Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

教育委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月13日

国際理解教育に関する資料

国際理解教育の推進について

埼玉県教育局市町村支援部義務教育指導課長

社会や経済のグローバル化が急速に進む中、日本人が外国に出かけたり、国内において多くの人々を外国から受け入れたりして、異なる文化に接する機会が増大してきております。国際化は個人のレベルにまで浸透してきており、国際社会に生きているという広い視野をもつとともに、相互理解・交流を図り、「多文化共生の理念」を育んでいくことは重要な課題の一つとなってきております。

平成18年に公布された教育基本法では、「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと。」として、「国際理解教育」に関する事項が明示されました。

一方で、若者の「内向き志向」も課題となっています。本県では、埼玉県から世界を目指すグローバルな人材を育成していくために、様々な取組を行っており、高校生や大学生の海外留学等への支援も行っています。

本事例集は、小・中学校における国際理解教育や外国語教育などの事例を収集したものです。海外派遣の取組や創意工夫のある外国語教育の実践、外国籍の児童生徒や保護者との交流、大学の留学生との交流など、各学校や市町村が、地域の特色等を生かしながら工夫した取組を行っている事例を紹介しています。

これからの学校教育においては、国際社会の中で日本人としての自覚をもち、主体的に生きていく上で必要な資質や能力を育成するための国際理解教育の必要性はますます高まってくることと思われます。これら県内の取組事例をぜひ参考にしていただき、さらに特色ある国際理解教育が推進され、埼玉から世界へはばたく子どもたちが育成されることを期待しております。

コバトン

平成24年5月発行

埼玉県国際理解教育実践事例集 「世界へはばたけ! ハローワールド!」

ダウンロードページへ コバトン

国際理解教育実践事例

ここには、県内の市町村教育委員会や小・中学校の国際理解教育の取組が掲載されています。

自校の国際理解教育等の参考にしていただきたいと思います。

なお、今後も様々な国際理解教育や外国語教育の取組を募集しますので、よろしくお願いいたします。

平成24年度実践例のページへ (←ここをクリック)

コバトン

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育局 義務教育指導課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎4階

ファックス:048-830-4962

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?