Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 教育委員会トップ > 広報・広聴 > 広報 > ほっとニュース > 県立学校ほっとニュース > 平成28年度 > 常盤高校とさいたま桜高等学園で合同避難訓練を実施(県立学校ほっとニュース)

教育委員会

ここから本文です。

 

掲載日:2017年2月1日

常盤高校とさいたま桜高等学園で合同避難訓練を実施(県立学校ほっとニュース)

常盤高校と特別支援学校さいたま桜高等学園で合同の避難訓練を実施しました。

実際に地震が起こった際には、隣接する2校同時に避難する可能性が高いです。両校で合同訓練を行うことは、着実な避難と避難後の協力体制の構築につながります。

今回の訓練は、大地震を想定して「集団の中で落ち着いて行動する態度」を生徒たちに身につけてもらうものです。

当日は、本校看護科1年生から3年生までの全6クラス240名が参加しました。(さいたま桜高等学園の生徒数も約240名です)

体育館において講評

 

非常階段を使用して避難

常盤高校は、看護科と看護専攻科を有する5年一貫の看護師養成専門高校です。

平成26年度から文部科学省のSPH(スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール)に指定されており、その一環として「常盤高校生に役立つ防災マニュアルを提案します!」という学習を通して、看護と防災に対する意識を高めてきました。

資料「聴覚障害の女性と一緒に避難する方法を提案します」

 

資料「1ヵ月前に右足のスネを骨折した車椅子の女性と一緒に避難する方法を提案します」

 

参加した生徒さんから

秋元 梨奈(あきもと りな)さん(3年生)

2校合同で避難訓練を行うことでいつ起こるかわからない災害に備えて、真剣に取り組むことができました。

多くの被害者を出さないようにするために、日頃から避難経路を確認するなど、災害に備えたいです。

山口 真由(やまぐち まゆ)さん(3年生)

訓練だとつい緊張感をなくしてしまうことがあると感じていました。

今日の避難訓練で常に緊張感を持って行動できることの大切さを学びました。

担当の先生から

生徒は私語もなく真剣に避難することができていました。

実際に2校同時の避難を体感でき、今後2校の協力体制を構築するうえで参考になりました。

関連する情報

 

お問い合わせ

教育局 総務課 報道・広聴広報担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第2庁舎4階

ファックス:048-830-4950

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?