Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 教育委員会トップ > 広報・広聴 > 広報 > ほっとニュース > 教育ほっとニュース > 近代美術館、塗師祥一郎氏の追悼展示(教育ほっとニュース)

教育委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2018年2月14日

近代美術館、塗師祥一郎氏の追悼展示(教育ほっとニュース) ※終了しました。

先月21日、日本芸術院会員で埼玉県美術家協会会長である洋画家の塗師 祥一郎(ぬし しょういちろう)氏が84歳でご逝去されました。

塗師氏は、県が主催する埼玉県美術展覧会の運営委員長でもあり、本県の美術創作活動の振興に大きく貢献されました。

雪景色の名手として知られた塗師氏を偲ぶ機会として、近代美術館において追悼展示を行います。心温まる作品をぜひご覧いただければと思います。

追悼展示1 追悼展示2

「追悼 塗師祥一郎」 

  • 会期:2016年10月4日(火曜日)から10月16日 (日曜日)まで
  • 会場:1階ギャラリー
  • 観覧料:無料
  • 出品作品数:同館収蔵品17点 (《雪の大宮公園》、《山村》、「未来に遺したい埼玉の風景」連作から15点を展示)

追悼展示3 追悼展示4

※日本芸術院会員とは

日本芸術院は、芸術上の功績顕著な芸術家を優遇するための国の栄誉機関(文化庁の特別の機関)で、院長1名と会員120名(定員)以内で構成されています。

会員は、芸術上の功績顕著な芸術家について、会員からなる部会の推薦と総会の承認によって選ばれ、文部科学大臣により任命されます。

お問い合わせ

教育局 総務課 報道・広聴広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎4階

ファックス:048-830-4950

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?