発言があった。 

委員から、「昨日、大宮警察署協議会の視察を行った。大宮警察署議会では『災害対策』について協議されたが、協議会会長を中心に各委員から活発な意見が出されており、住民の声を聴く警察署長の諮問機関として協議会がしっかりと機能していると感じた。私からは、今後も地域住民の代表として住民の視点から意見・要望を出してもらい、警察署と地域住民の懸け橋としての役割を果たしていただくようお願いした。また、協議会に先立ち、若手職員との意見交換を行った。意見交換会は『新庁舎設立・移転に伴う自己に与えた効果』という大きなテーマに沿って意見交換がなされたが、各人が自分の考えをしっかりと持っており、皆、前向きに、そして、新庁舎ができたことで仕事へのモチベーションを高く持ち勤務している印象を受けた。私からは、県内はもとより、県外にも誇れる設備を持つ大宮警察署新庁舎で勤務していることを誇りに感じて勤務してほしいと激励した。視察の最後に加茂宮交番を視察した。管内に大規模商業施設を抱えているため万引きや自転車盗が多発しているなど第一線の現場で勤務している勤務員の声を聞くことができた。私からは、体調管理に留意し、地域住民から頼られる警察官として活動してほしいと激励した。」旨の発言があった。

委員長から、「8月25日、26日の両日、『9都県市合同防災訓練』に出席した。県警からも、機動隊や航空隊等の本部所属のほか、訓練場所を管轄する大宮警察署、岩槻警察署が参加し、航空隊のヘリから隊員が降下して、負傷者を救助するなど、本番さながらの緊張感のある訓練となった。また、訓練に併せて装備資機材を視察したが、負傷者等を救助するために高度な装備資機材が整備されていることを実感した。この両日は、大変暑い中での訓練となり、参加された職員は大変だったと思うが、災害はいつ起きてもおかしくないので、この訓練を契機として、各種災害への対応について確認と準備をお願いしたい。今回、富田警察本部長を迎え、最初の公安委員会定例会議が行われた。警察本部長のもと、1万2千人を超える県警察職員が一丸となって、県民の方々が真に安全と安心を実感できる埼玉県を目指して、ご尽力いただきたい。」旨の発言があった。 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

警察本部総務部 総務課 公安委員会室

郵便番号330-8533 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎

電話:048-832-0110

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?