花と緑の振興センター > 見学希望の方へ > 花と緑の振興センター業務概要

ここから本文です。

 

掲載日:2014年12月23日

花と緑の振興センター業務概要

花と緑の振興センターの業務について

当センターは、植木生産地として古くから有名な川口市安行に、昭和28年に「植物見本園」として開園以来、植木・果樹などの生産出荷の指導、盆栽等の輸出振興、また緑化講座、電話相談などを通じ、県民の皆さまの緑化に対する知識の向上等に努めています。
園内には、豊富な種類のツバキ、ウメ、ツツジ等を始めとし、「コニファー園」,「花木園」,「カラーリーフ園」など、様々な樹木類を展示し、四季を通じて広く県民の皆さまに楽しんでいただいています。

花植木生産の振興(生産者のかたへ)

  • 栽培管理に関する指導
  • 都市緑化に関する指導
  • 樹種データの情報提供
  • 輸出用盆栽の病害虫防除指導
  • 生産流通に関する情報提供
  • 生産、造園などに関する研修の実施

花植木の利用拡大(県民のかたへ)

  • 電話や来所による園芸相談への対応
  • 園芸の基礎を学ぶ講座の開催
  • 園芸ボランティアを養成する研修の実施
  • 都市緑化情報の提供

緑化リーダーのかたへ

指導者養成研修のための研修の実施

植物の展示・保存

緑化材料として各種の植物(ツバキ類、ウメ、カエデ等の園芸品種やサクラソウ等)を展示するとともに、生産者への品種母樹としての保存栽培もおこなっています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?