ここから本文です。

 

掲載日:2016年7月14日

緑のカーテンをつくろう

埼玉県では、住みやすく環境にやさしい埼玉の実現と、夏の省エネ対策のため緑のカーテンを利用した建物緑化に取り組んでいます。夏場の直射日光を遮り、地域温暖化の進行やヒートアイランド現象を抑制し夏季の節電につなげようするものです。

過去に埼玉県で調査した結果では、‘緑のカーテン’によって、窓際の最高温度が5℃低くなった事例がありました。また、‘緑のじゅうたん’で屋上を覆うことで屋上の表面温度を13℃下げる効果などが確認できました。

緑のカーテンが室温に与える影響緑化と温度の違いをサーモグラフで確認

花と緑の振興センターでは、一般県民のかたが興味を持って自ら家庭や職場で取り組めるような様々なモデル展示を行っています。新しい作物の緑のカーテンへの利用を提案することで、収穫の楽しみが味わえるような新しいカーテンや花が楽しめるカーテンを提案していきます。おいしく食べて、楽しく、涼しく、さらに地域に調和した景観づくりの緑化に取り組むことを目標に様々な緑のカーテンを紹介します。

緑のカーテンコバトン

お問い合わせ

農林部 花と緑の振興センター 緑化企画・振興担当

郵便番号334-0059 埼玉県川口市安行1015 埼玉県花と緑の振興センター

電話:048-295-1806

ファックス:048-290-1012

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?