Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県公安委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2017年3月15日

平成29年2月15日定例会議の会議録

1.日時

平成29年2月15日(水曜日)

2.出席委員     

  • 木村委員長
  • 松本委員
  • 阿部委員
  • 知久委員
  • 野瀬委員

3.定例会議

1.警察本部出席者

  • 警察本部長
  • 総務部長
  • 警務部長
  • 生活安全部長
  • 地域部長
  • 刑事部長
  • 交通部長
  • 警備部長
  • 警察学校長
  • 関東管区警察局埼玉県情報通信部長
  • 総務課長、総務課公安委員会室長

2.会議の概要

(1)埼玉県議会2月定例会の会期予定について

総務部長から、平成29年2月20日から同年3月27日までの間、埼玉県議会2月定例会が開催予定であること及び警察危機管理防災委員会等の付託予定議案について報告があった。委員長から、「県議会からは、各種質問があると思う。準備をしっかり行い、質問に対しては丁寧に回答をしてもらいたい。」旨の発言があった。

(2)iCop(サイバー犯罪捜査官等)の活用状況等について

生活安全部長から、平成28年中におけるサイバー犯罪捜査官等の活用状況等は、

  • サイバー犯罪関連相談件数6,834件(前年比218件減)
  • サイバー犯罪検挙人員218人(前年比9人増)
  • サイバー犯罪捜査官等運用件数745件(前年比224件増)

であったこと等について報告があった。委員から、サイバー犯罪捜査官等の育成状況に関する質問があり、生活安全部長から説明があった。また、委員から、「サイバー犯罪は、増加するおそれがある。サイバー空間の実態把握を強化し、積極的な摘発を心掛けてもらいたい。」旨の発言があった。委員長から、「部内の教養や民間企業への研修等の取組により、優秀なサイバー犯罪捜査官を育ててもらいたい。」旨の発言があった。

(3)ストーカー事案及び配偶者暴力事案の対応状況(平成28年中)について

生活安全部長から、平成28年中におけるストーカー事案及び配偶者暴力事案の対応状況は、

  • ストーカー事案
    • 相談受理件数1,009件(前年比43件増)
    • 事件検挙件数67件(前年比9件減)
  • 配偶者暴力事案
    • 相談受理件数5,238件(前年比693件増)
    • 事件検挙件数455件(前年比60件減)

であったこと等について報告があった。委員から、「配偶者への暴力事案は、表面化しづらい犯罪であるが、適切な相談業務を推進し、厳格な対応を行ってもらいたい。」、「ストーカー事案で他の都道府県に及ぶものについては、関係都道府県警察との緊密な連携を図るようにしてもらいたい。」旨の発言があった。

(4)人身安全初動指揮本部の運用状況(平成28年中)について

刑事部長から、平成28年中における人身安全初動指揮本部の運用状況は、

  • 対応状況
    • 人身安全関連事案12,058件(前年比2,832件増)
    • 凶悪重大事件533件(前年比104件減)
  • 検挙状況
    • 人身安全関連事案749件(前年比74件減)
    • 凶悪重大事件80件(前年比15件減)

であったこと等について報告があった。委員から、行方不明事案に対する質問があり、刑事部長から説明があった。また、委員から、「初動指揮本部における一日の平均取扱い件数が多いことに驚いた。」、「三交替勤務との報告であったが、体制に無理がないかも検証してもらいたい。」旨の発言があった。委員長から、「人身安全関連事案においては、素早い対応が求められる。引き続き、的確な指揮を実施し、事案の早期検挙、解決に努めてもらいたい。」旨の発言があった。

(5)公契約関係競売入札妨害事件被疑者の検挙について

刑事部長から、捜査第二課及び久喜警察署、岩槻警察署は、平成29年2月14日、平成28年7月から平成29年1月の間、蓮田市が指名競争入札で発注した土木工事に関して、談合を行い、入札予定価格に近接した金額で落札するなど、入札の公正を害した被疑者3人を公契約関係競売入札妨害で通常逮捕した旨の報告があった。

(6)組織犯罪総合対策推進状況(平成28年中)について

刑事部長から、平成28年中における組織犯罪総合対策推進状況は、

  • 暴力団対策
    • 検挙人員241人(前年比12人減)
    • 検挙件数787件(前年比274件増)
  • 薬物銃器対策
    • 薬物犯罪検挙人員549人(前年比28人減)
    • 拳銃押収丁数10丁(前年比14丁減)
  • 外国人犯罪
    • 検挙人員628人(前年比89人減)
    • 検挙件数730件(前年比130件減)

であったこと等について報告があった。委員から、ヤード対策に関する質問があり、刑事部長から説明があった。また、委員から、「組織犯罪が多くあると感じた。今後も、ち密な捜査を推進し、一件でも多くの犯罪を検挙してもらいたい。」旨の発言があった。委員長から、「犯罪収益関係事案は、暴力団が関係することが多いと思う。引き続き、徹底した捜査により、この種犯罪の検挙に努めてもらいたい。」旨の発言があった。

(7)第1回交通事故現場鑑識技能競技会の開催について

交通部長から、若手交通事故捜査員の実務能力の向上を図るため、平成29年2月20日、埼玉県警察車両総合訓練コースにおいて、第1回交通事故現場鑑識競技会を開催すること等について報告があった。委員長から、「本競技会等を通じて、優秀な交通事故捜査員を育て上げてもらいたい。」旨の発言があった。

(8)警衛・警護等の実施結果と予定について

警備部長から、警衛・警護等に関し、平成29年2月8日から同月14日までの間における実施結果及び同月15日から同月21日までの間における実施予定について報告があった。

報告議題終了後、議題外として、警務部長から、迅速的確な分析と積極的な職務質問によって傷害事件被疑者を検挙した功労により、刑事総務課員1名及び川口警察署員2名に対して警察本部長即賞を授与したことについて報告があった。

委員長から、「本日の交通事故日報によると、本県の交通事故死者数がワースト1位であった。推進中の対策を更に強化し、抑止目標の達成に向けて頑張ってもらいたい。また、2月10日に警察署協議会代表者会議が開催され、交通事故抑止対策、犯罪抑止対策並びに特殊詐欺被害防止対策について、8警察署協議会から発表があった。いずれも、署長の諮問に対し、活発な意見交換が行われ、答申を出した結果、地域における素晴らしい取組につながっていた。改めて、警察署協議会の答申や意見が警察署の業務運営に大きく生かされているということがよく分かり、たいへん有意義な会議であった。さらに、2月11日には、埼玉県警察音楽隊第42回定期演奏会に出席したが、今回の演奏も素晴らしいものだった。引き続き、音楽隊には県民と県警察を結ぶ音の架け橋としての活動に尽力してもらいたい。」旨の発言があった。

4.報告・決裁等

1.人事案件について

警務課から、人事案件について説明があり、決裁した。

2.審査請求の裁決案について

文書課から、審査請求の裁決案1件について説明があり、決裁した。

3.犯罪被害者等給付金支給裁定について

警務課から、犯罪被害者等給付金支給裁定1件について説明があり、決裁した。

4.警察宛の苦情(平成29年1月中)について

監察官室から、平成29年1月中における警察宛の苦情等の取扱状況について報告があった。

5.放置違反金納付命令に対する審査請求について

監察官室から、放置違反金納付命令に対する審査請求2件について説明があり、決裁した。

6.一般社団法人埼玉県自転車防犯協会防犯登録実施要領の一部変更(案)の承認申請について

生活安全企画課から、一般社団法人埼玉県自転車防犯協会防犯登録実施要領の一部変更(案)の承認申請について説明があり、決裁した。

7.ストーカー規制法に基づく警告実施状況(平成29年1月中)について

子ども女性安全対策課から、平成29年1月中におけるストーカー規制法に基づく警告実施状況について報告があった。

8.放置違反金収納事務の私人委託(コンビニ収納)開始に伴う埼玉県公安委員会規則及び規程の一部改正について

交通指導課から、放置違反金収納事務の私人委託(コンビニ収納)開始に伴う埼玉県公安委員会規則及び規程の一部改正について説明があり、決裁した。

9.交通信号機新設等概要について

交通規制課から、交通信号機の新設10件及び廃止1件について説明があり、決裁した。

10.運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果と行政処分等について

運転管理課から、運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果と行政処分等37件について説明があり、決裁した。

11.保有個人情報訂正請求に対する決定について

総務課から、保有個人情報訂正請求に対する決定2件について説明があり、決裁した。

12.公安委員会宛の苦情について

総務課から、公安委員会宛の苦情の受理4件及び追加受理1件について説明があり、決裁した。

13.公安委員会宛の意見・要望等の措置について

総務課から、公安委員会宛の電子メール、書簡等による意見・要望等の措置17件について説明があり、決裁した。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

警察本部総務部 総務課 公安委員会室

郵便番号330-8533 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎

電話:048-832-0110

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?