花と緑の振興センター > 花植木に関する知識・情報 > 埼玉県の輸出盆栽と花植木産業

ここから本文です。

 

掲載日:2014年12月19日

埼玉県の花植木産業

埼玉の花植木産業

埼玉県の花植木産業は、気象災害の少ない恵まれた自然条件、首都圏に立地する有利性を活かして発展してきました。

現在、花・植木の産出額は、185億円で全国4位、そのうち植木類は21億円で全国5位、花きは164億円全国5位(平成23年)となっています。

主な植木産地は、江戸時代から伝統がある川口市安行を中心にさいたま市、深谷市、寄居町等です。また、緑化樹木の輸出量は、全国トップクラスです。

主な花き産地は、深谷市(チューリップ・ユリ・鉢物)、さいたま市(鉢物・枝物)、鴻巣市(鉢物・花壇苗)、川越市(花壇苗)、越谷市(チューリップ)となっています。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?