Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

教育委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2018年10月2日

銃砲刀剣類登録手続きの流れ

手続の流れ

銃砲・刀剣類を見つけたら

Q:自宅の屋根裏や納屋・倉庫などで、日本刀や火縄銃が見つかったときにはどうすればよいのでしょうか?

A:これらの刀や銃は銃砲刀剣類と呼ばれ、所持するには登録証が必要です。(※1)
これらの登録事務は、文化資源課が行っています。

登録の手続きはつぎのとおりです。

1.銃砲・刀剣類を発見したときは、まず、その銃砲・刀剣類に登録証が添えられているかどうかを確認します。
登録証がある場合、所有者変更の届出を行う必要があります。
登録証に書かれている都道府県教育委員会の文化財担当課へ連絡し、「所有者の変更手続き」を行ってください。
登録されていない場合は新たに登録の手続きを行います。→2へ

2.まず、最寄りの警察署へ問い合わせ、銃砲・刀剣類の発見の届出をしてください。警察署で発見状況の調査をします。

(1)警察の調査が終わると、警察署で2枚綴り刀剣類(古式銃)発見届出済証と刀剣類(古式銃)登録通知書を発行します。

(2)あわせて、警察署から教育委員会に刀剣類(古式銃)登録希望者通知書(3)が送付されます。

<手続きに必要なもの>
発見した銃砲・刀剣類の現物および印鑑

3.登録審査会の開催案内はがき(4)をお送りしますので、審査会の日に登録の申請(5)を行ってください。(※2)
国の定めた登録基準に適合するかどうかを審査し、登録可能と判断された場合に登録証(6)を発行します。
くわしくは、「登録審査会について」をご覧ください。

<登録審査会に必要なもの>

  • 発見した銃砲・刀剣類の現物
  • 2枚綴り刀剣類(古式銃)発見届済証と刀剣類(古式銃)登録通知書(警察署発行のもの)
  • 登録審査会の開催案内はがき(埼玉県教育委員会が送ったもの)
  • 登録手数料6,300円(埼玉県収入証紙)

注意

(※1)登録証がない場合は不法所持となりますので、紛失しないようにしてください。

(※2)銃砲・刀剣類の登録審査会は隔月で行っています。
事務手続きの都合上、登録審査会の案内はがきをお送りするのが警察への届出の2~3ヶ月後となることがあります。

お問い合わせ

教育局 文化資源課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 職員会館5階

ファックス:048-830-4965

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?