Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県公安委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2020年2月6日

平成30年10月3日定例会議の会議録

1.開催日

平成30年10月3日(水曜日)

2.出席者     

(1)公安委員会

  • 知久委員長
  • 野瀬委員  
  • 木村委員   
  • 松本委員
  • 利根川委員  

(2)警察本部 

  • 警察本部長 
  • 総務部長 
  • 警務部長
  • 生活安全部長
  • 地域部長
  • 刑事部長
  • 交通部長
  • 警備部長
  • 警察学校長
  • 関東管区警察局埼玉県情報通信部長 
  • 総務課長   
  • 公安委員会室長
  • 公安委員会補佐
  • 会計課長
  • 警務課長  
  • 訟務官  
  • 薬物銃器対策課長 
  • 運転管理課長      

3.議事の概要

(1)決裁事項

ア 自衛隊観閲式に伴う行政訴訟への対応について

監察官室から、自衛隊観閲式に伴う行政訴訟への対応について説明があり、決裁した。

イ 行政訴訟事件の発生及び応訴方針について

監察官室から、行政訴訟事件の発生及び応訴方針について説明があり、決裁した。

ウ 警察官の派遣に係る援助要求について

薬物銃器対策課から、警察官の派遣に係る援助要求について説明があり、決裁した。

エ 運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等と行政処分について

運転管理課から、運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果等と行政処分について説明があり、決裁した。

(2)報告事項

ア 平成30年秋の叙勲等受章者の内示及び勲章伝達式の実施について

警務部長から、平成30年秋の叙勲等受章者の内示、警察庁及び埼玉県警察が主催する勲章伝達式の概要等について報告があった。委員長から、「これまでの功績が認められ勲章等を受章されることは、大変喜ばしいことである。勲章伝達式が素晴らしい式になることを期待している。」旨の発言があった。

イ 特殊詐欺一斉警戒及び実施警察署等の指定について

生活安全部長から、特殊詐欺抑止のため、これまで県下一斉警戒日を設け、駅頭及びATM警戒を実施してきたものであるが、認知件数が増加傾向に転じていることなどから、実施警察署及び重点警察署を拡大して警戒を実施する旨の報告があった。委員から、「これまでも特殊詐欺の抑止や検挙対策を進めていることは承知しているが、結果として特殊詐欺被害は減少していない。被害が減少しない理由について検証を続けて、効果的な対策を実施してもらいたい。」、「特殊詐欺対策については、警察も強力に対策を講じていることは認識している。引き続き、しっかり取り組んでもらいたい。」旨の発言があった。

ウ 死亡ひき逃げ事件について

交通部長から、交通捜査課と上尾警察署は、平成30年10月1日に、同年9月30日に伊奈町内の路上において、普通乗用自動車を運転し、横断歩道を横断していた被害者に衝突した第一被疑者を過失運転致死で通常逮捕するとともに、普通乗用自動車を運転し、衝突により路上に転倒していた被害者をれき過し、逃走した第二被疑者を過失運転致死及び道路交通法違反(不救護、不申告)で通常逮捕した旨の報告があった。委員長から、「被疑者は飲酒運転だったのか。」旨の発言があり、交通部長から説明があった。委員長から、「引き続き、しっかりと捜査してもらいたい。」旨の発言があった。

エ 平成30年秋の全国交通安全運動の実施結果について

交通部長から、平成30年9月21日から同月30日までの間における秋の全国交通安全運動の実施結果について報告があった。委員から、「交通安全運転期間中、人身事故件数や負傷者数が減少したほか、高齢者が自転車に乗車中の死亡事故がなかったことは運動の成果だと思う。引き続き、交通事故防止対策を進めてもらいたい。」旨の発言があった。

オ 交通事故発生状況(平成30年9月末・概数)について

交通部長から、平成30年9月末における交通事故発生状況及び過去5年間の10月の特徴と対策について報告があった。委員から、「きらめき3H(トリプルエイチ)運動の成果が上がっていることが分かった。また、高齢者は、視野が狭くなり、進行してくる車両の速度が分からなくなるような特徴があると聞いたが、運転者側にも高齢者の特徴を周知してもらいたい。」旨の発言があり、交通部長から説明があった。

カ 警衛・警護等の実施結果と予定について

警備部長から、警衛・警護等に関し、平成30年9月26日から10月2日までの間における実施結果及び同年10月3日から同月11日までの間における実施予定について報告があった。

キ 台風24号に伴う埼玉県内の被害状況と警察措置について

警備部長から、台風24号に伴う埼玉県内の被害状況と警察措置について報告があった。委員長から、「災害はいつ発生するか分からないので、警察として即時対応ができるように準備してもらいたい。」旨の発言があった。 

会計監査の結果報告について

会計課から、会計監査の結果について報告があった。 

ケ 人事案件について

警務課から、人事案件について報告があった。 

 

 

 

 

委員から、「9月27日の夜、県警と埼玉弁護士会が連携して、大宮駅周辺での『ぼったくり』被害の防止を目的とした巡回活動に参加した。当日は、大宮警察署長や組織犯罪対策局長にも参加していただき、約10人の弁護士が2班に分かれて繁華街を巡回した。午後9時に集合し、午後9時30分から巡回を開始したが、警察官と合同で巡回をしていたので、繁華街はいつもより静かに感じ、巡回中は『客引き』の姿も見られなかった。大宮駅周辺の繁華街も、いわゆる『ぼったくり』の店があることを聞いており、『ぼったくり』被害防止のため、今後も活動を続けていきたいと考えている。」旨の発言があった。

委員長から、「先程、交通部から、『秋の全国交通安全運動の実施結果』や『9月末の交通事故発生状況』について報告を受けた。交通事故死者数については、いまだ全国ワースト3位という厳しい状況ではあるが、9月だけで見ると、前年と比べて減少しているなど、現在、実施している『きらめき3H(トリプルエイチ)運動』などの対策の効果がみられるところである。これから年末に向けて、事故が多発する傾向にあるが、粘り強く、交通事故防止対策を進めてもらいたい。」旨の発言があった。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

警察本部総務部 総務課 公安委員会室

郵便番号330-8533 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?