Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 教育委員会トップ > 広報・広聴 > 広報 > 教育コラム集 > 教育さいたマガジン第151号「巻頭言」(生涯学習文化財課 芋川 修 課長)

教育委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月13日

教育さいたマガジン第151号「巻頭言」(生涯学習文化財課 芋川 修 課長)

「だれもが・いつでも・どこでも学べる」生涯学習のススメ!

 生涯学習文化財課長 芋川 修 

皆さんは、今、「生涯学習」をしていますか。

「生涯学習」というと、大人の余暇の過ごし方というイメージが強いかもしれません。

しかし、子供から大人までの全ての人が、いつでも、どこでも、学び続けることができるのが生涯学習なのです。疑問に思ったことを調べたり、技能の向上のために取り組んだりすることはもちろん、趣味の世界を広げたり深めたりすることも全て生涯学習なのです。さらに、個人の学習にとどまらず、学習した成果を「生かす」ことも生涯学習の重要な部分です。

このように、家庭・学校・職場・地域社会で行われる全ての学習を生涯学習としてとらえることができ、生涯学習は、私たち一人一人の生きていく姿そのものに深くかかわっているといえます。

そこで、埼玉県では、10年先を見据えた生涯学習社会「学び合い、共に支える社会」の実現を目指し、平成25年3月に「埼玉県生涯学習推進指針」を策定し、新たな学びの機会づくりや学び合いを支える人づくり、学んだ成果を生かす仕組みづくりなどを推進しております。

特に、学習成果を生かすことのできる『「学び」の循環』を目指して今後も、県民の皆さんが主体となる生涯学習を支援していきます。

「だれもが・いつでも・どこでも学べる」生涯学習。皆さんも豊かな人生を生涯学習とともに送りませんか。

関連する情報

お問い合わせ

教育局 総務課 報道・広聴広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎4階

ファックス:048-830-4950

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?