Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 教育委員会トップ > 広報・広聴 > 広報 > 教育コラム集 > 教育さいたマガジン第150号「巻頭言」(子供のネット問題連絡協議会 渡邉 亮 会長)

教育委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月13日

教育さいたマガジン第150号「巻頭言」(子供のネット問題連絡協議会 渡邉 亮 会長)

子供たちと携帯電話・スマートフォン

 子供のネット問題連絡協議会会長 渡邉 亮 

日本に初めて携帯電話が登場したのは1985年と言われ、重量が約3kgもあり肩から下げて持ち運ぶタイプのものでした。

それから30年以上経ち、多くの機能を有するスマートフォンも普及するなど、今や携帯電話・スマートフォンは生活必需品の一つと言っても過言ではない状況となりました。

これは大人の世界に限ったことではなく、子供たちの世界にも言えることです。

そして、携帯電話やスマートフォンの普及により生活が便利になった反面、新たな問題も出てきています。

特に子供たちを取り巻く携帯電話やスマートフォンを含むネット環境において、ネットいじめ等のネットトラブルが大きな問題となっており、子供たちがその被害者・加害者になってしまう危険性が高まってきています。

埼玉県教育委員会では、平成25年に「子供のネット問題連絡協議会」を立ち上げ、ネット関連業者や保護者、学校代表者が一同に介して、このような問題に対して協議を続けているところです。

本年度も5月24日に協議会が開かれ、活発な意見交換が行われました。

連絡協議会の委員からは、「子供たちが携帯電話やスマートフォンを利用する際のルールについて、大人だけでルールを作る場合もあるが、子供たちが自ら考え、ルールを作らなければ実効性がないのではないか」、「子供たちが作ったルールも、作ったままではなく、定期的に見直し、確認していくことが大切なのではないか」、「学校と家庭が連携したり、親子で考えたりすることが大切なのではないか」等、多数の意見をいただきました。

これらの意見を踏まえ、ネットに潜む危険から子供たちを守り、子供たち自らが課題を主体的に解決することができる力を育成するために、県教育委員会でも必要な対応策について検討を深め、学校や市町村教育委員会に情報提供してまいります。

 

お問い合わせ

教育局 総務課 報道・広聴広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎4階

ファックス:048-830-4950

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?