Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 教育委員会トップ > 学校教育 > 高等学校教育 > 報告 > 学校自己評価システム取組状況調査報告書29

ここから本文です。

 

掲載日:2018年6月15日

学校自己評価システム取組状況調査報告書

県立学校の第三者評価(学校自己評価システム取組状況調査)結果(平成30年1月23日)

 

1 埼玉県の第三者評価の取組について

 ■ 文部科学省の学校評価ガイドラインに示される第三者評価

 文部科学省の「学校評価ガイドライン(平成28年改訂)(以下「ガイドライン」という。)」によれば、第三者評価は、学校とその設置者が実施者となり、学校運営に関する外部の専門家を中心とした評価者により、自己評価や学校関係者評価の実施状況も踏まえつつ、教育活動その他の学校運営の状況について、専門的視点から評価を行うものである、と規定されております。

 

 ■ 埼玉県の「学校の第三者評価システム」について

 埼玉県では、ガイドラインの趣旨を踏まえ、平成19年度から第三者評価を実施しています。本県の第三者評価は、学校が設定する目指す学校像、重点目標及びその実現に向けた取組について第三者評価を行うことにより、「学校自己評価システム」を補完するものとして実施しております。そのことにより、学校が自律的改善を進めてその教育力を高め、地域に信頼される魅力ある学校づくりの推進を図ること、これが本県の第三者評価の目的であります。

 第三者評価は3年のサイクルで実施していますが、全県立学校を3グループ(A~C)に分け、外部の有識者1名を含む評価者チームがグループごとに訪問調査(本調査)を行い、年度末までに調査報告書を教育委員会に提出します。本調査は3年に1度の実施となりますが、平成29年度本調査対象校においては、3年の評価サイクルの1年目、2年目には書面調査を行い、本調査につながる予備的な調査を実施しました。

  また、平成27年度から県内の県立学校を1グループ3~5校からなる「学校間ネットワーク会議」として編成し、学校自己評価システムの取組の工夫等について学び合う取組をスタートしました。第三者評価の3年サイクルの中で、学校間の学び合いを行い、本調査までに実施する各グループでの学校間ピアレビュー(学校間の学び合い報告)で共有することにより、県立学校全体の教育力向上を図っていく取組です。

 平成29年度の第三者評価は、学校間の学び合いに係る資料(学校間ピアレビューでの各学校からの報告)も参考資料として取り扱い、本調査を実施しました。

 

2 平成29年度第三者評価結果について(委員長コメント)

 ■ 県立学校評価委員会委員長 筑波大学教授 窪田眞二

 かつて、学校評価や第三者評価の施策化にあたり、諸外国に見られるような、教育当局が教育水準を保証するための監査・評価機関を設置することが議論されたことがあります。イギリスでは1992年に教育水準局「OfSTED(Office for Standards in Education)」が設置され、視学官による全学校の訪問監査が行われていますが、こうした評価機関や評価の仕組みを国レベルで構築するには莫大なコストがかかることもあり、わが国ではその導入は見送られました。
 埼玉県の第三者評価は、外部有識者を含む評価者チームが学校を訪問し、学校自己評価、関係者評価の取組状況を調査する、すなわち、校内の組織運営・マネジメント面にフォーカスした評価を行う仕組みを有するものであります。教育活動を直接評価しないことから、外部評価員は組織運営やマネジメントの経験者とすれば良く、バックヤードとしての事務局のコストも低く抑えられています。低廉なコストで学校改善の勘所に迫る極めて有効な仕組みであるとの見方もできるのではないでしょうか。それでいて、文部科学省の学校評価ガイドラインの趣旨にも十分忠実な取組となっているものです。

 さて、平成29年度の本調査ですが、平成29年9月5日から11月30日まで対象校58校の調査を行いました。各学校の学校自己評価システムの取組は、導入当初と比較して、目標管理による学校経営、PDCAサイクルの確立、校長のリーダーシップと組織マネジメントによる運営など、一定の成果も上がってきております。

 それぞれの訪問校では、学校の目標に沿った取組が行われているかなど、学校評価の取組を評価する観点で、授業など教育活動の視察も行っております。児童生徒の教室での様子や教職員の指導場面にもそれぞれの学校の良さや強みは表れてくるものです。教育の新たな潮流への対応、新しい教授法を模索しようとしている学校の努力についても垣間見ることができました。

 私たち県立学校評価委員は、別掲の「第三者評価の評価規準」に則って学校の取組を評価していますが、今回の評価結果が、学校にとっての新たな気づきとなって、それぞれの課題の解決や学校改善につながり、ひいては教育力の向上につながっていくことを願ってやみません。

 

平成30年1月

  
3  県立学校評価委員(平成29年度から1年間委嘱)

 

評価委員氏名

役職・経歴

1 浅野良一 兵庫教育大学大学院・教授
2 五十嵐正晴 元公立高等学校長
3 沖清豪 早稲田大学文学学術院・教授
4 北風良雄 元ボッシュ株式会社・執行役員人事部門長
5 窪田眞二(委員長) 筑波大学人間系・教授
6 小林千枝子 国立女性教育会館・学習相談員
7 笹川俊雄 埼玉県障害者雇用サポートセンター・精神障害者雇用アドバイザー
8 髙橋丘 元公立高等学校長
9 高濱正伸 株式会社こうゆう・花まる学習会代表
10 藤井佐知子(副委員長) 宇都宮大学・総括理事・副学長
11 藤田義治 埼京運輸株式会社・代表取締役社長
12 益子幸雄 元株式会社タムロン・常勤監査役
13 町田美喜雄 株式会社ビーエムエル・システム信頼性保証部参与
14 宮﨑英憲 東洋大学・参与・名誉教授
15 吉澤優 元公立高等学校長

五十音順、敬称略


4  第三者評価の評価規準について
第三者評価の評価規準(平成25年度から適用)

5  平成29年度学校自己評価システム取組状況調査報告書

※下のリンクでは、平成29年度学校自己評価システムにおける優れた取組・工夫を紹介しています。

   紹介している県立学校 

   ○高等学校 5校: 狭山工業高等学校、熊谷高等学校、羽生実業高等学校、浦和高等学校、北本高等学校

      第三者評価「優れた取組」とされた学校の取組について(PDF:234KB)

 

※下のリンクでは、平成29年度の本調査対象となった県立学校の「学校自己評価システムの取組の工夫」等

について紹介しています。学校間ピアレビューの報告書を基に作成しており、学校間ピアレビュー実施時の内容となっています。

       ○県立高等学校(PDF:259KB)

       ○県立特別支援学校(PDF:124KB)

 

県立高等学校

県立特別支援学校の報告書はこちら

 

※学校名をクリックすると、各学校の「学校自己評価システム取組況調査報告書(PDFファイル)」が御覧になれます。

※各学校のホームページにそれぞれの学校自己評価システムシートが掲載されていますので併せて御覧ください。

 

学校名

各学校のホームページへのリンク

いずみ高等学校(PDF:102KB)

http://www.izumi-h.spec.ed.jp/

 

伊奈学園総合高等学校(PDF:103KB)

http://www.inagakuen.spec.ed.jp/

 

伊奈学園中学校(PDF:97KB)

http://www.inagakuen.spec.ed.jp/

 

岩槻商業高等学校(PDF:103KB)

http://www.iwatsuki-ch.spec.ed.jp/

 

浦和高等学校(PDF:107KB)

http://www.urawa-h.spec.ed.jp/

 

浦和北高等学校(PDF:102KB)

http://www.urawakita-h.spec.ed.jp/

 

浦和工業高等学校(PDF:102KB)

http://www.urawa-th.spec.ed.jp/

 

浦和第一女子高等学校(PDF:100KB)

http://www.urawaichijo-h.spec.ed.jp/

 

大宮武蔵野高等学校(PDF:102KB)

http://www.om-h.spec.ed.jp/

か 

春日部高等学校(PDF:110KB)

http://www.kasukabe-h.spec.ed.jp/

 

川口高等学校(PDF:103KB)

http://www.kawaguchi-h.spec.ed.jp/

 

川口工業高等学校(PDF:97KB)

http://www.kawaguchi-th.spec.ed.jp/

 

川口青陵高等学校(PDF:100KB)

http://www.kawaguchiseiryo-h.spec.ed.jp/

 

川口東高等学校(PDF:99KB)

http://www.kawaguchihigashi-h.spec.ed.jp/

 

川越女子高等学校(PDF:103KB)

http://www.kawagoejoshi-h.spec.ed.jp/

 

川越総合高等学校(PDF:101KB)

http://www.kawagoesogo-h.spec.ed.jp/

 

川越南高等学校(PDF:99KB)

http://www.kawagoeminami-h.spec.ed.jp/

 

北本高等学校(PDF:106KB)

http://www.kitamoto-h.spec.ed.jp/

 

熊谷高等学校(PDF:107KB)

http://www.kumagaya-h.spec.ed.jp/

 

熊谷工業高等学校(PDF:103KB)

http://www.kumagaya-th.spec.ed.jp/

 

熊谷女子高等学校(PDF:107KB)

http://www.kumajo-h.spec.ed.jp/

 

熊谷西高等学校(PDF:106KB)

http://www.kumanishi-h.spec.ed.jp/

 

熊谷農業高等学校(PDF:105KB)

http://www.kumanou-ah.spec.ed.jp/

 

児玉高等学校(PDF:105KB)

http://www.kodama-h.spec.ed.jp/

さ 

狭山工業高等学校(PDF:108KB)

http://www.sayama-th.spec.ed.jp/

 

狭山緑陽高等学校(PDF:107KB)

http://www.sr-h.spec.ed.jp/

 

誠和福祉高等学校(PDF:105KB)

http://www.fukushi-h.spec.ed.jp/

 

草加高等学校(PDF:104KB)

http://www.soka-h.spec.ed.jp/

 

草加東高等学校(PDF:103KB)

http://www.sokahigashi-h.spec.ed.jp/

 

草加南高等学校(PDF:104KB)

http://www.sonanko-h.spec.ed.jp/

た 

秩父高等学校(PDF:110KB)

http://www.chichibu-h.spec.ed.jp/

 

常盤高等学校(PDF:103KB)

http://www.tokiwa-h.spec.ed.jp/

 

所沢商業高等学校(PDF:103KB)

http://www.tokorozawa-ch.spec.ed.jp/

滑川総合高等学校(PDF:102KB)

http://www.nameso-h.spec.ed.jp/

 

南稜高等学校(PDF:97KB)

http://www.nanryo-h.spec.ed.jp/

 

新座高等学校(PDF:108KB)

http://www.niiza-h.spec.ed.jp/

は 

蓮田松韻高等学校(PDF:102KB) 

http://www.hasudashouin-h.spec.ed.jp/

 

鳩ヶ谷高等学校(PDF:105KB) 

http://www.hatogaya-h.spec.ed.jp/

 

羽生実業高等学校(PDF:113KB) 

http://www.hajitsu-h.spec.ed.jp/

 

羽生第一高等学校(PDF:104KB) 

http://www.hanyu1-h.spec.ed.jp/

 

深谷第一高等学校(PDF:98KB) 

http://www.fukaya1-h.spec.ed.jp/

 

富士見高等学校(PDF:108KB) 

http://www.fujimi-h.spec.ed.jp/

 

ふじみ野高等学校(PDF:112KB)

http://www.fujimino-h.spec.ed.jp/

 

不動岡高等学校(PDF:105KB)

http://www.fudooka-h.spec.ed.jp/

ま 

松山高等学校(PDF:102KB)

http://www.matsuyama-h.spec.ed.jp/

八潮高等学校(PDF:108KB)

http://www.yashio-h.spec.ed.jp/

  八潮南高等学校(PDF:101KB)

http://www.yashiominami-h.spec.ed.jp/

和光高等学校(PDF:99KB)

http://www.wako-h.spec.ed.jp/

  鷲宮高等学校(PDF:101KB)

http://www.washimiya-h.spec.ed.jp/

 

 

  県立特別支援学校

※学校名をクリックすると、各学校の「学校自己評価システム取組況調査報告書(PDFファイル)」が御覧になれます。

※各学校のホームページに、学校自己評価システムシートが掲載されていますので併せて御覧ください。

 

学校名

各学校のホームページへのリンク

春日部特別支援学校(PDF:102KB)

http://www.kasukabe-sh.spec.ed.jp/

 

川口特別支援学校(PDF:102KB)

http://www.kawaguchi-sh.spec.ed.jp/

 

川島ひばりが丘特別支援学校(PDF:106KB)

http://www.hibari-sh.spec.ed.jp/

 

越谷西特別支援学校(PDF:105KB)

http://www.koshigayanishi-sh.spec.ed.jp/

さ 

狭山特別支援学校(PDF:100KB)

http://www.sayama-sh.spec.ed.jp/

特別支援学校塙保己一学園(PDF:113KB)

http://www.mo-sb.spec.ed.jp/

は 

東松山特別支援学校(PDF:98KB)

http://www.higashimatsuyama-sh.spec.ed.jp/

 

日高特別支援学校(PDF:104KB)

http://www.hidaka-sh.spec.ed.jp/

三郷特別支援学校(PDF:104KB)

http://www.misato-sh.spec.ed.jp/

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育局 県立学校人事課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎4階

電話:048-830-6727

ファックス:048-830-4958

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?