Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2020年3月1日

Q&A(給与・勤務条件・研修)

給与の額や休暇、育児休業取得者の体験談などはこのページをご覧ください。

給与の額や諸手当はどうなっていますか?

 令和2年4月採用の人の初任給の標準例は、下表のとおりです。ただし、一定の経歴がある場合は、経歴に応じた額が加算されることがあります。このほか、該当する人には、扶養手当、住居手当、通勤手当など諸手当が支給されます。また、期末・勤勉手当(ボーナス)が年2回(6月、12月)支給されます。

初任給の標準例

区分

地域手当を含む初任給

上級(大学卒の場合)

約207,500円

初級(高校卒の場合)

約170,300円

免許資格職

約182,400円~約239,900円

※給料月額に地域手当を加えた初任給は、概ね上記のとおりです。
※一定の経歴がある場合は、経歴に応じた額が加算されることがあります。
※上記は、それぞれの職種に応じた代表的な職務に従事した場合のものであり、職務の内容によって金額が変更になる場合があります。
※上記は、令和2年4月1日におけるものであり、採用時までに給与改定があった場合は、それによります。

ページの先頭へ戻る

勤務時間・休暇制度はどうなっていますか?

 勤務時間は原則として午前8時30分から午後5時15分までです。また、週休2日制で土・日は休みです。ただし、勤務時間や休日が変則的な職場もあります。
年次休暇は1年に20日(4月1日採用の場合は15日)で、残日数のうち20日を限度として翌年へ繰り越すことができます。また必要に応じて1時間単位での取得も可能です。そのほか、特別休暇(夏季、結婚など)、介護休暇などの制度があります。

ページの先頭へ戻る

子育て支援制度にはどのようなものがありますか?

 下表のように職員の子育てを支援する制度(主なものを掲載)が充実しています。男女問わず、多くの職員がこれらの制度を積極的に利用しています。

子育て支援制度(例)

制度

給与

男性

女性

内容・利用期間

出産休暇

有給

 

産前6週間・産後8週間

出産補助休暇

有給

 

妻の出産時に入院の付添い等をする場合

(入院等の日から産後2週間で3日の範囲)

男性職員の育児参加のための休暇

有給

 

妻の出産時に、産まれてくる子又は小学校就学前の子を養育(授乳、上の子の保育所等への送迎等)する場合

(産前6週間・産後8週間で5日の範囲)

育児休暇

有給

1歳6か月未満の子の保育所への送迎等を行う場合

(1日90分の範囲)

子育て休暇

有給

義務教育終了前の子を養育する職員が、子の看護や学校行事等に出席する場合

(対象の子が1人の場合は年7日、2人以上の場合は年10日の範囲)

育児休業

無給

3歳未満の子を養育する場合
※子が1歳に達するまでは地方公務員共済組合等から育児休業手当金が支給されます。

部分休業

減額

小学校就学前の子を託児して勤務する場合等

(1日2時間の範囲)

育児短時間勤務制度

減額

小学校就学前の子を養育する職員が勤務時間を短縮(週19時間25分~24時間35分)する制度

フレックスタイム制  

中学校就学前の子を養育する場合等に、勤務時間を変更することが出来る制度

子育て支援制度を活用した職員の声

企画財政部 改革推進課 官民連携・行政改革担当 堤 実智代(主査)(取材当時)

現在は、改革推進課というところで、組織開発や官民連携の推進業務に携わっています。これまでは、県税事務所や本庁の市町村課、共助社会づくり課などの経験があります。

そんな中で私は、産休育休を2度取得しています。休暇取得の際は、上司同僚ともに好意的で、様々な制度を教えてくれたり、体調不良による突発の休暇にも対応していただきました。自分でも福利厚生の制度について勉強するようにしていました。

復帰後に育児と仕事が両立可能か不安に感じていましたが、1度目は復帰前の研修に参加することで良いシュミレーションができたり、仕事量を調整してもらうことができました。2度目は、休業中に昇進が決まり大変さはありましたが、周りからのサポートが多くあり、乗り越えることができました。充実した休暇制度をうまく活用しながら、福利厚生面で無理せず働けるのは、埼玉県の魅力のひとつかなと思います。

人事委員会事務局 任用審査課 審査相談担当 桜田 詩織(主事)(取材当時)

 

出産休暇と育児休業を取得して、約11か月間、育児に専念しました。
これほど長く職場を離れることがなかったので、復帰に対する不安がありましたが、リモートアクセスシステム(自宅のパソコン等から県庁LANに接続し、県庁内の情報がいつでも見られるもの)を利用して情報収集できたため、スムーズに職場復帰できました。
子どもの保育園の送り迎えは、主人と分担しています。私は迎えの担当のため、朝は通常どおり8時30分に出勤し、勤務時間の最後に育児休暇を毎日90分取得して、午後3時45分まで勤務しています。復帰して間もない頃は、息子も慣れない保育園生活で、頻繁に体調を崩してしまいました。そのため、急に仕事を休まざるを得ないことが多くありましたが、職場のご理解とご協力があり、乗り切ることができました。子育て支援制度、職場の理解・協力いずれにおいても、埼玉県は子育て世代が働きやすい環境だと日々実感しています。

 ページの先頭へ戻る

研修制度はどうなっていますか?

新規採用職員研修をはじめ、職位に応じた能力を身に付けるための階層別基本研修、職員一人一人のキャリア形成に必要な知識を身に付けるための階層別選択研修、民間企業や国内大学院などへの派遣研修、海外の団体や大学院へ派遣する海外派遣研修(いずれも一定の条件あり)などを実施しています。

また、下記のとおり新規採用職員指導員制度(ブラザー・シスター制度)を実施しています。

※新規採用職員指導員制度(ブラザー・シスター制度)とは

新規採用職員が早期に県職員としての自覚を持つとともに実践的な職務遂行能力を習得できるよう、新規採用職員一人一人に指導員がついて、能力開発を支援するための制度です。おおむね1年間、同じ担当内で年齢が近い先輩職員が指導員となります。

ブラザー・シスター制度を経験した職員の声

総務部 県営競技事務所 折笠 汰門(主事)

  

Q1 折笠主事のブラザーはどんな職員ですか?
梶山主事は、非常に明るく優しい一方で、時には厳しく真剣に指導して下さる先輩職員です。周囲の職員と笑顔でコミュニケーションをとりながら熱意を持ち業務に取り組む姿が印象的です。また、どんなに小さな相談にも真摯に向き合って下さるため、大変頼りになる先輩職員です。

Q2 ブラザーからどのようなことを学びましたか?
社会人の基本となる考え方や入庁1年目の職員としての在り方を教えていただきました。担当業務についても、理由や根拠を交えながらひとつずつ丁寧に説明して下さり、今後の業務を進めるための基礎となる考え方を身につけることができました。

Q3 ブラザー・シスター制度を経験した感想を教えてください
新規採用職員1人につき1人の先輩職員がつくため、入庁後間もない頃から安心して業務に携わることができました。また、日々のきめ細やかなフォローは精神的な支えともなります。ブラザー・シスター制度は非常に手厚く充実している指導員制度だと感じました。 

 

産業労働部 ウーマノミクス課 山田 莉奈(主事)

Q1 山田主事のシスターはどんな職員ですか。
砂川主事は、明るくて親しみやすく、仕事にもとても一生懸命な方です。業務で分からないことを相談をしたときも、自分のことのように受けとめてくれ、解決に向けて一緒に考えてくれる面倒見の良い先輩です。

 

Q2 シスターからどのようなことを学びましたか。
仕事に対して向上心を持ち続けることです。日々の業務をこなすだけではなく、プラスアルファで「もっとこうしていきたい」という意見を持ち、世の中の動きに対してもアンテナを張っている姿がかっこいいです。また、信念を持って自分の意見を述べることができる素敵な先輩です。

Q3 ブラザー・シスター制度を経験した感想を教えてください。
入庁後、右も左もわからないときにマンツーマンで教えていただける先輩がいると、非常に心強いです。
また、シスターを通じて職場以外の人間関係や視野が広がります。私の場合、長期休暇には一緒にエジプトを旅行するなど、プライベートでも仲良くさせていただいています。

 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

人事委員会事務局 任用審査課 採用試験担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 県庁第二庁舎3階

ファックス:048-830-4930