• トップページ
  • 診療のご案内
  • 各部門の紹介
  • センターのご紹介
  • 採用案内

ここから本文です。

 

掲載日:2020年6月1日

看護部長あいさつ

「県民の健康を守り心の支えとなる病院をめざします。」

循環器・呼吸器病センターは、四季の移り変わりが身近に感じられる自然豊かな環境にあります。

平成6年のセンター設立当初から埼玉県北部地域の高度専門医療を担い、多くの救急、重症患者さんを受け入れてきました。私たち看護部は、患者さんの「いのちを守る」を心に、最善の医療が提供できる看護師をめざし努力してまいりました。

平成29年以降は、センターに緩和ケア病棟、腎・透析センター、脳神経センターなど新たな機能が加わりました。病院の変化を機に、看護スタッフとともに看護部の在り方を語る機会を持ちました。得られた答えは、基本に戻ること。看護の基本とは、病気や病気の段階が異なっていても、看護の力を必要とする人に寄り添い、安全・安寧な環境・生活を整えることを通して、健康に働きかけることです。その看護活動を通して「信頼される看護部をめざす」ことが、設立当初の先輩方によって大切にされてきた看護部の基本方針です。今後も患者中心の看護を実践し、患者さん家族の皆様に信頼していただけるように努力してまいります。

また、地域連携に重点をおき取り組んでいます。センターを退院される方が安心して地域での生活ができるように、医療・福祉等機関と「顔の見える」関係づくりをめざし、病院だけでなく、地域に戻られた後の生活も考え行動できる看護師でありたいと思っています。

センターを利用される皆様、療養・入院生活でお困りの事がありましたら、どうぞ看護師に声をおかけください。センターで働く看護師達は「皆様の頼りになる存在」でありたいと考えています。

県立循環器・呼吸器病センター 看護部長 髙橋 陽子

看護部長写真

お問い合わせ

病院局 循環器・呼吸器病センター  

郵便番号360-0197 埼玉県熊谷市板井1696

ファックス:048-536-9920

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?