Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県公安委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2019年1月31日

平成30年12月26日定例会議の会議録

1.開催日

平成30年12月26日(水曜日)

2.出席者     

(1)公安委員会

  • 知久委員長
  • 野瀬委員  
  • 木村委員
  • 松本委員     
  • 利根川委員  

(2)警察本部 

  • 警察本部長
  • 総務部長   
  • 警務部長
  • 生活安全部長
  • 地域部長
  • 刑事部長
  • 交通部長
  • 警備部長
  • 警察学校長
  • 関東管区警察局埼玉県情報通信部長   
  • 総務課長  
  • 公安委員会室長  
  • 訟務官
  • 人身安全対策課長  
  • 運転管理課長

3.議事の概要

(1)決裁事項

ア 公安委員会宛ての苦情について

総務課から、公安委員会宛ての苦情の処理結果通知及び苦情の受理並びに苦情の追加受理について説明があり、決裁した。

イ 公安委員会宛ての要望への対応について

総務課から、公安委員会宛ての要望への対応について説明があり、決裁した。

ウ 放置違反金納付命令に対する審査請求について

監察官室から、放置違反金納付命令に対する審査請求について説明があり、決裁した。

エ 運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等及び行政処分について

運転管理課から、運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等及び行政処分について説明があり、決裁した。

(2)報告事項

ア 情報セキュリティ理解度測定実施結果について

総務部長から、情報セキュリティ理解度測定の実施結果について報告があった。委員から、「警察情報の漏えいは影響が大きいことから、引き続き、警察職員に対する教養を徹底してもらいたい。」旨の発言があり、総務部長から説明があった。委員長から、「理解度測定は初めての試みであるが、職員に浸透させて、情報セキュリティの理解度を高めてもらいたい。」旨の発言があった。

イ 平成31年埼玉県警察年間行事予定について

警務部長から、平成31年埼玉県警察年間行事予定について報告があった。委員長から、「年間を通して多くの行事が予定されているが、公安委員会としても多くの行事に出席したいと考えている。」旨の発言があった。

ウ 悪質な客引き行為に対する取締りの強化について

生活安全部長から、客引き行為は清浄な風俗環境を阻害する要因となっているほか、県下の客引き行為に対する取締り要望等も増加傾向にあることから、平成31年1月1日から1年間、重点実施警察署を指定して取締りを強化することについて報告があった。委員長から、「集中的な取締りを行い、10月からは検挙件数も増加している。引き続き、取締り要望を踏まえた対策を講じてもらいたい。」旨の発言があった。 

エ 平成31年初詣における雑踏警備の実施について

地域部長から、平成31年1月1日から同月3日までの間、県内の神社・仏閣9箇所において警備本部を設置して雑踏警備を実施するほか、13箇所において駐留警戒に当たることについて報告があった。委員長から、「毎年、初詣の雑踏警備が行われているが、この時期は寒さも厳しく、警備に従事する職員も大変だと思う。体調管理に留意して、雑踏事故のないよう警備には万全を期してもらいたい。」旨の発言があった。

オ 業務上過失致死事件の検挙について

刑事部長から、捜査第一課と大宮警察署は、平成30年12月20日に、平成29年12月17日にさいたま市大宮区内に所在する風俗店で火災が発生した際、客がいたことを失念し、適切な避難誘導を行わなかった過失により被害者を死亡させた被疑者を、業務上過失致死で検察庁に送致した旨の報告があった。

カ 年始時期における高齢歩行者対策について

交通部長から、平成30年1月中の交通死亡事故は近隣都県を含め多発傾向にあり、同年1月の交通事故死者数の半数以上を高齢者が占めていたことから、高齢者への対策を強化するため、平成31年1月1日から同月31日までの間、祭礼等を利用しての啓発活動や反射材用品等を購入できる店舗拡大等に向けた取組を実施するなど、高齢歩行者対策「反射材着用1万人作戦」を実施することについて報告があった。委員から、「歩行者事故に特徴的な傾向はあるのか。」旨の発言があり、交通部長から説明があった。委員から、「今年を総括すると、交通事故死者数は170名を超えているが、今年1月から3月頃までの交通事故死者が多くなっている。今回はこの状況を踏まえての対策であるとのことであるが、効果が期待できる対策だと思う。引き続き、交通事故抑止のために努力してもらいたい。」旨の発言があった。委員長から、「この対策を講じることにより効果が出ることを期待している。」旨の発言があった。

キ 警衛・警護等の実施結果と予定について

警備部長から、警衛・警護等に関し、平成30年12月19日から同月25日までの間における実施結果及び同月26日から平成31年1月8日までの間における実施予定について報告があった。

ク 埼玉県議会12月定例会の状況について

総務課から、埼玉県議会12月定例会における一般質問の概要及び警察危機管理防災委員会の状況等について報告があった。 

ケ ストーカー規制法における対応状況(平成30年11月中)について

人身安全対策課から、平成30年11月中のストーカー規制法における対応状況について報告があった。

 

 

 

 

 

委員長から、「今年も定例会議において、各部の様々な取組や事件検挙の報告を受けるとともに、視察や勉強会では詳細な説明をいただき、また、若手職員や女性職員との意見交換会では、現場で働く職員の生の声を聴くことができた。総じて感じたのは、若手職員や女性職員のパワーであり、その力が埼玉県警の一端を担っていると実感するとともに、多くの諸課題に対して各部とも的確に対応していただいたのではないかと思う。来年は、元号の変わる節目の年となり、皇位継承行事が行われるとともに、ラグビーワールドカップが開催されるなど、多忙な年となることが予想されるが、『安全で安心して暮らせるまちづくり』の実現に向けて、各種活動を推進していただきたい。」旨の発言があった。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

警察本部総務部 総務課 公安委員会室

郵便番号330-8533 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎

電話:048-832-0110

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?