ここから本文です。

 

掲載日:2017年10月12日

花植木専門研修

県内の花植木生産者、関係機関等を対象に、専門的な生産技術や市場情勢などの情報提供を行い、生産振興と消費拡大を図るために開催しています。

花と緑の振興センター以外が会場になる場合もあります。各案内を確認してください。

開催予定の花植木専門研修

 現在募集中の研修はございません。 

 過去の花植木専門研修

講師の役職名はいずれも研修会開催時のものです。

定例的な研修会は省略しています。

平成29年度

  • 「イベントを活用した新たな花需要の創出」(お花がかり株式会社代表取締役 竹谷仁志氏)
  • 「植物を用いた夏涼しい微気候の形成手法」(株式会社ミサワホーム総合研究所環境エネルギーセンター環境創造研究室主任研究員平山由佳里氏) 
  • 「展示会・イベント出展の成功のコツ セミナー」(公益財団法人埼玉県産業振興公社 埼玉県よろず支援拠点コーディネーター 小川良佳氏) 

平成28年度

  • 「うえきのちから」を考える(一般社団法人 日本植木協会会長 宍倉孝行氏)
  • 宮城フラワーパートナーズが 取り組む花苗流通の 現在・過去・未来(株式会社 宮城フラワーパートナーズ 代表取締役 今野高氏)
  • 商談が弾む! 商品陳列の基本(EPI CONSULTING 代表 吉田由佳氏)

平成27年度

  • 『出るだけ・出すだけ』ではモッタイナイ 商談会・PRを現場に生かすコツ(豊明花き株式会社 久保明廣氏)
  • 花き振興法について 花と緑で心豊かな生活(農林水産省生産局農産部園芸作物課花き産業・施設園芸振興室 辻聡夫氏)
  • オリンピックに向けた東京都の試験研究の取り組み 植木産業に望むこと(東京都農林総合研究センター緑化森林科 佐藤澄氏)

平成26年度

  • 花卉消費動向を踏まえた量販店が考える今後の花卉販売戦略 生産者の皆様への五つの提言(ガーデンスタイル研究所 矢野信行氏)
  • コンサルからみた植栽の動向 環境に配慮した都市緑化(樹木医、環境造園家 豊田幸夫氏)
  •  都市緑化研修会「安行四季彩マット」「穴あけ舗装面緑化」「ムサシノケヤキ」 (花と緑の振興センター)
  • 公園等の緑化樹の管理ポイント 樹木の適切な病害虫対策(樹木医 安東和彦氏)

平成25年度

  • 商談会で販売の主導権を持つために モノを売るからコトを売るへ(ホシノ・アグリ・コミュニケーション研究所 星野康人氏)
  •  植木産業の未来に向けて 新しい緑化用植物を考える(千葉県立農業大学校 柴田 忠裕氏)
  • 松枯れの予防と診断・対策(元独立行政法人 森林総合研究所 関西支所長 金子繁氏
  • 鉢物・苗物生産の基本と今後 混迷の時代こそ原点に(元埼玉県職員 半田洋一氏)

平成24年度

  • 花の遺伝子組換え育種((独)農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所 花き研究領域 上席研究員 間竜太郎氏)
  • 5本の樹から始まる住まいづくり・まちづくり(積水ハウス 設計部 東京設計室 課長 樹木医 富永斉史氏)
  • 自分でできる松枯れの診断と対策(埼玉県農林総合研究センター森林・緑化研究所 森林・緑化担当 新井利行氏)
  • 検疫リスクのない植木・盆栽類の輸出をめざして(千葉県農林総合研究センター 柴田忠裕氏、(株)横浜植木 塚田利夫氏、(有)ネマテンケン ガスパード・ジェローム氏他)

平成23年度

平成22年度

  • 植木・盆栽の輸出を改めて考える
  • 県北地域における植物輸出振興
  • 植木・盆栽類の土壌線虫とその新しい分離技術
  • その他の研修

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?