Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

埼玉県公安委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2017年2月22日

平成29年1月25日定例会議の会議録

1.日時

平成29年1月25日(水曜日)

2.出席委員     

  • 木村委員長
  • 松本委員
  • 阿部委員
  • 野瀬委員

3.定例会議

1.警察本部出席者

  • 警察本部長
  • 総務部長
  • 警務部長
  • 生活安全部長
  • 地域部長
  • 刑事部長
  • 交通部長
  • 警備部長
  • 警察学校長
  • 関東管区警察局埼玉県情報通信部長
  • 総務課長、総務課公安委員会室長

2.会議の概要

(1)警察署協議会代表者会議の開催について

総務部長から、警察活動の現状に対する認識を共有するとともに、第一線の警察活動に対する理解と協力を深めるため、平成29年2月10日、警察本部において警察署協議会代表者会議を開催することについて報告があった。委員長から、「警察署協議会の代表者が一堂に会する意義深い会議である。活発な意見交換が行われるなど実り多い会議としてもらいたい。」旨の発言があった。

(2)被疑者取調べ監督等の実施状況(平成28年中)について

総務部長から、平成28年中における被疑者取調べ監督の実施状況、巡察実施状況及び職員に対する指導・教養状況等について報告があった。委員から、職員に対する教養方法に関する質問があり、総務部長から説明があった。また、委員から、「一所懸命に取り組んでいる取調官のためにも必要な制度だと思う。引き続き、厳格な監督を実施して、監督対象行為の防止に努めてもらいたい。」旨の発言があった。

(3)懲戒等処分状況(平成28年10月~12月)について

警務部長から、平成28年10月から12月までの間における懲戒処分状況等について報告があった。委員から、「職員全体の意識向上を図り、各種ハラスメントの未然防止に努めてもらいたい。」、「人材育成という視点に立った職員の指導についても配意してもらいたい。」旨の発言があった。委員長から、「懲戒処分が減少したが、今後も、絆プロジェクトを確実に推進して、非違事案等の未然防止に努めてもらいたい。」旨の発言があった。

(4)特殊詐欺総合対策推進状況(平成28年中)について

生活安全部長から、平成28年中における特殊詐欺総合対策推進状況は、

  • 被害認知972件(前年比209件減)
  • 被害金額21億159万円(前年比13億524万円減)
  • 検挙件数228件(前年比98件減)
  • 検挙人員156人(前年比42人減)

であったこと等について報告があった。委員から、「未然防止の効果は出ていると思う。しかし、依然として高い発生状況であることから、特殊詐欺防止の広報啓発活動を積極的に行い、社会全体の機運をさらに高めてもらいたい。」旨の発言があった。

(5)ひったくり被害防止年度末作戦の実施について

生活安全部長から、ひったくり被害の未然防止及び県民のひったくりに対する防犯意識の高揚を図るため、平成29年1月から3月にかけて、「ひったくり被害防止年度末作戦」を実施すること等について報告があった。委員から、「ひったくり被害を防止するためには良い施策だと思う。活動が実を結び、ひったくり被害が減少することを期待している。」旨の発言があった。

(6)山岳遭難発生状況及び山岳救助隊等活動状況(平成28年中)について

地域部長から、平成28年中における県内の山岳遭難発生状況及び山岳救助隊等の活動状況は、

  • 遭難発生状況
    • 件数56件(前年比6件減)
    • 遭難者数64人(前年比25人減)
  • 山岳救助隊の活動状況
    • 回数313回(前年比6回増)
    • 延べ人員1,175人(前年比30人増)

であったこと等について報告があった。委員から、「中高年の遭難者が多いので、この年代に対する注意喚起をしっかり行ってもらいたい。」旨の発言があった。

(7)アジト急襲による特殊詐欺グループの検挙について

刑事部長から、特殊詐欺総合対策本部及び川越警察署、所沢警察署、東入間警察署は、平成29年1月18日、東京都中央区所在の特殊詐欺犯行拠点を急襲し、同月17日に東松山市居住の被害者に対し、有料動画サイト閲覧料金の支払いがあると信用させ、電子マネーを購入させて、同電子マネーの利用権を騙し取った被疑者3人を詐欺で通常逮捕した旨の報告があった。委員長から、「素晴らしい捜査であり、捜査員の労苦に感謝したい。また、報告に際しても、わかりやすい映像を準備してもらい、犯人らの悪質性がよく理解できた。」旨の発言があった。

(8)カメルーン人らによる貨物自動車対象の組織的窃盗事件の検挙について

刑事部長から、国際捜査課及び川越警察署は、平成27年頃から、県西部において頻発していた貨物自動車を対象とした窃盗事件について、平成29年1月18日までに、被疑者3人を窃盗(自動車盗)で通常逮捕するとともに、被疑者1人を盗品等保管で通常逮捕した旨の報告があった。委員長から、「長期にわたる地道な捜査により犯人を検挙したことはたいへん良かった。取調べを徹底し、余罪についても追及してもらいたい。」旨の発言があった。

(9)高齢運転者事故防止研究会の設置・開催について

交通部長から、高齢運転者が運転免許の自主返納をしやすい環境を構築するため、川越市をモデル地域として高齢運転者事故防止研究会を設置することと、平成29年1月31日に第1回研究会を開催することについて報告があった。委員から、調査結果に関する質問があり、交通部長から説明があった。また、委員長から、「有用な調査結果を基にした良い施策だと思う。継続的な研究を行い、効果をあげてもらいたい。」旨の発言があった。

(10)中核派活動家による道路運送法違反事件の検挙について

警備部長から、公安第三課及び川越警察署は、平成29年1月18日、国土交通大臣の許可を受けずに、参加費により自動車を運行する旨の呼び掛けを行い参加者を募ったうえ、平成27年9月5日に、同参加者をさいたま市大宮区から福島県双葉郡楢葉町を経由し、再び同区まで運送した被疑者3人を道路運送法違反で通常逮捕した旨の報告があった。委員長から、「粘り強い捜査を推進し、事件の全容解明に努めてもらいたい。」旨の発言があった。

(11)警衛・警護等の実施結果と予定について

警備部長から、警衛・警護等に関し、平成29年1月18日から同月24日までの間における実施結果及び同月25日から同月31日までの間における実施予定について報告があった。

報告議題終了後、議題外として、警務部長から、鋭敏な捜査感覚と積極的な職務質問により重要事件被疑者を検挙した功労により、熊谷警察署員3名、川口警察署員2名及び川越警察署員2名に対して警察本部長即賞を授与したことについて報告があった。

委員長から、「寒さが厳しさを増してきて、県内でもインフルエンザの流行が始まったとのことである。街頭活動に従事している警察官をはじめ、職員には、外出後における手洗い、うがいを励行するとともに、休日には十分な休養を取るように心がけるなど、健康管理に万全を期してもらいたい。」旨の発言があった。

4.報告・決裁等

1.情報公開・個人情報保護制度の請求受理・処分状況(平成28年)について

文書課から、平成28年中における情報公開・個人情報保護制度の請求受理及び処理状況について報告があった。

2.埼玉県個人情報保護審査会からの答申受理について

文書課から、埼玉県個人情報保護審査会からの答申の受理1件について報告があった。

3.警察宛の苦情(平成28年12月中)について

監察官室から、平成28年12月中における警察宛の苦情の取扱状況について報告があった。

4.公安委員会苦情調査の処理状況(平成29年1月)について

監察官室から、平成29年1月における公安委員会宛の苦情に関する調査及び処理状況について報告があった。

5.運転免許行政処分に対する審査請求について

監察官室から、運転免許行政処分に対する審査請求2件について説明があり、決裁した。

6.放置違反金納付命令に対する審査請求について

監察官室から、放置違反金納付命令に対する審査請求1件について説明があり、決裁した。

7.埼玉県迷惑行為防止条例の一部改正について

子ども女性安全対策課から、埼玉県迷惑行為防止の一部改正について説明があり、決裁した。

8.交番、駐在所及び警備派出所の設置に関する規則の一部改正について

地域課から、交番、駐在所及び警備派出所の設置に関する規則の一部改正について説明があり、決裁した。

9.運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果と行政処分等について

運転管理課から、運転免許行政処分者に対する意見の聴取結果と行政処分等37件について説明があり、決裁した。

10.公安委員会宛の苦情について

総務課から、公安委員会宛の苦情の受理1件及び処理結果通知2件について説明があり、決裁した。

11.公安委員会宛の意見・要望等の措置について

総務課から、公安委員会宛の電子メール、書簡等による意見・要望等の措置14件について説明があり、決裁した。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

警察本部総務部 総務課 公安委員会室

郵便番号330-8533 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎6階

電話:048-832-0110

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?