ここから本文です。

 

掲載日:2010年3月19日

植木類の病害虫

植物の生育が悪くなったり、葉や茎に穴が開いたり、変色したりしてひどくなると枯れてしまう原因には、大きく分けて病気によるものと、害虫による被害とがあります(正確には、生理的障害と称し、水のやりすぎ、日焼け・霜焼け、肥料焼けなど、いわゆる養分の過不足や生育環境の不適による体調不良もあります)。

病気にしても、害虫による被害にしても、さまざまな症状があらわれます。それらは、少し見ただけでは原因がわからないものも多々あります。適切な防除のためには(特に薬剤散布をする場合)、原因を特定することが重要です。

ここでは、植木類によく見られる病害虫を紹介します

お問い合わせ

農林部 花と緑の振興センター 緑化企画・振興担当

郵便番号334-0059 埼玉県川口市安行1015 埼玉県花と緑の振興センター

電話:048-295-1806

ファックス:048-290-1012

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?