Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年3月23日

「考え、話し合い、学び合う学習」実践事例集

「考え、話し合い、学び合う学習」推進事業

「考え、話し合い、学び合う学習」推進事業

県教育委員会では、平成26年度から3年間、「考え、話し合い、学び合う学習」推進事業を実施しています。この事業では、児童生徒が相互に学び合う学習方法について、発達の段階、学習内容等に応じた効果的な活用方法を明らかにし、県内小・中学校へ普及をさせることにより、指導の工夫改善を一層推進していくことをねらいとしています。

「考え、話し合い、学び合う学習」の学び合いの要素

「考え、話し合い、学び合う学習」推進事業では、学び合う学習の要素として以下の3つに整理し実践している。

    1. 自己との対話を重ねること

    2. 他者と相互にかかわること

    3. 自分や集団の考えを発展させ、共に実践に参加すること

発達の段階に応じた実践事例

小学校

低学年

<見通す>段階

 <取り組む>段階

 <振り返る>段階

A:自己との対話 A:自己との対話
  • 1年【国語】 「しらせたいな、みせたいな(よくみてかこう)」

A:自己との対話 

B:他者とのかかわり

B:他者とのかかわり

B:他者とのかかわり 

C:考えの発展と実践へ

C:考えの発展と実践へ

C:考えの発展と実践へ 

中学年

<見通す>段階 <取り組む>段階

 <振り返る>段階

A:自己との対話

A:自己との対話

A:自己との対話

B:他者とのかかわり

B:他者とのかかわり

B:他者とのかかわり

C:考えの発展と実践へ 

C:考えの発展と実践へ

C:考えの発展と実践へ 

 高学年

<見通す>段階 <取り組む>段階 <振り返る>段階

A:自己との対話

A:自己との対話

A:自己との対話

B:他者とのかかわり

B:他者とのかかわり

B:他者とのかかわり

C:考えの発展と実践へ

C:考えの発展と実践へ 

C:考えの発展と実践へ

中学校

<見通す>段階 <取り組む>段階 <振り返る>段階
A:自己との対話 A:自己との対話

A:自己との対話

  • 2年【国語】「関わりの中で:モアイは語る―地球の未来」

B:他者とのかかわり

  • 1年【国語】「小学生に○○中学校を紹介しよう~学校案内リーフレット~」
  • 3年【美術】「自分らしさを石に込めて~世界に一つのはんこを作ろう~」
B:他者とのかかわり B:他者とのかかわり

C:考えの発展と実践へ

C:考えの発展と実践へ 

C:考えの発展と実践へ

※学習過程 (見通すー取り組むー振り返る)は、各教科の特性に応じて単元全体や1時間ごとでとらえることとする。

※実践事例の中に、「知識構成型ジグソー法」を用いたものや「知識構成型ジグソー法」の手法を一部取り入れた実践が掲載されています。「知識構成型ジグソー法」は、東京大学CoREFの提唱するアクティブ・ラーニング型授業の一手法です。詳しくは以下のページをご覧ください。http://coref.u-tokyo.ac.jp/archives/5515

思考ツールの活用について

学び合う学習では考えの進め方や学び合い方などについて、イメージ化・可視化することが効果的であり、本事業では考え、まとめる工夫として思考ツールを積極的に活用している。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育局 義務教育指導課   学力向上推進・学力調査担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎4階

電話:048-830ー6777

ファックス:048-830-4962

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?