花と緑の振興センター > 情報誌「Infomation花とみどり」を発行しました > インフォメーション花とみどり vol.63みどりの衣作戦

ここから本文です。

 

掲載日:2017年1月14日

インフォメーション花とみどりvol.63みどりの衣作戦

緑の衣作戦を実施しています

埼玉県都市部では、植物を利用して屋上や壁面を緑化することにより、環境改善や夏の気温上昇を抑える実践活動を『緑の衣作戦』と名付けて進めています。緑の衣作戦は建物を緑化し、夏場の直射日光を遮り、地域温暖化の進行やヒートアイランド現象を抑制しようとするものです。昨年度の結果では、‘緑のカーテン’によって、窓際の最高温度が5℃低くなった事例がありました。


オカワカメのカーテン

花と緑の振興センターでは、一般県民の方が興味を持って自ら家庭や職場で取り組めるように、‘おいしくたべよう緑のカーテン’をテーマに、今までにない新しい作物の緑のカーテンへの利用を実証しています。そこで、食育にもつながり収穫の楽しみも味わえるような新しいカーテンに取り組んでいます。おいしく食べて、楽しく、涼しく、さらに地域に調和した景観づくりの緑化に取り組むことを目標に様々な緑のカーテンを実証しています。

本年度は7種類の植物を用いた様々な場面での緑化にとりくみ、またその他に屋上庭園やのり面の緑化の展示を行ってきました。その中で、緑のカーテンとしてオカワカメ、シカクマメ、エアーポテトの3つの植物が来園者に大変好評でした。マスメディアにもたりあげられ、問い合わせも多数いただきました。そこで、好評だった3種類の植物については、来年度以降も県庁舎などの緑化に利用していただき、県民の方へ普及啓発になればと考えています。

オカワカメはツルムラサキ科のツル性の宿根草で、短い期間に葉が茂りますが脇芽があまり出ず厚くならないすっきりしたカーテンができます。ツルムラサキの仲間なので、ゆでるとヌメリが出て、独特の食感があり栄養価も高くおいしくいただけます。シカクマメは、節ごとにかわいい青い花がつき、ヒダのついたユニークなサヤができます。陽あたりのよい場所が向きます。エアーポテトは大きな葉のつけねに、大きなムカゴができます。ムカゴは拳2つほどの大きさになるものもあり、その姿から宇宙イモとも呼ばれます。ヤマイモの仲間ですから、少しクセはありますがムカゴをすりおろしたり、煮たりして食べるととてもおいしいです。

オカワカメのおひたし

シカクマメの収穫

エアーポテトのむかご

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?