Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 教育委員会トップ > 広報・広聴 > 広報 > 教育さいたマガジン > 「教育さいたマガジン」の概要

教育委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2017年12月4日

「教育さいたマガジン」の概要

埼玉県教育委員会では、メールマガジン「教育さいたマガジン」を毎月3回(21日に教育情報号、28日に家庭教育情報号、第4金曜日にイベント情報号)を発行しています。
県教委からのメッセージや親の学習、各種イベント情報、高校入試情報など、教育に関する最新情報をお届けします。
また、毎月抽選で、読者プレゼントが当たります。

教育委員会メルマガ「教育さいたマガジン」 読者募集

埼玉県教育委員会では、県民の皆さまに埼玉県の教育についてもっと知っていただくために、毎月メールマガジンを配信しています。役立つ情報やイベント情報盛りだくさん、毎月読者プレゼントも実施していますので、是非、読者登録をお願いします!

読者登録・解除

メールマガジンの内容

教育情報号(毎月21日発行)

  • 巻頭言(コラム) 教育長、教育委員、学校長など教育関係者から、保護者、県民の皆さまに向けたメッセージをお届します。
  • 県教委からのメッセージ 埼玉県教育委員会が取り組んでいる事業などをご紹介します。
  • はつらつ・れんたつ教職員の取組 優秀な教職員として表彰された先生たちの取組を、インタビューを交えてご紹介します。あなたが知っている先生も登場するかも?
  • 埼玉の先生になろう(教員採用情報) 教員志望者必見!埼玉県公立学校教員採用試験の日程や志願状況などの情報をお知らせします。
  • 高校入試情報 高校入試の日程や志願状況などの情報をお知らせします。各教科のアドバイスもあります!

家庭教育情報号(毎月28日発行)

  • 親の学習 家庭教育のヒントになる情報や、役に立つワンポイントアドバイスをご紹介します。
  • 人とのふれあい・「絆」-ちょっといい話 県内の児童生徒から寄せられた、心温まる「ちょっといい話」をご紹介します。
  • 家庭学習のポイント 小学生や中学生の家庭学習に役立つアドバイスをご紹介します。
  • 今月の本 埼玉県立図書館の司書おすすめの児童書をご紹介します。

イベント情報号(第4金曜日発行)

  • お知らせ 県教育委員会からのお知らせをお届けします。
  • イベント・参加者募集 県立博物館や美術館、県立学校などで開催されるイベントや参加者募集のお知らせをします。

今後の配信予定のお知らせ

教育さいたマガジン第168-1号(教育情報号)は12月21日(木曜日)に、第168-2号(イベント情報号)は12月22日(金曜日)に、第168-3号(家庭教育情報号)は12月28日(木曜日)に配信予定です。

読者登録は、配信日の前日までにお願いします。

配信予定の内容の一部(第168号)

  • 巻頭言・・・ 県立さきたま史跡の博物館・県立嵐山史跡の博物館 関 義則 館長
  • 県教委からのメッセージ・・・学校・家庭・地域連携の更なる推進に向けて~「学校応援団」の取組~(家庭地域連携課)
  • はつらつ・れんたつ教職員の取組・・・深谷はばたき特別支援学校 野口 玲行 教諭

読者アンケートに御回答いただいた方から、抽選で次のプレゼントをお送りします。

  • 川越工業高校の「オリジナルデザインシルクスクリーンのエコバック」8名様
  • 歴史と民俗の博物館の「特別展招待券」5組10名様  

※教育さいたマガジンに記載されたアドレスから、平成30年1月3日(水曜日)までに御応募ください。

プレゼント内容

川越工業高校の「オリジナルデザインシルクスクリーンのエコバック」8名様

エコバック製作1 エコバック製作2 エコバック製作3

川越工業高校 デザイン科では主に、グラフィックデザインとテキスタイルデザインを学ぶことができます。

そのうちの一つ、テキスタイルデザインとは繊維、いわゆる布に関係するデザインです。身の回りの服や敷物などを思い浮かべると分かりやすいと思います。具体的には、縫製、捺染、織りなどを学習しています。

今回、提供したシルクスクリーン捺染はその内の一つで、生徒が図案を考え、版を作り、捺染したものです。

これを機会に本校デザイン科に興味を持ってもらえれば幸いです。

 

歴史と民俗の博物館「特別展招待券」5組10名様

歴史と民俗の博物館特別展

明治元年(1868)、京都を発し東京城(江戸城)に入城した明治天皇は、大宮氷川神社を武蔵国の鎮守、勅祭の社と定め行幸しました。
150年前に行われた明治天皇の氷川神社への行幸とはどのようなものだったのでしょうか。
本展では、明治天皇の東幸や氷川神社行幸にかかわる歴史資料・美術品から、氷川神社行幸を振り返ります。

 

読者の方からの感想(一部)

  • 子供が受験を控え、高校のいろいろな情報を仕入れています。初めての受験なので、親のほうがとても気になっています。これからも新しい情報を配信してください。(40代男性)
  • はつらつ先生を読むのが楽しみです。頑張って教育をされている先生たちがたくさんいるので、子供たちの学力も向上することでしょう。(60代女性)
  • 小学生の息子が学校からチラシをもらってきて、メールマガジンに登録させていただきました。今後とも子育ての参考にさせていただきたいと思います。(30代女性)
  • 私は現在、教員を目指しています。教育さいたマガジンは心温まるエピソードが多く、私もこんな学校現場で働きたいと思います。埼玉の学校教育をさらに良くしていきたいです。(20代女性)
  • 前に美術館や博物館のイベントに行ったらとても楽しかったので、そういう情報がたくさん書いてあったらうれしいです。(10代男性)
  • 県立学校から手作りのプレゼントが届き、家族で「どんな子たちが作ったのかなぁ?」と話もはずみました。ありがとうございました。(40代男性)

読者登録の手続き

メールアドレスをお持ちの方なら、どなたでもご利用いただけます。登録料・購読料は必要ありません。

 読者登録・解除

過去の「教育さいたマガジン」

 「教育さいたマガジン」バックナンバー

関連する情報

お問い合わせ

教育局 総務課 報道・広聴広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎4階

電話:048-830-6714

ファックス:048-830-4950

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?